1. ホーム
  2. のらマネージャーのブログ
  3. 若かりし頃とか

若かりし頃とか

社会システム対峙する知恵と勇気を持って(中高生の子供たちに)

2012年9月29日 15:40

中学生にもなると、人間いろいろ思い悩むもんなんだなと、自分の子供を見ながら思うわけで、じゃぁ、自分はどうだったのかなと。

うちの子を見ていて思うのは、多様な人間関係ができてその関係性の中で、どの関係とどの関係にどんなバランスを取るのかとか、そういうことをきっと悩んでいるんだろうと外目に見て思う。きっと、親も基本的に好きで、友達も、先生も、部活動も、勉強も、そんなに心底嫌いだったり憎んでいるわけじゃないんだろうなとは感じる。
積み木崩しのドラマで、不良になった少女が親に熱々のアイロンを母親に投げつけようとして、母親が「やりたければやればいい」と言った時に「自分の親を殺せるかよ」と捨て台詞吐いて出てくシーンがあったけど、あそこまでエスカレートしていないけど、何か分からない悩みと闘ってるんだろうなと。

んだけど、そもそも、自分は中学校の初めのころって、そんなこと悩んでなかったよなぁ。ノー天気に、爆竹の火薬をマブチモーターに友達と詰めて爆発させたり、ゲームで遊んだり、プラモ作ったり。多分、その後いじめとかにもあったけど、その辺からモノを考えるようになったんだと思う。(この辺の頃のことは、BLOGにさらっとは書いた)
なんで、いじめられるのかなとか、そもそも、なんで彼等は僕をいじめるのかなとか。表向きの原因はあるけど、それがあるにしたって、そんないじめの量とその原因は釣りあわない程、いじめってのはひどいわけです。いじめる相手を殺したからって単純に解決なのかなとか、じゃぁ、どうやったら本当に解決なのかなとか。

勉強の出来る子と出来ない子の区分が、できる子にとってもできない子にとってもある種のプレッシャーなんだろうなと、中学校3年で思い至ったんだよね。自分の中で、いじめの元凶の一つなんだなとは思った。自分という個人がそれに立ち向かう方法なんて思い浮かばなかったけど、弁論大会で、「義務教育ではない高等教育を義務のようにとらえて、学問の志向もないのに受験することはいけないことだって」主張したんだよね。だからと言って、何かすぐに変わったわけじゃない。でも、自分だけはそうやって高校を選んで行こうと思ったんだな。

でも、運って奴は結構意地悪で、高校は不合格。まるで自分の主張をあざ笑うかのように、全く自分の学問的志向と無縁の田舎の高校に二次募集で行くことに。
その時には、個人からいじめられる以上に地域社会からいじめられた。その高校を通っているという理由だけで、さんざんな目に合った。コソコソ陰口もたたかれた。本当に、こういうプレッシャーって社会一丸となったいじめなんだなと思った。今でもそう思う。その延長線上にあったのが、中学校の時にあったいじめの原因なんだなと思った。
この時、受験の序列とか、いい学校とかそういう社会が作る集団幻想が、本当に自分が対峙すべき問題なんだと自覚した。
それからは、学校内のテストの成績表は先生の眼の前で破る(序列を決めるための成績なんて無意味でしょ)という儀式を繰り返したり、大学受験を目指した(バカな高校からだっていい大学行けるんなら、いい高校なんて無意味でしょ)り、と社会と戦ってみた。結果、残念ながらそんなにその点では社会は変わっていなくて、40歳になっていまだに戦っていて、今一つその問題を解決して、いい社会を中学生の子供たちにあげるという義務を果たせてはいない。

とはいえ、そうやって戦った挙句に今の自分がある。多分、いま中学生になったみんなが抱えているモヤモヤって、大事なモヤモヤなんだと思う。そのモヤモヤの正体を真剣に追い求めて欲しいんだよね。多分それは、社会システムの問題から起因する何かであって、親や先生やマスコミが短絡的に教えてくれる問題でも、ましてや解決手法を教えてくれる問題でもない。
そのモヤモヤの原因を作り、動かし、維持しているのが僕ら大人なんだ。子供たちに学びが必要で、その学びのための時間がなぜ必要なのかと言えば、そうして社会の問題を探索し、発見し、直していくからなんだと思う。

中学生や高校生が感じる「私の悩みは親や先生は分からない」というのは本当のことだ。だからこそ、自分で考え探求することが大切なんだ。そしてそれにはきっと短絡的で簡単な解決は無い。まずは、僕自身は、学校の勉強は絶対社会に出て役に立つと信じているけど、それを身につける学校という社会システムはどうなんだ、というところからの疑問からでも始めて欲しい。
先生や親のせいにするんじゃなくて、先生や親がこういうアクションを取るようにできている社会システムに目を向けて欲しい。

そして、社会人になった時の自分の生きるテーマとして、しっかり社会システムの問題と対峙できる人間になってもらいたい。
「上手くやっていけないな」という、中学生や高校生の時の感覚は、とっても大事だ。でも、そこから自分一人を守るために逃げるんじゃなくて、しっかりその原因を生みだす社会システムをしっかり見つめて、戦う大人になって社会人になってもらいたいな。

と、自分の子供を含む、思春期の悩みを抱える子供たちに伝えたいところです。

ぷらっとどっか行くのは、大概にしないといけないね。

2012年8月18日 14:20

夏休みになると、自分の子どもの頃は意外とどこでも出かけてたなぁと思う。親が国鉄で転勤族だったから、それなりに各地に友達がいて、移動するにも列車に乗ること自体はそんなに困らなかったように思う。それでも、親の金で移動するわけで、親同士の事前調整がかなりがっちり行われていたんだろうなと思う。
いつのころか、自転車で、旭川から深川まで普通に往復するようになった。深川に友人がいたからというのもあったけど、今思い出すと、それを始めるときに、親にはずいぶん申し訳ないことをしたなと反省する。ちょうど小学校6年生から中学校一年生ぐらい。まぁ、うちの上の子どもくらいの年齢の時。
旭川深川間はカムイコタンというところを抜けて、つながっているサイクリングロードが完備されていて結構快適に実は走れる。とはいえ、子どものときは道中カツアゲにであったり、あまり治安のいい感じではなかったけど。また、カムイコタンは旧駅の場所で、公園にもなっているのでわりと遠足がてらよることもできる感じの所です。

夏休みのある日、思い切って、このサイクリングロードを抜けようと思い立って、親に、晩御飯までに帰るように遊びに行く旨を伝えたら、昼飯どうするのさって話になって、とっさにカムイコタン(売店もあるので)辺りで遊んで帰ってくると伝えてみた。そしたら何を思ったのか、両親ともに休みだったらしく、「弁当作って追って行くから、カムイコタンで待っておれ」って言われてしまった。
でも、結局、ちゃりかっとばして、カムイコタンを抜けて、深川市まで行ってしまったわけです。でも、サイクリングロードの終点から駅が分からなかったら帰る予定だったけど、わかってしまったので、結局、友人宅までチャリを漕いで友人宅にたどり着いた次第。
イマイチ覚えていないんだけど、結局、着く時間が遅かったので、チャリで戻るには難しいと判断されて、そのまま友人宅に泊まったように記憶しています。

でも、親はがっかりして、心配して大変だったんだろうなと、この歳になって思います。本当に反省しています。忙しい父親が休みとれて、息子とアウトドアのまがい事ができると、弁当を作ってカムイコタンに来てみたら、子供の姿が全くなくて、待てど暮らせど現れなくて、携帯もない時代だからどこかに連絡を取るためには公衆電話から電話をかけるか、自宅に帰るしかないわけです。どんなに心配をさせ、どんなに落胆をさせたのかと思うと、親に対しては今となってはなんの申し開きの言葉も有りません。
帰ってみたら、友人の親から連絡が来て、本人の無事を確認できて人安心だったのかもしれません。でも、親の心子知らずというのは本当のことで、多分その時は、ちょっとした冒険をやり遂げて、さらに久々に会えた旧友と遊ぶことに嬉々としていたのだと思います。
上の娘がこれぐらいの歳の時の話ですから、同じことされても、文句は言えねぇなぁと思います。
このあと、旭川深川往復は日帰りでできるように、早朝出発を工夫をしたりして、結構な頻度で行い、自分の行動半径を実に大きくしました。

でも、帰ってから一言も怒られなかったのは、少し不思議です。ただ、この友人宅までの移動は、計画的か否かを問われて、計画的ではないという風に伝えただけのように記憶しています。計画的っちゃ計画的だけど、衝動的っちゃ衝動的。このころの子どもだった自分の気持も良く理解して、自分の子どもの子育てをしていこうと、ふと思い出した今年のお盆でした。

内容ないエントリだな。

20年前の日常

2012年7月24日 11:07

今朝、弊社社長が朝礼で「今の日常と自分にとっての20歳の日常はずいぶん変わっている」という話があって、では、自分にとって20年前の「20年後も日常だよなぁ」と思っていたことって、どんなんだったんだろうなと。

結構、20年前って、ちょうど酒を本格的にかっ喰らいだしたころで、あと、ちょうど大学3年で、希望の学科に移行できて益々勉強しようとか、金ないけど進学したいなとか思っていたころ。
多分、ずっと大学に来て、ずっと学問をやる日常だと思っていたんだろうなぁ。でも、その日常イメージが次の年には崩れて、マスコミ就職して、その辺から日常なんてちゃんとした生活のありようなんて、見えなかったなぁ。

マスコミやめてから、少し働いて大学院行って、そのあと就職して。その辺の日常は、酔いつぶれることだったなぁ。なんかひたすら飲むの。あとは、狂ったように働くの。よく生きてたよと自分で思う。すさんだ日常という言葉がぴったり。このころだって今みたいな状態なんてなんも想像できなかった。

日常が変わったのは結婚してから。ではなく、子供ができてからかな。結婚してすぐは、東京で普通に働いてたし、名古屋に移ってすぐは嫁はそのまま入院してたので、相変わらず酔いつぶれるのが日常だった。名古屋に戻って、嫁と子供が一緒に病院から帰ってきてからだな。完全に変わったの。
まっとうな、家事とか子守とか、それの段取りを頭で考えてやるのが日常。その合間で、仕事。これが日常。今でも、まだそういう日常。お客が増えて、出先が増えてというのはあるけど、でも、子供とどう過ごすかを考えるのがやっぱり日常。で、たまに、仲良しな人々と飲んで酔いつぶれる。こういう日常。それなりに、子育ての考えがあわなくて、夫婦喧嘩をたまに交える。で、仲直りに頭を悩ませる。これも日常。

こんな幸せな日常、多分ないよな。あんな荒んだ人生がどうしてこうなったのかはいまだに持って謎。妻子とお客様各位と仲間たちに感謝。日常って変えようと思って変えれる部分と、僕のように外的要因で劇的に変わるものでもある。でも、せっかくなら日常は幸せなほうがいい。
どんな人生にも幸せを感じる感受性だけは持っていたいな。

Visorにキーボード。ネットさえつながれば...

2012年1月22日 10:51

Visorとキーボードお片づけで出てきたものシリーズは一応これでひと段落かな。片づけは完了していませんけど。さすがに5年も物置にするとそう簡単には片付きません。

さて、この様を見てあれっと思った方は、最近の私を見ている人でしょう。そうです。私の四つ折りキーボード利用の原点です。PI3000で、ある意味タッチパネルは懲りたのですが、小さい情報端末はとにかく欲しくてPalmの端末を狙っていたのです。で、赤外線通信を経由して一部携帯電話からネットもできるということなので、こりゃいいと思っていました。が、タッチパネルはなぁと思っていたら、周辺機器で四つ折りできるキーボードがあるよということで速攻でセットで購入しました。
あとは、通信ができる携帯に乗り換えようと思っていたのですがノキアがよさそうだったので買おうと思ったら、当時の同僚に「やめた方がいいですよ」と言われ素直に従ったところ、本人が購入予定で人と同じのを持ちたくないと理由ではめられたという落ちだったりします(笑)

結局、このセットで著作の執筆から日常の書類書きまでずいぶん活躍頂きました。のら生活を支えてくれた道具であります。新幹線の移動では特に大活躍でした。これがなかったら絶対著作には穴が空いてたもんな。ただ、惜しむらくは、やはりネット端末としての機能をつけ損なったことです。結局、これを最後にiPhoneを購入するまでこの手のモバイル環境は無くなって、USBメモリだけで後は客先PCや漫画喫茶生活となり、その後はお客様から支給頂いた環境でモバイル労働をするようになったという感じです。どっちにしても偉い懐かしい道具です。

Let's Noteは実に使いやすかった。

2012年1月19日 09:25

レッツノートCF-M32今日もまたまた、お部屋のお片づけで出てきたものです。B5サイズノートパソコンのはしりです。

実はこれ、僕のじゃなくて、家内のやつです。結婚前(まだ結婚云々という話のかけらもなかったころ)、家内が東京に遊びに来てそのときに「ノートパソコンが欲しい」というので、一緒に秋葉原めぐりをして決めた一台です。僕が薦めた理由はパネルじゃなくてトラックボールだったから。タッチ系の操作系はPI3000で懲りてましたので(^^;。結構なお値段でしたが、家内が僕の薦めにしたがってスパッと買ったのを覚えています。

その後、急転直下で結婚するわけですが、僕としては件のLibretto30があるのでそれでネットをしていたのですが、あまりに不便そうに見えたのか、レッツノートを私用にしてくれていたというわけ。家内はFM-Vのデスクトップがあったのでそちらでネットをやってました。転職先でプログラマーの真似事みたいなことをする羽目になって、開発環境をこいつに入れて、電車での移動中、自宅とところかまわず仕事と学習をしていました。独立する上で重要なICT技術者としての素養をつけさせてくれた一台でもあります。

で、そんなこんなをしながら、転職を数回して独立。そのままずっとレッツノートで仕事をしていました。おそらく、電源ケーブルが接触不良で使えなくなるまで、市場調査、企画、開発等々、完全にこれ一台で業務をしていました。のらSOHOの初期を完全に支えた一台です。この一台を黙って僕の専用機として壊れるまで使わせてくれたという一事をもってして、ほんとうに家内に支えられて仕事してたなぁと。ちなみに、シールは上の子がペタペタ張ったやつ。色々思い出深い一台ではあります。

アイリンクへのお問い合わせ

お問い合わせメールフォームはこちら

2016年12月移転 北海道旭川市神楽1条7丁目4−8 お問合わせはメール・SNSアカウントで mail
  • twitter
  • facebook
  • google
  • noimage
  • noimage
  • noimage