1. ホーム
  2. のらマネージャーのブログ
  3. ひかりの剣

ひかりの剣

2014年4月20日 13:53

「彼は自分がイヤだと思ったら、平気で部活をやめようとするし、主将の座だって投げ出してしまう。無責任な分、自由度が高い。そんな彼を周囲がサポートしようと決意したチームは、速水君のように責任感あふれる主将が率いるチームよりもはるかに強靭だ」(P.254)

いやー、普通の青春小説ですよ。驚いた。主人公が医学部の学生ってだけで、医療もミステリーもなし。ジェネラルルージュの速水君とジーンワルツの清川君。んで、性格の悪い腹黒たぬき高階顧問。
自分も小学生のときちょびっとだけ剣道をやったので、ある程度はわかるからかもしれないけど、普通に面白い青春小説です。あと、海堂作品をある程度読んでから読めば別の楽しみもある感じではあります。
きっと、それを抜きにしても漫画の原作とかには良いんじゃないんでしょうか。

「メスという刃は竹刀より小さいが、その下で繰り広げられる世界は、一歩間違えば相手の命を奪う真剣勝負。剣道場で行なわれている勝負よりも厳しい。そこで毎日メスを振るっていれば、剣筋はおのずと磨かれる」(P.107)

「獅胆鷹目。あの言葉の続きってなんだったんだろう」(P.232)


トラックバック(0)

コメントする

アイリンクへのお問い合わせ

お問い合わせメールフォームはこちら

2016年12月移転 北海道旭川市神楽1条7丁目4−8 お問合わせはメール・SNSアカウントで mail
  • twitter
  • facebook
  • google
  • noimage
  • noimage
  • noimage