1. ホーム
  2. のらマネージャーのブログ
  3. のらの書棚

のらの書棚

下山事件完全版―最後の証言

2016年3月15日 07:11

読書会を一緒にやっている人に勧められて読みました。
満州と国鉄に関心があって、そこそこ関連図書を読んでいたので、すんなり読み解けました。
読み解けたのと、納得いくかは別の問題ですので、それは読んでみて、読んだ本人が判断すべきでしょうね。
それにしても、JR北海道の件といい日本の鉄路の闇は深いね。


ソーシャル物理学:「良いアイデアはいかに広がるか」の新しい科学

2016年2月23日 13:48

ビッグデータと社会という論点になると、パンデミックかマーケティングの素材が主流になるわけですが、本書はソーシャルキャピタルの測定への可能性を開いた好著。
その社会的集団の中でアイディアがいかに流れて広まるのが、その集団でのメリットになるのかをよく示している。これも一緒に読み込んでくれる友人募集中です。


ゲッベルスとナチ宣伝戦

2016年2月17日 13:43

えーと、とある仕事のミッションで「君の仕事はゲッペルスだ」といわれて働いていたのですが、ゲッペルスってどんな人ってのはそんなに調べたことがなかったので、これを機会に買ってみました。まぁ、扇動屋ですな。ごめんなさい。ゲッペルスのようなすごい人にはなれません。
ある種の天才なんだろうなと思います。時代が不幸だったんだろうなぁとも思います。現代ではこういう人はたぶん出てきません。それはそれでいいのだと思います。


旅するカバん (夕星文庫)

2016年1月24日 09:54

グッドデザイン賞をとった郵便絵本のコンテンツを電子書籍化。
内容は割とほんわかした絵本です。でも、お棚が読んでも十分感じるものがある一冊です。
郵便絵本を頼む前の内容チェックとかにもいいんじゃないんでしょうか。
あと、続巻を早く希望。


学校って何だろう―教育の社会学入門

2016年1月11日 19:41

そういう恵まれた立場にあると考えたときに、日本の中学生が学ぶべきことは、もっとたくさんあるのではないでしょうか。自分に何ができるのか。学校という世界をどのように利用して、自分にできることを増やしていくのか。それは、自分の目でしっかりと世界を見て、自分の頭で考えはじめたときにわかってくるはずです。(P.221)

続きを読む

アイリンクへのお問い合わせ

お問い合わせメールフォームはこちら

2016年12月移転 北海道旭川市神楽1条7丁目4−8 お問合わせはメール・SNSアカウントで mail
  • twitter
  • facebook
  • google
  • noimage
  • noimage
  • noimage