1. ホーム
  2. のらマネージャーのブログ
  3. テクニカルな本

テクニカルな本

茶の化学成分と機能

2014年7月10日 16:18

お仕事の都合で通読。なんというか、有機化学の研究室いく気なく、行ってしまったけど、今思うと、それをこなしていたからこそこういう文献を読みこなせるんだなぁと思うと、何が人生役立つのか分かりませんね。マジメに目の前の事態に誠実に向き合いましょう。若人の諸君。


財務諸表論の基礎知識

2014年6月28日 13:48

一応、無資格の人間ではあるけど、高校のときに商業科併設の高校だったので、なんとなく簿記会計は勉強していて、大学の時には理系研究室の人間だったくせに文系の就職をしようとしたので、中小企業診断士の勉強もしていたりする。
なので、基礎知識がないわけではないと思うんだけど、やはり起業して10年も超えてからこういうのを読むと改めて学びはあるもんです。
本書はちょっと古いのでお勧めしませんけど、会社を初めて10年ぐらいたったら一冊ぐらいこういう本は通読しておくことをお勧めします。


「幸せ」の経済学

2014年6月24日 07:51

ハピネスを売るのが商売の基本と思っているので、この手のタイトルの本はほぼ必ず手にとってしまいます。
本書は、面白いといえば面白い本でした。ただ、アクションプランに落とし込もうと思うとHarvard Business Review (ハーバード・ビジネス・レビュー) 2012年 05月号の「幸福の戦略」の特集の論文集のほうが使いではいいかなと思う。ただ、系統だって頭の中で問題点を整理するには必読な気も。類書が少ないのでしょうがないといえばしょうがないのですけど。


危うし!小学校英語

2014年6月14日 15:42

自分が受けた学校英語教育に対する恨みと、理由なき英語コンプレックスが、大いなる夢と断固たる決意になって、子どもへ向かいます。(P.107)

続きを読む

日本農業への正しい絶望法

2014年6月10日 13:11

「過去の悲惨な歴史に学ぶ」という言葉の意味を日本人は取り違えてはいないか?ともするとこの言葉を、「戦争してはいけない」という意味に限定しがちだ。しかし、本当に学ぶべきことは、マスコミや「識者」がしばしば大衆に迎合して虚構を描き、危険な幻想が社会に歯止めなく拡張しうるということではないか。(P.146)

続きを読む

アイリンクへのお問い合わせ

お問い合わせメールフォームはこちら

2016年12月移転 北海道旭川市神楽1条7丁目4−8 お問合わせはメール・SNSアカウントで mail
  • twitter
  • facebook
  • google
  • noimage
  • noimage
  • noimage