1. ホーム
  2. のらマネージャーのブログ
  3. 2014年4月のアーカイブ

2014年4月のアーカイブ

破綻──バイオ企業・林原の真実

2014年4月21日 13:17

これからは、日本のベンチャーや中小企業は決して銀行融資を当てにしてはならない。日本では完成された大企業でないと、十分な融資を受けることがむずかしいからだ。
今後はなお一層、銀行融資の回収は避けられなくなるだろうし、下落を続ける土地と上場株式にしか担保価値を見てもらえない。おまけに経営者は連帯保証からも逃れることができなくなる。
こんな時代にやれることは、この国を離れるか、思い切って会社を閉めるか、あるいは死に物狂いで別の資金確保の方策を見出すことだ。
(P.168)

続きを読む

ひかりの剣

2014年4月20日 13:53

「彼は自分がイヤだと思ったら、平気で部活をやめようとするし、主将の座だって投げ出してしまう。無責任な分、自由度が高い。そんな彼を周囲がサポートしようと決意したチームは、速水君のように責任感あふれる主将が率いるチームよりもはるかに強靭だ」(P.254)

続きを読む

失敗学のすすめ

2014年4月19日 12:06

今年に入ってから月一回で開催されている西三河ビジネス勉強会の話題提供者なのですが、ちょうど、失敗学の話題をということで取り急ぎ探して購入しました。
古い本ではありますが、十分今見ても役立ちます。というか、失敗から次の発展を生み出すというロジックは、古くはカールポパーの科学的発見の論理など、科学哲学において幅広く論じられています。本書を読むとその議論のフレームワークの中でおおむね収まっているので、フィロソフィーもしっかりやっておくことは大切だなと。
ということで、個人的にはあわせて「推測と反駁」あたりに目を通しておくと良いかなぁと思います。


早雲の軍配者

2014年4月18日 13:48

「なあに、ごくらくって?」
奈々が小首を傾げる。
「みんなが仲良く幸せに暮らせる土地のことだよ」
小太郎が言うと、
「じゃぁ、ここだ。兄ちゃんもばばさまもあずみ姉もいる。みんな仲良しで、奈々は幸せだもの」
(上P.49)

続きを読む

電力と震災 東北「復興」電力物語

2014年4月17日 10:09

東京電力のほか、被災とは無縁の関西電力、九州電力がさっさと値上げに踏み切ったときも、東北電力はじっとやせ我慢を続けた。値上げという選択肢は、被災者と被災企業の財布を直撃して、東北地方の復旧・復興の妨げになることから、一日でも先に延ばさなければならないと考えたからである。(P.6)

やせ我慢が限界に達し、値上げを申請した途端、東北電力バッシングはピークに達した。値上げを東電より丸二年も遅らせ、上げ幅を東電より小さくする努力をしたにもかかわらず、専門家たちはそうした努力の存在を黙殺した。(P.8)

続きを読む

アイリンクへのお問い合わせ

お問い合わせメールフォームはこちら

2016年12月移転 北海道旭川市神楽1条7丁目4−8 お問合わせはメール・SNSアカウントで mail
  • twitter
  • facebook
  • google
  • noimage
  • noimage
  • noimage