1. ホーム
  2. のらマネージャーのブログ
  3. 2009年2月のアーカイブ

2009年2月のアーカイブ

舟橋正浩という人間を使いたい人々へ

2009年2月10日 17:54

タイトルが大上段で恐縮ですが。内容も偉そうです(苦笑)

実は子育てSOHOをやっているときから子供が10歳になるまでこのスタイルですといい続け、10歳になったら起業するか誰かに使われるかは別にして、しっかりとしたスタイルで働きます、と宣言している。ちなみに、下の子が出来てからは、下の子の手がかからないまでということで、40歳まで執行猶予になったという風に宣言して歩いています。
で、おかげさまで、そろそろ上の子が10歳になりそうなので、いろいろなところから、遠まわしな引き抜きというかお声がけを頂いています。これ自体はありがたく大変感謝しています。

ただ、僕を使いたいというかたに宣言しておくことがもう一つあります。
僕が働きたいところで働くという側面もありますが、家内が働かせたいところで働くという側面もあります。いまの舟橋という存在があるのは家内が有るからです。というか、それにもかかわらず離婚の一つでもしやがれというかたには、さらに言っておきます。それをすると、いまの舟橋ではない、安全装置の切れた空っぽの道具の時代の舟橋が手に入ります。ぼくはその時代に戻りたいとはまったく思ってませんけど、生きるためにそうやって働くと思います。
要は、いまの舟橋を雇うためには家内にアプローチすべきだし、空っぽの道具の舟橋を雇う場合でも、やっぱり離婚するように家内にアプローチすべきです。大体、これだけ嫌い嫌いオーラを出しながらも西三河で頑張っているのは、家内がここでしか住みたくないというやわらかい意思表示をしているからに過ぎません。安城でいまの僕の能力が投下されているのは、ある面において完全に家内の一存です。地元の人で僕の能力に感謝している人は、僕ではなく家内に感謝してください。

僕の本質をよく見抜いている社長業の人たちは、すでに妻にアプローチ済みだということに、最近気がつきました。ついでにいうとその人々の会社はどれも働きたいと思わせる会社ばかりです。人をよく観るということこそ社長業の本質なんだなと思います。ちなみに、まだ上の子は9歳ですし、年齢も36歳ですし、1年間はPTA会長で身動きは取れませんので、それ以外のかたでも自由にアプローチください。
さて、PTAの仕事が終わったらどんな自分に化けるかな。自分でも楽しみです。

カクテルブルースin N.Y.

2009年2月10日 11:01

「ほっといてくださって結構、どうせ古着ですからね。それより、フレンチ75の準備にかかってくださいよ」(P.22)

続きを読む

科学革命の構造

2009年2月 9日 10:59

科学をやめて他の職業を採ることが、反証によって生ずるパラダイム放棄の唯一の道だとおもう。(P.89)

続きを読む

SOHOリレーフォーラムinあいち・にしおはず講演録

2009年2月 8日 14:29

とにかく自分の力で自分のブランドで生き始めてる方々が、特に地方・中央とかこだわらずに、住む場所を選ばずに動き始めているのが今の時代で、そういう人たちがもしかしたら社会を変えていく(西村さん)

続きを読む

ブッダの生涯

2009年2月 7日 15:24

ブッダが直接、人生を左右することはありません。(P.194、ダライ・ラマへのインタビュー)

続きを読む

アイリンクへのお問い合わせ

お問い合わせメールフォームはこちら

2016年12月移転 北海道旭川市神楽1条7丁目4−8 お問合わせはメール・SNSアカウントで mail
  • twitter
  • facebook
  • google
  • noimage
  • noimage
  • noimage