1. ホーム
  2. のらマネージャーのブログ
  3. 2009年11月のアーカイブ

2009年11月のアーカイブ

日本の知財はどこへ行く

2009年11月24日 11:51

仕分けたたきのコラムの続きです。変な話、仕分け自体を否定したことを言っているのに、その内容を四の五の書くのも変な話なのですが。
仕分けの時もそうですし、麻生補正つぶしのときもそうなのですが、徹底的に知財というものを潰すことしか考えていない取り崩し振りです。国を成り立たせるものとして、一般に食料、エネルギー、軍事、そして近代国家以降であれば国家独自の知というのが、必要不可欠とされます。日本はすでに、始め三つは自給を捨て、他者依存を決定しているわけです。唯一の独立国家としての矜持になるであろう、知をどうするのかというのは、非常に重要な話なわけです。

ところが、これまた恐ろしいのは、日本の知財を今後生み出さないという方向性の恐ろしい仕分けセンスです。特に知の根源ともいえる研究というものについて、積極的に削減しようというのだから驚きです。とにかく、大学以上の教育と研究からお金を削る姿勢です。
高校の無料化はいいとしても、大学にいく一部の家庭のメリットにしかならないから大学という間口へのカネを出すことが許せないとでも言うのでしょうか。若手研究者の助成金は減らされ、先端科学技術への投資も削られています。国家が知財を増やし、人材を育成することで国が富むという発想はないんでしょうか。その富んだ国の中であればこそ、学歴があろうがなかろうがより幸せになれる社会が出来るとは考えないのでしょうか。

そんな発想で、今の政権に票を投じた人々だとは思いたくはありませんが、なんだかそういう気がしています。あくまで、公益の主幹は「みんなの構成員の俺が幸せになるためにカネをまけ」ではなく、「各構成員がみんなのためにお金と労力を出して全体の幸せの底上げをする」ということにあるはずです。
文部科学省管轄において、高校無料化はOKだけど、研究費用はそのためにつぶれてもいい、という政策判断は、国の根幹を誤る愚かなことだというのは、もっと声を大にして言うべきです。むしろ、大学院まで無料化にして研究費こそ潤沢につけるべきです。そして、それこそ、それ以外の別省庁の管轄枠からその予算をひねり出してこそ価値のある改革です。
官僚を批判し、省庁の縦割りを批判する割りに、省庁間の予算バランスや省庁内の予算の削減率ばかりでものを見るのはいただけないものがあります。

それにしても、このまま「研究をしない国家」という、知財の未来のない国を作り出してこの政権は日本をどうしたいのでしょうか。

神鳳を食べよう:茶ーハン編

2009年11月23日 11:55

お昼でおなかも空いたので、残り物ご飯を活用してチャーハンにすることにする。食事モノは、パスタ以来。冷凍保存の奴からやってもいいのだろうけど、実験用の茶葉群のなかから選ぶ。神鳳という奴。価格は100gあたりでギリギリ一桁大きい奴。
神鳳ラベル神鳳茶葉

続きを読む

池袋のら2009年11月22日

2009年11月22日 23:04

今日はいい夫婦の日なのら。それとは無関係に東京仕事の続きなのら。サンシャインシティに行くのら。離島振興イベントと物産展を見るのら。あとは会議漬けなのら。終わってから、ご飯なのら。中華なのら。異常に多いのら。死にそうなのら。紹興酒2本空けて散会なのら。でも、有志でまだ飲むのら。声が潰れてまともにしゃべれないのら。つらいのら。物産展のステージのかわいいおねぇさんに、こんぶ先生ばりに「こんぶ!こんぶ!こんぶ!」と連呼させるのに成功したのが今日の収穫なのら。ホテルで寝るのら。明日は飼い主と一緒に講演を聞くのら。早く寝るのら。

三鷹のら2009年11月21日

2009年11月21日 23:33

久々の東京なのら。三鷹のSOHOフェスタに行くのら。でもお腹がすいたので、道中旭川ラーメンのはしごをするのら。品川で下車して、さいじょう。で、三鷹で会場に行く前に、特一番。塩ラーメンと醤油ラーメンで食うほうは満足なのら。会場で旧知の仲の人々と合流なのら。いろいろ講演を聞いて懇親会なのら。エーデルピルス飲み放題なのら。ガンガン飲むのら。二次会は和食系で焼酎をガンガン飲むのら。三次会はいつものバーでちょっと飲むのら。で、ホテルに戻るのら。かなり満足なのら。普通に寝るのら。

鳥居は赤いものだろう

2009年11月20日 12:47

別になんでもないけど、さっきコンビニで見た風景。

道を聞くおっさん「この辺に赤い鳥居の神社あるだろ?」
コンビニの店員「神社の名前とか、もう少し詳しい場所とか分かりませんか?」
道を聞くおっさん「だから、赤い鳥居のある神社だって」

という堂々巡りを聞いたので、この後、店員総出で地図をチェックしだしたのですが、「そもそも、神社の鳥居って、大体、赤いもんだろう。」と思ったわけです。まぁ、赤じゃなくて石造りや木で作ったもので素材色そのままってのも結構あるけど着色する場合は大体朱色(≒赤)でしょ。
ちゅうか目的地のランドマークとして、そんなものを指示する人も人だし、それで納得して行動始めちゃうこのおっさんもどうかと思うわけだ。
それにしても、赤い鳥居の神社は見つかったのかな。気になるな。

アイリンクへのお問い合わせ

お問い合わせメールフォームはこちら

2016年12月移転 北海道旭川市神楽1条7丁目4−8 お問合わせはメール・SNSアカウントで mail
  • twitter
  • facebook
  • google
  • noimage
  • noimage
  • noimage