1. ホーム
  2. のらマネージャーのブログ
  3. 2009年8月のアーカイブ

2009年8月のアーカイブ

計画の成果目標が継続ってのはだめだろう

2009年8月23日 15:11

世間様はどうも総選挙でガタガタしていて、僕自身も日本初の大型ファンドレイジングイベントの準備等々でガタガタしているところで、なんだか小さなあら捜し的な話題なんですけど。

某自治体の某計画見直しの委員をしていて、最近見直し後の計画案というのが上がってきて、検討した。で、とっても気になったのは、現在の計画達成指標が数値であって、それの対比として、数年後の結果目標の欄がある。それは普通なんだけれど、その目標結果の欄に「継続」って書いてあるんだな、これが。極端なやつになると横の現在の数値に「0回」とか書いてるのとあわせてみると、0回を継続するということは、その政策はやらないって意味かいなとか思うわけだ。だったら、そんな政策はやめてしまえって事だろうがとか思う。

こういう書き方になる自治体側の事情もわからなくもなくて、「継続」と書かれているものの大半が「○○についてのイベント等を行なう主体に対して広報等の援助を行なう」というものだったりする。援助を行なうことしか政策の進め方として存在しないわけだから、それに対してそのイベントの実施回数等を目標に書き込んでも、自己でイベントを主催できない以上、自力では数値目標を達成できないということになるんだろうと。当然、自治体としては、やめてしまえでもいいんだろうけど、上から降ってきた基本になる法律とのかねあいで、その項目で何もしてないということは書きにくいので、こういう書き方になるのだと思う。なので、その手の委員会等の席では、このことを指摘だけして、はいはいと、受け流す。気も小さいし。

でも違うんじゃないの、と実は僕は思っている。大体、その項目に対して具体的になにかせよというのが、大本の法律の精神なわけだし、それを社会で新たにやって認識を高めていく必要があるからこそ、法に書かれているし、条例にもなるし、計画の項目にもなるわけだ。とすると、0回で今まで終わったようなやり方であれば、そのやり方そのものを見直すべきはずだ。0回で終わった手法を今期も継続するようなやり方はそもそもおかしい。
それに、自己開催ではないイベントであるかもしれないが、明快に回数を書き込み、そういうイベントをやりそうなところを探し、積極的に情報提供をしてもらって、やってもらうように機運を作る努力だって出来るはずだ。そんなこともせずに、数値目標も出さないで開催の横取りだけを考えて、悪い言い方をすれば市民の努力に名目後援だけつけて、自分たちの手柄にしてかっさらうだけの悪徳自治体という言い方も出来なくはない。そう非難されたくなければ、継続という表記はない。
どちらの場合であっても、数年後の結果目標の欄に、安直に「継続」とかかれるはずはない。

それにそもそも、結果目標というのは、その政策を実施した結果もたらせる内容であるべきだ。継続したらどうなるのかという観点で、書かれるべきもので、継続そのものは結果目標ではありえないはず。これを読んでごもっとも思う自治体関係者の方がいらっしゃれば、是非とも貴自治体の計画から、安直な「継続」という文言は取っ払うようにしていただきたい。
ついでに、うちのことか!と思った方は、こういう事例は日本全国結構あちこちにあるので、特別そちらのことを突っ込んだわけではない、と思っていただければと思います。とはいえ、安心してはいけなくて、要反省であるべきだとは思いますが。

倉敷のら2009年8月17日

2009年8月17日 23:11

清酒万年雪又、倉敷なのら。愛フェスの営業なのら。会社訪問なのら。でも、500円で安くコンサート見れるかも知らんけど、交通費かかるからいらんといわれたのら。協賛金は考えるだけで終了しそうなのら。
夜はその会社の役員だった人と一杯飲んだのら。一杯なのかいっぱいなのかわからん状況なのら。楽しく飲んだのら。疲れたのら。
みんな愛フェスきてほしいのら。損はさせないのら。

愛フェスって何さ?

2009年8月17日 08:00

チケット販売のエントリーに対して、「そもそもその愛フェスって何さ?」という声もあるので公式ホームページではようわからんという方のために、私の勝手系の解説を。

コンセプトは「楽しむことが誰かのためになる」というものなのですが、もう少し掘り下げ、今流行の「いろ○す」風にいうと

---
1.チケットを買う
2.ライブを楽しむ
3.投票する
それだけで日本を変えるイベント
---

とでもいう感じでしょうか。それを順次解説すると

1.チケットを買う
チケットは500円です。しかも、入場料ではなく入場協力金という不思議な御代として。加えて、なぜかチケットはシールになっています。シールに応援メッセージを書いて木に貼ります。この応援メッセージを読んで公益活動をする団体さんのやる気を起こさせます。ボランタリーな活動には感謝の言葉という報酬は大事なのです。

2.ライブを楽しむ
これが目玉です。初日は「Ai,Cheese」ということで、カルテット、手裏剣ジェット、KingrassHopper他が出演し、その後UNITEによるアカペラのコンサート。二日目は「愛フェス支援アーティストライブ」ということで、40BUCKS、カルテット、nobodyknows+によるライブイベントがあります。
これ以外にも、ダンスや音楽のコンテストのファイナルや、各種パフォーマンスが繰り広げられます。二日間飽きることなく楽しめるかと思います。

3.投票する
これが重要です。「い○はす」が軽量化ボトルを絞ることでのごみ減量を一番の売りにしているように、この愛フェスでは、チケットのシール台紙をゴミにして捨ててはいけません。このシール台紙を投票用紙として、社会にとって、自分にとって必要と思う公益活動をする団体に投票できます。そして投票をすると、その団体にあなたの入場協力金が寄付されます。それによって、あなたにとって必要な公益活動が活性化して、日本が変わっていくという仕掛けです。


ただの格安ライブでもなく、今までのチャリティーイベントとも違う「楽しむことが誰かのためになる」二日間。この愛フェスにぜひ参加しましょう。

こどもだけの社会ってどこいっちゃたんだろうね

2009年8月16日 09:30

夏休み。特に、普段フルタイム労働で忙しい家内が家にいるわけなんだけど、色々家事やらなんやらやりたいことがあるので、子供がお邪魔になっていることも少なからずあるようで。で、そういう時は、子どもに「外行ってこい」となるんだけど、でも、なぜかお父さんがついていくわけなんだな。まぁ、僕自身も別にお休みの日なので、それ自体はイヤじゃないし、気にもならない。
で、そういう状況で、下のやんちゃ坊主(性別は女なので、じゃじゃ馬娘が正しいのか)と、散歩に出ながら家の近所を散歩しながら自分の夏休みはどうだったかなとか思ったわけです。

何のことはない、近くの子どもが常にたまっている公園や広場に遊びに行っていたわけです。親に行けと言われるまでもなく。で、近くの木工所の5時のサイレンを聞いて、家にみんなで帰っていたように思います。今思うと、そこに、大人なんか誰もいなかったよなと思うんですね。幼保ぐらいの子から、中学生ぐらいの子までたまっていて、相互に友だちで、相互に面倒見合って、小さい子でも安全に遊べたし、大きな子でもそれなりに楽しめていたように思う。
当然、それなりに怪我もしたし、いざこざも良くあったし、僕なんざ良くいじめられもしたし。それでも、そういう広場というか公園は完全にこどもの社会で、夏休みであれば毎日欠かさずラジオ体操が終われば、そこに誰が言うまでもなく集っていたような気がする。
変な話、夏休みの宿題なんざやった記憶は全くない(というか、実際に全くやっていないのだから記憶もない)けど、このつどいの場には、ほぼ毎日欠かさずに行っていたように思います。家族旅行は、お盆の日に東旭川の叔母の家に親戚一同が集うというのだけ。でも、何の不満もなかったし、思いっきり楽しかった記憶です。

翻って、今の自分の子ども達はどうなのかなと思うと、少し考えてしまう。ラジオ体操が終わったら、家に連れ帰って宿題をさせて、子どもも外に遊びに出ることはなく、ゲームやマンガで一日過ごすという感じ。ゲームやマンガが悪いというのではなく、僕らも、小学校3年生の頃にはDSのはしりのようなゲーム&ウォッチがあったし、コロコロを読んでいたし。でも、何が違うのかというと、それは、件の集い場である公園や広場に持っていって皆でやっていたわけです。地域によってはその集い場が家の屋根の上だったっけ。屋根に乗って集団でゲーム&ウォッチをやっている様はカラスのようだと親どもに揶揄されてました。
遊びそのものが決定的に変わったわけではないように思うんですね。場所が変わっただけなんだろうなと。子どもだけの安全な集い場が失われているんだなと。

空間としての公園スペースがないのかというと、決してそういうことではなかったりします。うちも人里離れて(工場と田んぼに囲まれて)いますが、裏の明治用水横のサイクリングロードの休憩スペースとかありますし、街中に行けば当然、もっと公園もあるわけです。そもそも、この原稿を書いているのも、公園のレストハウスなわけです。
でも、その場に自分の子供を1人置き去りにしても、そういう場にはもうならないんですね。そもそも、他の子は忙しく塾やら習い事やら家族旅行に行っていていないわけです。おまけに、たまにいたとしても、治安が悪いので一人置き去りなんて出来ないわけです。道路が怖いので、行き帰りも心配です。そうするとその時点で親が連れて行くということになり、こどもの社会ではなくなってしまいます。

なんだか、こういう「子どもだけの社会」が失われたことに、いわれのない漠然とした不安感を感じるのは僕だけでしょうか。親子のふれあいが増えたといえば聞こえはいいのですけど、親子としか触れ合っていないという状況のような気がします。
多分、安心安全と教育のありようを僕ら大人はもう一度良く考えて、こどもだけの社会が作れるような、大人の社会を構築しなければいけないような気がします。

愛フェスチケット販売してます。

2009年8月15日 19:29

エコバックとチケット秋葉いこいの広場レストハウスにて、9月5日、6日の愛フェスのチケットを販売しています。一枚500円の入場協力金となります。このチケットで、ライブを楽しむだけではなく、気に入ったNPOにメッセージと、寄付をすることが出来ます。

秋葉いこいの広場ご購入者への特典として、5枚以上まとめてお買い上げの方、先着50名様に、愛フェスオリジナルエコバック(200円相当)をプレゼントいたします。

また、バック気に入ったよ、とか愛フェス行けねぇよという方には、このバックを200円でお買い上げいただくと、その売り上げが愛フェスの運営費として寄付されます。

詳しくは、秋葉レストハウスの愛フェススタッフ(≒私)にお問合せ下さい。
---
というか、遠方の方は直接私にいっていただければ、出張のタイミングなどでお持ちいたしますので、お気軽にご連絡下さい。
---
ちなみに、私を通すのがめんどいやって人は、以下のサイトから通販でお求めいただけます。
http://ifes.jp/ticket.html

皆様宜しくお願い申し上げます。

アイリンクへのお問い合わせ

お問い合わせメールフォームはこちら

2016年12月移転 北海道旭川市神楽1条7丁目4−8 お問合わせはメール・SNSアカウントで mail
  • twitter
  • facebook
  • google
  • noimage
  • noimage
  • noimage