1. ホーム
  2. のらマネージャーのブログ
  3. のらの書棚

のらの書棚

昭和時代 戦前・戦中期

2015年8月15日 09:36

「大戦以来いわゆるお調子づいて鼓腹撃壌に陥りはしなかったか。今回の大震災は、到底人為的なものでなく、何か神業のようにも考えてならない」(P.31、渋沢栄一)

続きを読む

後藤新平 日本の羅針盤となった男

2015年8月11日 12:16

「力を持って政治の基礎とするときは、たとえ一時の成功は致しましても、必ず天下大乱の俑(悪例)を作るのであります。これに反して政治の根源を倫理観念におきますれば、その効果現れよう遅きようでありますが、永遠にわたって国民生活の安定となり、国家隆盛の素因となるのであります」(P.470)

続きを読む

夕張再生市長 課題先進地で見た「人口減少ニッポン」を生き抜くヒント

2015年8月 9日 17:06

友人の読書会の課題図書だったんで買ったんだけど、結局出席できなかったんですよね。でも、読んでみました。僕としては「フーン、なるほどー」という程度の感慨はあって、夕張在住の友人のところにってこの本の評価を聞いたら微妙。まぁ、書としていいというのと、書いた本人がいいというのは別問題でしょうしね。あと、本人は違う風に書いていても、意図せざる編集が入ることもあります。読むだけ読んでみてはどうでしょうか。という評価の一冊です。


ブラック企業 日本を食いつぶす妖怪

2015年8月 5日 17:02

うーん。書いてあることは分かるし、そういうひどい扱いを受けることは問題なのだと思うんだけど、解決方法が非常に皮相的なのが気になる。個人的には単純に正社員というのをこの世からなくして、徹底したベーシックインカムなんかを基礎にしたガッチリしたセーフティネットを築くほうが全く持って建設的だと思うんだけど。せっかく現状を知っていて書籍として世に出すんだし、こんなチマチマ恨み晴らします的な提言ばっかりじゃぁ、ちょっとがっかりではある。


人と企業はどこで間違えるのか?---成功と失敗の本質を探る「10の物語」

2015年8月 2日 20:00

価値のあるお話が10本書いてあることは分かるんだけど、ここまで今の自分のピンとこない一冊も珍しいかも。再読してまた感想を書いた方がいいかな。ほんとうに、全部「ふーん」って感じで読み飛ばせてしまえてしまったんだよな。
なんなんだろう。


アイリンクへのお問い合わせ

お問い合わせメールフォームはこちら

2016年12月移転 北海道旭川市神楽1条7丁目4−8 お問合わせはメール・SNSアカウントで mail
  • twitter
  • facebook
  • google
  • noimage
  • noimage
  • noimage