1. ホーム
  2. のらマネージャーのブログ
  3. お堅い本

お堅い本

大衆教育社会のゆくえ―学歴主義と平等神話の戦後史

2014年2月24日 15:19

学歴を「実力」と対立させてみるこうした見方が成立するためには、教育がそもそも実力と関係するはずだという期待が、社会に共有されていなければならない。(P.124)

続きを読む

(再読)歴史は「べき乗則」で動く――種の絶滅から戦争までを読み解く複雑系科学

2013年7月25日 12:51

科学のもつ哲学という荷物は、検査なしにすでに積みこまれているのだ。(P.171、デネット)

続きを読む

贈与論 (ちくま学芸文庫)

2013年1月27日 07:49

人を労働に向かわせる一番の方法は、自分たちのためと同時に他人のために誠実に果たした労働によって生涯、公正に賃金が支払われると確信させることだと人々は気づいている。自分たちは生産した以上のもの、もしくは労働時間以上のものを交換している。そして、時間であったり命であったり自分自身の何らかを与えていると生産者=交換者は改めて感じている。(P.281)

続きを読む

災害弱者と情報弱者: 3・11後、何が見過ごされたのか

2012年7月27日 15:41

市民もまた、ニュースに対する権利と責任を持つ。(P.177、「ジャーナリズムの原則」第十原則)

続きを読む

人文学の現在

2012年6月24日 18:06

医療活動を通して日常的に市民の皆さんと接している生命科学系分野や、発明・発見の成果を社会に還元していく自然科学系分野などと比べると、私たち人文・社会科学系分野の社会貢献活動はあるべき姿を描くことは容易ではありません。(P.204、あとがき)

続きを読む

アイリンクへのお問い合わせ

お問い合わせメールフォームはこちら

2016年12月移転 北海道旭川市神楽1条7丁目4−8 お問合わせはメール・SNSアカウントで mail
  • twitter
  • facebook
  • google
  • noimage
  • noimage
  • noimage