1. ホーム
  2. 旭川のがんばる社長ブログ
  3. 2010年9月のアーカイブ

2010年9月のアーカイブ

東海大学旭川キャンパスの閉鎖について考える

2010年9月 8日 08:21

9月になってようやく秋っぽい風。さすがに夜、窓アケッパは明け方にブルッとする季節になりました。地球温暖化は、マスコミが騒いでいるような事実はない!なんていう懐疑論もあるようですが、今年の夏を思うと間違いなく温暖化しているように思ってしまうのでボクだけじゃないよね??
特にまいっちゃうのはネチッとした湿度と突然降りだす雨。北海道の夏はサラッとした爽快さが売りだったように思うのだけど、いつのまにこんな熱帯チックな夏になってしまったんだろう??

さて、そんな爽やかな秋にふさわしい?公開シンポジウムのご案内を一件。来週13日月曜日に中小企業家同友会の中央西地区会では、題して「私たちはこのまま見過ごしていいのか〜東海大学旭川キャンパスの閉鎖について考える」という一般公開シンポジウムを開催します。パネラーにはカンディハウスの長原会長、荒井建設の荒井社長、コピーライターで東海大学芸術工学部の非常勤講師でもある文屋の西川佳乃さんを迎え、そして、ワタクシがコーディネーターを務めさせていただきまして、これまで東海大学が旭川を中心とするこの地域にどんな影響を与えてきたのかを検証し、改めて大学と地域の関係を考えるきっかけづくりとなるシンポジウムにしたいなと考えています。

アイリンクにとっても、創業以来、この会社を支え、発展の礎となってくれている彼も、そして今年アイリンクデビューを果たし、毎日毎日あしかのチラシやポスターを書き続けている彼女も東海大学の出身なわけで、彼や彼女との出会いがなければ今の形では会社はなかっただろうし、きっとうちだけじゃなく、他にもそんな会社いっぱいあるはずだと思うわけです。

丸井さんが閉店するよーーって時と比べて、東海大学のことはあまり大きく報道されていないのは、きっと一般的な直接的関わりを持つ人が少ないからなんだろうなと思うけど、実は市民生活を支える中小企業の多くが、東海大出身者によって支えられてきたのだとするなら、やっぱり、この問題はもっともっとみんなで考えなくちゃいけないはず。

だからといって、東海大学にお願いですから残ってくださいって短絡かつ無理な結論をだして、自己満足で終わるのではなく、もっともっと議論して、みんなで考えて、本当にこのまちに必要なことを、自分たちの手で解決できる方法を考えなくちゃと思うのです。

ボクらの暮らしを根底で支えているのは、他の誰でもないボクらの主体的な意志。どんな未来を志向し、そのために未来への財産たる若者たちに旭川という場所で暮らす、生きるという選択肢を持ってもらうための機会だけはなくしてしまわないようにしたい。

9月13日 一般公開シンポジウム

私たちはこのまま見過ごしていいのか 「東海大学旭川キャンパスの閉鎖について考える」

と き;9月13日(月)18:30〜
ところ;勤労者福祉会館 (旭川市6条4丁目) 2F 大会議室
参加費;500円

パネラー
  長原  實 氏 (株)カンディハウス 代表取締役会長 
  荒井 保明 氏  荒井建設(株)代表取締役社長
  西川 佳乃 氏  文屋 代表 東海大学芸術工学部非常勤講師
コーディネーター
  北口 浩之 氏 (株)アイリンク  代表取締役

ご参加の申込は一般社団法人中小企業家同友会旭川支部まで。

 TEL 0166-38-6663
Mail n-kosuge〔at〕hokkaido.doyu.jp
〔at〕を@に変えて送信してください。



人気ブログランキングへクリックしてね!

スタッフとの絆

2010年9月 3日 20:32

写真は今年のお花見の時のもので少々古いのですが…

今月からの一人のスタッフが休職します。春先からどうも調子が悪くて病院にかかったらある難病と診断されたのです。この病気は発見から相当の時間が経過しているものの、まだはっきりとした原因は分かっておらず、これまでは投薬治療を継続しながら様子を見つつ、仕事をしてもらってきたのですが、この度、思い切って外科的な治療に専念することになったので会社も休職することとしたのです。

彼にとってはとても不安なことだと思うし、この先の彼の人生そのものを左右してしまうような大きな出来事です。同じ職場で働く仲間として、そして、ボクは彼の人生の責任の一旦を背負うものとして、いったい何ができるのでしょう。友人として同僚として、上司として彼を励まし勇気付けることはもちろんだけど、今ボクに課せられた最大の使命は彼が戻ってくるべき場所を絶対に守る!ただこれだけだろうなって思います。

今、会社は春からスタートした「旭川を知る・語るポータルサイト あしか.JP」のサービスを軌道にのせるための大変な時期。決してらくちんな状況ではありません。正直申し上げて、彼の休職による戦力ダウンは否めず、これからに不安がないわけではありません。ただ、私たちの大切な仲間である彼がゆっくり安心して治療に専念できるように、早く会社に復帰してまたバリバリ活躍してもらえるよう、ボクたちは彼の帰るその日まで「あしか」をぜひ一人前に育て上げ、彼の帰るべく場所を守りぬく必要があるのです。

実際、いろいろな大変な状況のなか、スタッフの皆さんにはご迷惑をかけてしまってもいます。申し訳ない気持ちでいっぱいです。けど、ボクは彼を励ます仲間たちと彼が帰るべきこの会社を絶対に守り、育て、大いなる安心を授かる組織にします!するんです!絶対のたい!!

みんなで頑張るから安心して休んでくださいね。そして、健康を取り戻して一日も早く帰ってきてね!!



人気ブログランキングへクリックしてね!
  • 1

アイリンクへのお問い合わせ

お問い合わせメールフォームはこちら

2016年12月移転 北海道旭川市神楽1条7丁目4−8 お問合わせはメール・SNSアカウントで mail
  • twitter
  • facebook
  • google
  • noimage
  • noimage
  • noimage