1. ホーム
  2. のらマネージャーのブログ
  3. 2016年11月のアーカイブ

2016年11月のアーカイブ

北海道こんぶDayでは何を狙ったのか。

2016年11月16日 10:11

11月6日の大雪の中のイベント「北海道こんぶDay」ですが、昨日の昆布の日にようやく報告書も脱稿して、やることがひと段落したので、忘れないうちにこういうことを書き留めようかと。こまごま反省すべきことも書かないかんとは思いますけど、それはそれで別の場所と機会で。

やってる間は本人も、無我夢中だったしいろいろ忘れていたり、何を目指しているのか言語化できていなかったり。でも、もののけ姫作った宮崎駿じゃないけど「自分が何を作ったのかよくわからない」ってことはなくて、明確な目的をもってやっていたんだなぁと後付けで分かります。
ちなみに、このイベントで裏方ですからーっていうのは簡単だけど、まぁ、何のかんのと事実上のプロデューサーだったわけなので、僕の意図が成功したかどうかを含めて他者判断をもらえるように記録に残そうかと。

ちなみに、初めの初めからそういう立ち位置だったわけではありません。以下、問題がないと個人的に判断した方は実名で行きます。北海道こんぶ研究会(以下、研究会)の理事の吉田省子さんが、このイベントのいわゆる脚本家にあたる方です。どちらかというと脚本のブレストと整理に付き合っていただけで、この辺では完全な傍観者。ここで、実は明確な意図の一つがもう生まれていて、それは「多様性」なんですよね。テーマ自体は「こんぶ」というめちゃくちゃ単一で縛りは激しいんですけど、あらゆる側面や角度からの昆布へのかかわりを受けいれる多様な主体に関わってもらうというのが一つの狙いとして明確になってました。

続きを読む

  • 1

アイリンクへのお問い合わせ

お問い合わせメールフォームはこちら

2016年12月移転 北海道旭川市神楽1条7丁目4−8 お問合わせはメール・SNSアカウントで mail
  • twitter
  • facebook
  • google
  • noimage
  • noimage
  • noimage