1. ホーム
  2. のらマネージャーのブログ
  3. 2012年1月のアーカイブ

2012年1月のアーカイブ

追跡・「夕張」問題

2012年1月15日 16:15

戸別訪問で、注水の同意を取り付けることになった。赤石さんは五件を担当した。訪ねた先で、二人の子どもを抱えた妻は隣室にこもり、泣き崩れた。義父が「泣いてもどうにもならない。(書類を)書いてあげなさい」と諭した。署名押印された同意書を受け取り、深々と頭を下げた。(P.107、坑内消火のため、安否不明者が61名いるが坑道への注水を会社が決定したの受け。)

続きを読む

Libretto30を愛用してました。

2012年1月13日 23:40

Libretto30はい、またお掃除で見つかったハードのご紹介です。古いなぁ。

これはJCCに入社して、はじめてのGWで住んでいた行徳の西友で現品処分で買い求めました。
家に、冷蔵庫も洗濯機も蛍光灯もない悲劇的状況を打開するべく、買い物に出て結局買い求めてしまったわけです。144のモデムカード付き。
当然、夏頃に蛍光灯がつくまで白熱電球生活でした。

でまぁ、このBLOGの古い頃のエントリーは全部こいつが吐き出したわけです。こいつはとっても優秀で、右手でマウス操作兼本体の支え。で、左手でキー入力。なので、満員電車の中でもHTMLを書くことができて、移動中に書いて帰宅してネットにつないで更新と言うのを良くやってました。

ノートPCとネット配信も商っていたので、そのうち会社から技術検証用にPHSのカードが支給されて、自分でPHS買ってこいつで接続してました。
で、この環境で、今の家内と遠距離恋愛をしていたので、新幹線で停車のたびにネットにつないでメールをやり取りしてましたね。
こんなことしてるから、通信費と交通費と酒代で文無し生活でした。

ネットワークのいろんな体験はこいつと共に始まったので、一生起動はさせないかもしれないけど、捨てる気は全くない一台です。

名刺交換している相手にスパム報告ってどうよ

2012年1月12日 09:03

昨年から本格的にFaceBookなるものを活用してます。実はSNSは基本的に嫌いで、ソーシャルメディアと言われる中ではTwitterが一番住み心地の良い空間なのだけど、仕事の都合なんかもあってビジネスユースで使っているわけです。なので、私の場合はビジネスの場で出会った方への友達申請が中心なので、勢い交流会等で名刺交換をされた方に友達申請をします。
変な話、利用ポリシーは人それぞれなので、私の方が四の五の書くことではないとは思うのですけど、名刺交換をしている相手というのは名刺を交換した時点で面識があるわけです。原則として。ましてや、名刺を交換するというのは「後ほど連絡を下さいね」、もしくは「何かあったら連絡つくようにしましょうね」、という意味なんだと思うんですけど。
で、昨晩、幾名かの名刺交換をされていた方に友達申請を行ったところ、あなたの友達申請がスパム報告という連絡が来ていますということで、一瞬アカウントが使えんくなってしまいました。

利用ポリシーがそれぞれだということは納得してますから、プライベートオンリーだという方もいらっしゃるでしょうし、ホントの身内しか嫌だという方もあるでしょう。でも、それって、友達申請を承認しなければいいだけなので、スパム報告するほどの事ではないと思うのですけど。むしろビジネスで名刺を交換してそんな事をするのであれば、相手を確認してあるわけです。
極論すれば「はぁ?あいつ人と連絡とりたくて人に名刺渡しておいて、連絡しようとしたら拒絶どころか、警察に連絡かい?」という感覚なのですが。公私切り離したいとかそういうのは、その方の勝手ですけど、それで面識のある人を捕まえてスパム報告に至る発想が理解できません。
ちょっとビジネス云々以前に、人としての姿勢を疑います。「名刺を配る」という行為と「ネットで連絡をつける」という行為は、本来、現代ではリンクしているものだと思います。申し訳ありませんが、今回スパム報告をされた方の会社とは、今後一切の取引は致しませんし、お客様紹介もいたしません。

面識のある方にしか友達申請していないので、ちょっと朝からびっくりした一件ということで。

PI-3000って知ってる?

2012年1月10日 23:19

PI3000ザウルス結婚してから家庭内引越しをしていて、新婚当時住んでいた部屋を物置にしていたのですが、一念発起して片づけをしていると、次々、懐かしい機械が出てきたのでちょっと紹介しようかと。ということで、このシリーズがしばし続きます。

私にとってのゲーム機ではないモバイルマシンでした。大学4年の時に購入しました。なんというか、アップル社のNewtonが欲しかったのですが、国産で同じようなコンセプトということで、頑張って買ってみました。

いま思えば暴挙ですが、友人たちが研究室のMACで卒論を書いている中で、私はこいつと自宅にあるドットインパクトプリンタで卒論を書き上げました。スケジュールとか管理を一切しない人間なので、使い道が非常に少なかったのです。で、卒論を書いてみたと。
とはいえ、DTP昨日は優れていなかったので、数カ所、リアルカット&ペーストで仕上げましたけど。
タッチパネルだけで文字を入力するのは俺には不可能だと悟った次第です。でも、今思えば時代の最先端ではあったよなぁ。

常勝将軍 立見尚文

2012年1月 8日 19:39

「あの方が私を必要としておられる」(P.462上)

続きを読む

アイリンクへのお問い合わせ

お問い合わせメールフォームはこちら

2016年12月移転 北海道旭川市神楽1条7丁目4−8 お問合わせはメール・SNSアカウントで mail
  • twitter
  • facebook
  • google
  • noimage
  • noimage
  • noimage