1. ホーム
  2. のらマネージャーのブログ
  3. 2010年3月のアーカイブ

2010年3月のアーカイブ

ジャガイモの世界史―歴史を動かした「貧者のパン」

2010年3月18日 22:33

ジャガイモこそが歴史の「隠れた主役」、「陰の実力者」だった。大衆に寄り添い、世界を救った食物。それこそがジャガイモだった。(P.iii)

続きを読む

JALの報道はおかしくないか?

2010年3月17日 12:41

なんだか今更感のある話題になりますが、やっぱりJALの報道っておかしくないか、って思うわけです。僕はJAL株は保有していないので、どうなろうが、ある意味関係はないんですけど。

ただ、株が紙切れになるのに、あの程度のバッシングで済んでいるのはおかしいように思います。同じように株価を毀損した、ライブドアへの報道の激しさとくらべると、明らかに変です。もう一つ似た事例をあげると、公開企業ではなかったけれど、AirDoが一回清算するのに、株を0円にしてしまいましたが、そのときは罵声と怒号の中の総会だったわけです。
そもそもです、この2社に関して言えば、ベンチャーなわけで、新しい価値の創出へ挑戦するために最大限の努力をして、実際に会社は傾いたり潰れたりしましたが、確実に新しい価値を生み出しました。AirDoに関して言えば、粉飾すらなかったわけです。その挑戦にはリスクが伴うという事を、本来、知って買うべき株であるはずです。

他方で、JALはどうだったかというと、明らかに新しい価値を生み出すことなく、放漫な経営をして、ずるずると財務が悪化して潰れただけのことです。どう見たって、JALのほうがたちが悪いとしか思えません。JALの事例ほうこそ、訴訟か何かして差し押さえでもなんでもして金を返すべきです。挙句に、企業年金の保全で、OBが「俺たちがんばったんだから、もらう権利がある」などとぬかすなど笑止です。あんたらが放漫経営の基礎を作ったから潰れたんです。それこそn%減額とか言うレベルではなく、全額、株主の返済にでも充てろといいたいところです。

挙句に、こいつら税金まで突っ込んで救われるわけです。なんの新しい価値を生み出さないで、のほほんと過ごしている輩が高給と高い年金をもらって救われて、歯を食いしばって新しい価値を生み出して潰れた人はそのまま討ち死にです。おまけに、メディアでたたかれるという不幸までセットできます。

変な話、ライブドアやAirDoの経営をバッシングするべきだとメディアが思うなら、ライブドア事件なみにJALも大バッシングの合唱をすべきだし、JALを公金で救うなら、すべての企業は公金で救われるべきです。
リスクを負って新しい事をやる人が報われない社会だなと。お金のリターンの問題より、こういうスタンスの人が多いことこそ、問題とすべき。

虚像の砦

2010年3月16日 13:59

自らの信念に基づき、決断し行動する。その結果、そこで何かの事件に巻き込まれたとしても、それは自分自身で落とし前をつければそれでいい。/自己責任とは、そういうもんだ。(P.292)

続きを読む

僕らは金儲けをしたいんじゃなくて社会変革をしたかったんだ。

2010年3月15日 12:17

最近、堀江さんが宇宙開発やら何やらがんばりだしたので、ライブドアの話題がぞろぞろと出てきました。彼が捕まったころは、いわゆるネットベンチャーといわれる人たちが金儲けの亡者のように言われたりしました。確かに、二言目には金の話をしてましたしね。その辺は、自業自得の側面もあります。
でも、1996年とか97年とか、海のもとも山のものとも知れない、インターネットって世界に突っ込んで、色々な事を起こした人たちって、金のためにあんなリスクを負ったわけではないと思う。自分を含めてそう思う。
勢い金の話になるのは、そのころの日本で歪んでいたのが金融の部分だから。適切な投資というものが存在していなくて、色々苦労しながら、インターネットっていう文化を創っていったから。金で苦労したんだから、金の話が中心になるのはしょうがないように思う。
で、僕らは何をしたかったんだろうと考えると、金儲けではまったくなかったように思う。

初期のインターネットに関わって新しいビジネスを起こした連中は、間違えなく、みんな社会変革をしたかったんだ、と。あくまで個々の作業を実現する手段としてのお金だったり、成功を旧世代に示す手段としてのお金でしかなかったように思う。
僕らが変革のきっかけを確実に作った自負はある。インターネットを活用したサービスを、心身ともにボロボロになりながら、旧世代に批判されながら、隣の同世代と競争しあいながら、沢山のサービスを作っていった。明らかに、そういうサービスの中で生き残ったもので、この10年で多くの人のライフスタイルは変わったはず。10代、20代の連中なんて意識すらしないでそういうサービスをガシガシつかっている。これだけ、僕らはちゃんと社会変革の一翼をちゃんと担ってきた。それだけは、旧世代の連中に、ちゃんと認めてもらいたい。
堀江さんの報道を見ていると、彼だって、最終的に多くのお金を扱う中で、事件が疑獄になってしまったけど、基本的に社会変革を一緒にしてきた仲間だ、と言いたくはなる。

ITでの社会変革のきっかけ作りが終わった時点で、自分が子育てSOHOってライフスタイルを選んでがんばっているのも、あくまで、社会のあり方を直したいから。
で、彼はいまだに、宇宙開発なんかに関わって社会をどんどん変革しようとがんばっている。僕らの世代でがんばったことに対して、いい加減ネガティブな金関連の報道はうんざり。だいたい、金を稼げなきゃ認めないって、騒ぎ散らした連中に「ちゃんと稼げるじゃん」と示しただけ。それをやっかみ半分の報道を繰り返しているのは、旧世代の人たちの心の貧しさを示しているだけじゃないの。

だから、何度でも書く。
僕たちがやりたかったことは、金儲けじゃない。旧世代の皆さんが作った負の遺産を一掃する、社会変革なんだと。
そして、反省して欲しい。自分たちがやったことは輝かしいプロジェクトXばっかりじゃなかった事を。

帝ほうじを食べよう:ほうじ茶葉ニンニク味噌

2010年3月14日 10:10

冷凍庫にひっそり残っていた、帝ほうじを発見。ご飯や酒のアテがほしいので、ちょっと調理することにする。
材料は、味噌とニンニクと冷凍していた帝ほうじ。
つかう材料

続きを読む

アイリンクへのお問い合わせ

お問い合わせメールフォームはこちら

2016年12月移転 北海道旭川市神楽1条7丁目4−8 お問合わせはメール・SNSアカウントで mail
  • twitter
  • facebook
  • google
  • noimage
  • noimage
  • noimage