1. ホーム
  2. のらマネージャーのブログ
  3. ナイチンゲールの沈黙

ナイチンゲールの沈黙

2014年3月22日 11:08

「読みが外れれば、叩かれて当然だ。ま、一人の少年の未来と引き替えなんだから、大人がこのくらいのリスクを背負うのは当然だろう」(下P.63)

次作のジェネラルルージュがかっこよすぎて、わりと、話題になってない感じの海堂作品。とはいえ、存分に面白いです。時系列的にジェネラルルージュの凱旋と同じで、レコードのA面B面の関係って感じです。実際に、まったく同じ文章の部分が少なからずあるという、なんというか、昔のゲームブックを読んでいるようなデジャブ感もあったり。
あと、多分、この作品は多くの作品への分岐点になっています。そういう意味では、桜宮サーガを読みきるには、必読書ですのでしっかり読み込みましょう。

「やはり桜宮病院は、叩き潰す必要があるのかもしれません」(下P.281)


トラックバック(0)

コメントする

アイリンクへのお問い合わせ

お問い合わせメールフォームはこちら

2016年12月移転 北海道旭川市神楽1条7丁目4−8 お問合わせはメール・SNSアカウントで mail
  • twitter
  • facebook
  • google
  • noimage
  • noimage
  • noimage