1. ホーム
  2. のらマネージャーのブログ
  3. お金とか仕事とか

お金とか仕事とか

子育てとしての経営

2017年3月17日 13:35

紺屋の白袴というか、医者の不養生というか、自分じゃ全くできていないくせに、他社様のありようを四の五の言う立場でもないような気もしてるんだけど、日本の経営者には二つの側面があって、あえていうなれば、脳としての経営者と親としての経営者とでも名付けましょうか。企業という法人から見たときに、法人の中の脳をつかさどるのが経営という要素と、法人そのものの親として子供ともいえる法人を育てるのが経営という要素。

自分の会社は、そもそも従業員もいなけりゃ組織もないので、どっちも取りようがないわけです。
では、お客様やらお付き合いのある企業さんはどうかというと、意思決定者として法人の脳をつかさどっているという意識の方が多いように思います。特に、現在のように素早い変化が求められる時代なので、サッと情報をもらってサッと計画をしてサッと実行するってのは大事で、そういう意味では社長が脳としての役目を果たすべきだってのは正論です。

続きを読む

コアコンピタンスを考える

2017年3月16日 15:30

最近、業態の違う割と人気のあるブランドを持つ企業2社にコンサルの前処理的な意味で調査に入らせていただきました。コンサル的お仕事は割と久々だったので、およびいただいてとても有り難いことです。ただ、なぜかどっちもIT投資をどうするかというお話。
元がシステム屋とコンテンツ制作でキャリアをスタートさせてるし、私の業務としては一番得意な領域なのですが、お話しさせていただければいただくほど、調査をすればするほど、私からクライアント様へのご質問は「御社のコアコンピタンスは何ですか?」に集約されちゃうんですね。
ITのシステム投資がどうとか、業務プロセスがどうとか、両社とも目先に問題を抱えていて、目先の話をしてサクッとなんか適当なものをお買い上げいただいて、やや強引に、そのシステム等の導入コンサルでもすれば即金になるような気はするんですけど(前期はコンサル事業をさぼって財務諸表がめちゃくちゃだから即金はほしい(苦笑))、でも、やっぱりそれが本当に正解のシステムであれば問題ないんですけど、そうなる可能性は割と低いと思うんですよね。
どちらの会社も見ていて結構共通していて、各種問題が現状のITにすり合わせて業務を構築していたら会社の方向性とかやりたいことと合致しなくなりつつあって、それでもなお、無理矢理に現有システムに話を合わせた結果なんですよね。

続きを読む

うちは金持ちではなく支払いの選択と集中が徹底しているだけ。

2015年10月27日 11:27

相当前の話だが、うちの娘が新しくできた友だちに、「○○ちゃんちって金持ちだよね」って言われたそうな。

まぁ、一見すると、私立の高校に子どもを入れてその上に、県外で寮暮らしまでさせているので、まぁ、お金ある家はいいよねーって思われているのは、親の方でも一緒な時がある。

続きを読む

朝の交通安全運動の風景で思ったこと。

2013年4月10日 14:34

昨日今日と家の外が朝方騒がしいわけなんですが、要は交通安全強化週間かなんからしく、隣の会社の方々ががんばって、「交通安全」とか「速度落とせ」とか書いてある看板持ったり旗振ったりしているわけです。まぁ、この辺の会社さんは自動車関連の会社が多いこともあるので、部署とかで事故を出せば、部署をあげて同じようなことをしているんですんで、わりと見慣れた風景ではあります。
車を運転しない私が私見でこんなこと申し上げちゃいけないんでしょうけど、あれって、交通事故の減少や地域の安全性の向上になんか効果あるんでしょうか。多分、人が張り付いている交差点ぐらいは効果あるんでしょうけど、地域にはたくさん交差点があって、そんな会社の正門前とか(うちはわりとそのそばに住んでいるんで)でいくらやっても、大方の地域住民の生活圏とは無関係なように思えます。

事故に対する懲罰的な意味合いの交通安全運動とかって、実は本末転倒で、交通事故が悪いことだから交通安全運動をするのではなく、まずは交通安全が最優先で、結果、不幸にも交通事故を出したかどうかが問題なわけです。個人的には、そういう空気を社内で醸し出すためにも、忙しいのは重々承知ですが、日常的に事故と無関係で地域の中で交通安全運動をすべきであると思います。
さらにいうなら、その企業はそこに立地できているからこそビジネスが出来ているのです。言い換えるならその地域の人が受け入れてくれているからこそのビジネスです。もし「そんなウゼーこという地域なんか会社ごとでてってやる」なんて真剣に考えているようでしたら、多分、現代社会において世界中、立地可能な場所は遠からずなくなるでしょう。
もしそのように考えていなくても、不幸なことに人が集まる施設なり企業なりが出来れば、そこでの治安や交通事故の不安を訴えたり実際の事故の責務はその企業のせいであると考える地域の方々がいることも現実です。
であれば、具体的に地域の方々の不安やリスクをしっかり具体的に取り除くように、地域活動は設計すべきです。

たとえばこんな設計はいかがでしょう。
まず、犯罪にせよ交通事故にせよ観測者を広く配置することによって、減少することは比較的知られています。人の目がない状態がそういうリスクを高めます。裏を返せば薄く広く、人の目を配置することが出来ればいいということになります。たとえば守るべき対象を子どもたちに絞りましょう。
そういう観点ですと、朝夕の通学路見回りに関しては、スクールガードなどかなりしっかり設計された活動として機能していますので、その日時はむしろ業務に専念していただければよろしいかと思います。
子どもがウロウロしていて、大人の目が希薄な時間帯や日にちはいつかというと、放課後や夜間、土日や長期休暇ということになります。土日、夜間は業務との兼ね合い的にも社員の拘束として現実的ではない(むしろ、社員の皆さんの住む地域への貢献こそ考えるべき時間)ので、長期休暇中の交通安全や治安向上を狙うのは良いのではないかと思います。
で、場所も限られたエリアの集中配備ではなく、配置できる人員で最大エリアの目線が確保できる効率的配置を計算して、各交差点に配置するのです。犯罪者と戦うのではなく、犯罪者を犯罪者にしないための目線の配置が目的です。ですので、各個撃破の心配ではなく偵察における目線の空白を心配することの方に重きを置くのです。当然配置時間も、わりと期間中はランダムで、神出鬼没なのがよりいいとおもいます。
あと、こまめに子どもに声かけを忘れずに。長期休暇中であれば非行化の防止にも一役買えます。

変な話ですが、いつも企業の交通安全運動を見ていて思うのは、「会社の周辺」で、「かなりたくさんの人間」が、「肩触れ合う距離」で、「密集して挨拶」している、という実に犯罪防止にも交通安全の向上にもつながらない非効率で成果の上がらない活動をしていることの不思議があるわけです。お金になるのかどうかは置いておいても、企業人なら成果にこだわりましょうよ。ってのがわりと本音だったりします。はい。

今年の自分を振り返るためのメモ

2012年12月18日 14:23

純粋に自分用のメモです。碌でもない一年になってしまった感がありますが、一年前に何を目標に立てて、何が達成できてできなかったのかを考えるためのまとめ。まぁ、僕と個人的に関わりの無い人は見てもつまんないです。

■センター関連

2012年のセンター長としての挨拶

私の近隣の皆様に対して臨むスタンス

税金の無駄遣い

「安くていい施設ですね」は褒め言葉ではありません

利便性より先にフェアネスを求めていきます。

安城市民交流センタースタッフの働き方の4原則

安城市民交流センター ソーシャルメディア活用ガイドライン「監視カメラではなく、TVカメラ。」


■アイリンク/フナハシドットコム関連

非同期な社会が作る、本当の情報弱者

地方のWeb系SEとPGの大失業時代がやってくる。

ビジネスストラテジカンパニー

ガイドラインを作るガイドライン


■子育て関連

今、親をやってる僕らはどうしたらいいんでしょうね。

社会システム対峙する知恵と勇気を持って(中高生の子供たちに)


■個人としての由無し。

エネルギーと命と安心・安全

空きました、ではなく、飽きました。本当です。


これ以外にもある気はするけど、こんな感じで。でも、結構真面目にセンター長業務やってたんだな。あと、やっぱり本業がおろそかになってるよね。
本業?コンサル業と子育て業の両立した何かですよ。はい。

アイリンクへのお問い合わせ

お問い合わせメールフォームはこちら

2016年12月移転 北海道旭川市神楽1条7丁目4−8 お問合わせはメール・SNSアカウントで mail
  • twitter
  • facebook
  • google
  • noimage
  • noimage
  • noimage