1. ホーム
  2. のらマネージャーのブログ
  3. 輝天炎上

輝天炎上

2014年6月22日 10:49

「それよりも驚いたのは、いまだに小百合とすみれが派手な姉妹喧嘩を続けていることだな。三つ子の魂百までって、お前たち姉妹みたいな連中のことを言うんだろうな」(P.308)

ケルベロスの肖像のB面で、螺鈿迷宮の続編。そして、極北クレイマーとも連なるややこやしい一作です。
内容さておきなのですが、著者の願望(羨望?)なのでしょうか。怠惰で堕落した人間がやたらモテルという、一連のシリーズにまたがる構図はこの最後の最後まで一緒のように思います。
一応、東城大学クライシスの一連の話はこれでひと段落です。読了お疲れ様でした。
でも新作でたよなぁ。カレイドスコープの箱庭。文庫になるまで絶対に読まないぞ。気になるけど。

「どんな時でも自分を通せるのは、ただのガキです」(P.190)


トラックバック(0)

コメント(1)

この作家の作品は一通り読んでいるので、続きをつい読んでしまいます。
まだまだ続きそうに感じます。
トラックバックさせていただきました。
トラックバックお待ちしていますね。

コメントする

アイリンクへのお問い合わせ

お問い合わせメールフォームはこちら

2016年12月移転 北海道旭川市神楽1条7丁目4−8 お問合わせはメール・SNSアカウントで mail
  • twitter
  • facebook
  • google
  • noimage
  • noimage
  • noimage