1. ホーム
  2. のらマネージャーのブログ
  3. お金とか仕事とか

お金とか仕事とか

従業員持株会は資産形成?

2008年7月30日 15:17

常に家族の一言ってのは、色々勉強になるもので。
今日は、家内に「従業員持株会ってやったほうがいいの?」って言われて、関連資料を見たわけだ。
今自分自身に関して言えば、株式会社の従業員でも経営者でもないので、自社の社員持株会で株を持つってことに対して、なんら無縁なんだけど、その昔勤め先で持株会があったところもあった。

でも、その頃はあんまり考えなかったけど、どどのつまり、株券が会社の所有権を示すものであるというなら、社員持株会ってのは、「会社は従業員ものである」って言う命題を、形式的にも実質的にも実践している仕掛けで、個人的には好感が持てる。労働組合運動よりかはよっぽど健全である。まぁ、上場企業で、「会社は社会のものである」っていう命題と両立させるのであれば、市場での流動株の比率が上場基準を割らない程度に、持株会が保有するってのも悪くないと思う。

とはいえ、家内のもらってきた資料には「資産形成の為に持株会に入りませんか」という表現なんだな。なんか、これには違和感があるわけだ。自社株が資産になるかどうかは、そこの経営状況によるわけだし、自分の働きぶりの反映でもあるわけだ。持株会加入の口数が資産になるためには、加入そのものに意味はなく、その会社で適切に一生懸命働いた見返りとして、加入口数が資産価値を持つ、という話でしかない。何らかの理由で、会社がつぶれたときには、資産形成どころか共倒れになるわけだ。
資産形成の重要な要素として、リスクの分散が必ずあるべきで、自社の社員持株会と言うのは、そういう点で見て最も誤った資産形成手法であると思う。言い換えるなら、加入口数なんて会社へのコミットの具合の表れでしかないわけ。それに、持株会や現在の経営に口を直接挟むなら、直接株式保有をすればいいとも思う。

会社を良くする、職場を良くする、自分の働くモチベーションにする、ということであれば、持株会ってのは小口で始められるし、変な総会への出席権のない小口の株よっか、実生活への影響力もあるし悪くないとは思う。
でも、経営への本格参与とか、資産形成としてはやめたほうがいいよと思う。

まぁ、個人的な感想なので、誰がどういう投資をしようが自由ではあるんだけど。

目的別休暇プール制度

2008年7月29日 15:15

なんとなく雑談で出てきた話。

PTAでもなんでもやり手がいなくて、理由を色々みたら、休みが取りにくいってことらしい。
でも、実際、企業の経営者とかとお話をすると、そういう地域のこととかCSRに資することの休暇を取ることは比較的推奨しているんよね。で、理由をよく聞けば、どうも、自分の有給休暇を消化したくないってのもあるらしい。自分の権利を他人様のためには使いたくないってことらしいんだわな。

それ自体は、個人の自由なので別にいいのだけれど、地域活動のための休暇制度もそれなりに必要かとは思うって話から、
「会社全体で休暇を一まとめに持っておいて、地域活動に対して休んだ分は要報告書として休暇を出してはどうでしょうか」
という、アイディアをうちのO嬢が言ったわけだわさ。法制度との矛盾性は置いておいて、結構いいアイディアとか思うわけだ。報告書が則、CSR報告書に使えて、定量的に地域活動が見れるという部分もあるし、休暇を削るということはなくてすむ。ちなみに、これの応用で、子育て関係や介護関係で、こういう休暇プールを作って、みんなで助け合えばいいわけだ。

ま、アイディアベースなので、厳密に論じたら破綻するような気もするけど、こういう手法は悪くないかと。

人を動かすのって大変だ

2008年7月20日 14:19

まぁ、身内話で関係者も読んでいるBLOGで書くのにはかな~り不適切なないような気もするけど、とりあえず書くことにしてみる。

発端は大したことじゃなくて、系列の他センターとイベントが重なったという話。
まぁ、自由競争主義者の私としては、全く持って気にならなかったのではあるが、職員の中にはそれ相応に気にしている部分もあるらしく、あーだ、こーだというわけだ。僕としては、むしろガンガンイベントの日付はぶつけて、ユーザーの選択肢を増やしていく競争をしたほうが健全だとか思うんだな。

とはいえ、現実問題、提供者側からするとお客の取り合いになるんで、好ましくないとか、せめて系列同士は調整しようとかいう話になること自体はわからないこともない。でも、飽和市場ならいざ知らず、まだ、市民活動に関心のある人員という市場は、全然未開拓市場なのだからお客の取り合いなぞ気にしないで、ガンガン新規開拓努力をすりゃいいじゃんとか思うわけだ。

で、そのことをちょろっとセンターでお話をしたら、「だったら、あなたならどうするの?あなたがやってみせてよ」というわけだ。ものすごく正論なんだけど「それを考えるのも含めてやって、スキルを身につけないといけないんじゃないの」とか言いたくなるわけだ。でも、そう直接言い返しても余り意味がなく、結局誰も動かなくなるだけなんだな。論として勝っていても何の意味もないわけだ。

でも、自分がやっちゃうと、多分、今までの経験からいって、あの人が出来るからあの人に何でも聞いちゃえになってしまう。まぁ、一匹狼流れコンサルとしての仕事の部分であれば、それでカネをそのたびとるだけなのだから、それでいいのだけれど、こういうチームワークで価値を出していく組織だと、なかなかそういうわけにも行かなかったりする。

なんというか、大本の問題そのものは僕としては結構どうでもよくて、一ミクロンも気にならないんだけど、こういう発言に対して、「その部分も含めてやってよ」と人を動かすいい方法ってなんかないかねぇ。一匹狼が長すぎて、いまいちいい方法がわかない。

人を動かすのは大変だわ。当たり前だけど。

知らなかったはありえないでしょう

2008年1月29日 13:18

ミートホープの公判のニュースで、元常務が「一族があんなにとっているとは知りませんでした」と。

企業の監査役等をやっている立場から言わせてもらって、「知らなかったはありえません」。
というのは、一般に役員の報酬に関しては、取締役会の決議事項のはずです。まず、これが決議事項であるべきであることを知らなかったのであれば、この常務取締役は、企業役員として許されざる不勉強です。
で、ニュースでは、偽装を始めてから利益率が急上昇し、その利ざやで異常な高給を取り出したとのこと。まぁ、こんな風に逮捕されることを含めて大きなリスクをしょってやったことなのでしょうから、リスクに対する対価だけ見ればそんなもんなんでしょう。

ちなみに、この会社の監査役さんは何をやっているんでしょうね。新会社法になる前に設立されているので、監査役がいると思うのですけど。まっとうな監査役であれば、急激な利益率の上昇も常務の給与と他の取締役との異常な給与差も見逃さないはずです。

ひょっとして、新会社法になってから、偽装を始めたのでしょうか。それなら企業規模によっては監査なしでも許されるので、いきなり数値が変化してもだれも分からないということになります。
おまけに、この方は、取締役会が発生することもないほど、短い期間しかこの会社にいなかったのでしょうか?その短期間に、偽装に気がつき速攻でやめたのであれば、「驚いた」だけで許されますし、賞賛されるべき行動です。でも、報道の雰囲気を見る感じではそんな感じでもないですね。

意外と、この事件で直すべきは、案外、企業監査のあり方であって、それだけで十分なのかもしれないなぁとおもいます。

優秀な社員を辞めさせない方法

2007年12月 2日 13:07

最近、ナレッジマネジメント本を色々読んでいて、持っていた違和感を一掃してくれた記事。

優秀な社員を辞めさせない方法

一番、これだ!と共鳴できたところは、16の方法そのものではなく、「昔はお客様が神様だったが、最近は従業員を満足させる事で従業員がより良いサービスを提供して顧客を満足させるということが求められる。」というところ。要は、従業員をナレッジと捉えて、辞めたら困るなぁで、だったらナレッジを切り出して管理しとけばいいや的な考え方ではダメだってことなんだよね。

まぁ、それだけなんですけど。

アイリンクへのお問い合わせ

お問い合わせメールフォームはこちら

2016年12月移転 北海道旭川市神楽1条7丁目4−8 お問合わせはメール・SNSアカウントで mail
  • twitter
  • facebook
  • google
  • noimage
  • noimage
  • noimage