1. ホーム
  2. のらマネージャーのブログ
  3. 2015年1月のアーカイブ

2015年1月のアーカイブ

「見たいテレビ」が今日もない メディアの王様・崩壊の現場

2015年1月30日 13:21

割と面白く読みました。放送局ごとの違いもあるでしょうし、あくまで著者目線での体験解釈なので、現実とは違うのかもしれません。なので、ショッキングに煽ってる感のある事件ものは話半分で読んだらいいのではないかな。
でも、ネット民は読んだ方がいいかも。最後の方のネットメディアに関する話題は、テレビメディア人からネットビジネスがどう見えているのかを知るのによいと思います。単なる対立をあおる人間ばかりじゃないし、たぶんそれこそ、オールドメディアに係るわずかな人なんでしょうし。


クロスロード in their cases

2015年1月29日 13:00

「もしさ、わたしが受験に落ちたらどうする」
「落ちたら?」

(中略)
「そりゃあ、腹抱えて笑うだろうな」
「ええっ、わらわないでよ」
しかし、お父さんの返事はまたしても軽く私の想像を超えてくる。
「いやあ、笑う笑う。んなもん大笑いに決まってんだろ」
「酷い、笑いごとじゃないのに」
「笑いごとだよ」
「え?」
「さっきも言っただろ。俺はな、家族を失うことが一番怖えー。それに比べりゃ後のことは全部笑いごとだ」

(P.221、主人公と父との会話)

続きを読む

「先送り」は生物学的に正しい 究極の生き残る技術

2015年1月28日 12:59

面白かったです。特にですね、人間社会を餌場にとらえて色々な生物の戦い方を解説しながら読ませるという。生物が得意で社会が苦手な人は処世訓として、社会が得意で生物が苦手な人には生物やら生態系を学ぶ一冊として、二面的に使える本です。
さらっと読めますので、通勤や移動の時に是非どうぞ。


読書が「知識」と「行動」に変わる本

2015年1月27日 12:58

友人が開催している読書会での課題図書。おまけにその回は、著者もお見えになっていてかなり盛り上がりました。ガチビジネスマンとガチ読書の両者から反発来るだろうなって感じではあります。答えとしては、ビジネス書はこう読めっていうのが、正しいんじゃないかなぁと思います。
変な話、哲学書とか古典をこんな読み方をしちゃいけませんわ。でも、日々流れてくるビジネス書はこういう読み方をするのが正解ってのは私も思いました。
本が読み進まないなってお悩みの方には是非これを読んでみてくださいって思える一冊です。あ、読み進まないやつにこれを読ませるのは、この本自体が読み進まなくて逆効果?


社会福祉法人の原点

2015年1月26日 12:48

仕事柄、目を通しておこうと思って読んだわけですが、実に普通の一冊でした。
著者の体験をもとによく整理されているので、網羅的だけれども読みやすく仕上がっています。営利企業の人も読んで損はないかと思います。理念と仕事と組織の作り方や実施の仕方がわかりますので。


アイリンクへのお問い合わせ

お問い合わせメールフォームはこちら

2016年12月移転 北海道旭川市神楽1条7丁目4−8 お問合わせはメール・SNSアカウントで mail
  • twitter
  • facebook
  • google
  • noimage
  • noimage
  • noimage