1. ホーム
  2. のらマネージャーのブログ
  3. 昔のことの本

昔のことの本

時流の先へ トヨタの系譜

2015年6月17日 10:00

この本に出てくるような方の関係者の方からお貸しいただいた一冊。
某仕事で、トヨタの本体のエリートの皆さんとトヨタ生産方式で戦って倉庫を一つ作った経験があるので、非常に実感がわきます。そうそう、と思う部分と、へーそーなんだってのが混在。産業界で働いている人は読んで損はない気はする。
でも、まぁ、会社としては好き好きだよなぁ。大きくなり過ぎてるからこのようなマインドが全社に正しくいきわたってない気もするし。取引もしていない私が四の五の心配する話じゃないんでしょうけどねぇ。


実験国家満洲帝国のすべて

2015年6月 9日 11:03

たまにこういう本も読んでいいかなぁ。満州ってあんまり正しいイメージを持っている人がいないと思うし。謎の先進地域だったんだよね。世界最先端の宝庫の都市。なんで、なんな辺境に見える場所にたくさんの日本人が移住したかって考えると、よっぽど当時の目線で夢ある地域だったんじゃないかなぁ。
本書は読了後は転売でよいと思われ。


うつけの采配

2015年2月11日 10:11

「若輩が未熟なのは当然ではあるまいか。また、若輩にうるさく申すのは、年嵩の者のつとめでもある。若い衆からどれほど煙たがられようともな」(上P.92)

続きを読む

明治天皇という人

2015年2月 2日 09:24

古代と中世の血統主義的神官のような支配者から、一気に立憲君主へと豹変した明治という時代の天皇陛下。
本人の大変さもさることながら、周辺もその変化についていけないので、結構見えないハレーションが国内でたくさんあって、それでもそれを社会の急成長で覆い隠していたんだなぁ。良し悪し論はさておき、考えてみたら明治ってのは実にすごい時代だったんだなってのはよくわかる。その中にいる天皇という支配者はどうだったのかを考えるのにはいい一冊かと思います。


香りと健康の歴史

2015年2月 1日 15:53

自著の紹介ってのは、いつになっても変な感じですが、技術リサーチの結果を読みやすく読み物にしましょうってことで書いたものです。とくに、中国における服するとか佩びるってのは、その会社の製品群において有効な概念で真っ先に調査にかかって結構にな日時がかかっていたりします。他方で、情報がふんだんにあったヨーロッパの話なんかは割と裏とり以外は大変じゃなかったような気も。製品の方がご興味のある方は、この本の下に並べておきますんで、気が向いたらお試しくださいませ。

続きを読む

アイリンクへのお問い合わせ

お問い合わせメールフォームはこちら

2016年12月移転 北海道旭川市神楽1条7丁目4−8 お問合わせはメール・SNSアカウントで mail
  • twitter
  • facebook
  • google
  • noimage
  • noimage
  • noimage