1. ホーム
  2. のらマネージャーのブログ
  3. 2009年2月のアーカイブ

2009年2月のアーカイブ

疲れてはいるんだけど

2009年2月18日 17:58

最近、メンタルなことでヘトヘトです。まぁ、理由を知っている人もいるし知らない人もいるし、知っていれば知っていたで要らぬ心配をかけるし、知らねば知らぬで要らぬ心配をおかけしています。それは申し訳なく思います。

でも、ふと思ったのですが、最近の自分の悩みをよく反芻すると、実に人間らしい生活になっているなというだけのような気がします。相手がいる悩みというのは実に人間的でよろしいのではないかと。15年ぐらい前のように、自分で自分を切り刻むような困りかたよりは、今のようにお互いに切り刻むような困りかたというのは、切りつけてくる相手がいないと出来ないわけで、より人間らしい生活をしている証拠なのではないかと。

なので、疲れてはいるんだけれども、人間らしく生きている証拠ということで皆様ご心配なく。というところでしょうか。

SNSはやめました

2009年2月18日 17:56

といっても、都合が在って、地域SNSの「あんみつ」続けております。そもそも運営主体の委員やっている以上これはやめれません。

でも、メジャーどころはみんなやめました。理由は、端的に人のつながりが見えることが鬱陶しいから。実は、自分で以前書いたコラムと、ある意味の矛盾。
書いたとおり、SNSの基本は人のつながりを視覚化するところにあると思っている。人のつながりが希薄になれば社会の自殺率が上がるというデュルケームの秀逸な洞察を待つまでもなく、人間、人と人のつながりが自覚できなくなったときに人であることをやめるのだから、そのつがなりを視覚化したり、そのつながり作りを助けたりするSNSって代物は素晴らしいとは思う。

でも、だ。やっぱりある面で鬱陶しいわけだ。なんというか、田舎の人付き合い的鬱陶しさなのだ。リアルの生活でそういう鬱陶しさに囲まれてしまうと、SNSで全社会に対してそういう鬱陶しさを付け加える事に非常につらさを感じるわけだ。
ただ鬱陶しさの正体は普通に言われているのとは反対。自分の状況を他人に見られる鬱陶しさ、ではなくて、つながっているみんなの状況が見えてしまうことの鬱陶しさ。実は、田舎に住む鬱陶しさの本質って、見られることではなく、実は見えてしまうことなのではないかと、ハタと気がついたわけです。

何か新しい知見も得れたし、鬱陶しさのストレスもあるしということで、辞めさせていただいた次第で。ちなみに、どうしてもSNSで連絡を取りたいというかたは、「あんみつ」に登録してください。招待制ではないので自由に会員登録が出来ますよ。

ユビキタスオフィスのテクノロジー―ブロードバンド&セキュリティが企業を変える

2009年2月18日 12:22

思い出してください。つい最近のある時期まで、人前でノートPCを開くのをためらわれていたことを。あいつはオタクなのか、それともそこまで仕事を抱えてるんだということを誇示したいのか―。(P.188)

続きを読む

あなたの気持ち

2009年2月17日 12:22

自分は努力してきたと思う。(P.6)

続きを読む

世界の名著〈49〉ベンサム,J.S.ミル

2009年2月16日 12:19

共同の利益のために共同の仕事に従事することがなければ、隣人は味方でも仲間でもなく、したがって敵に他ならない。(P.405、、代議政治論、ミル)

続きを読む

アイリンクへのお問い合わせ

お問い合わせメールフォームはこちら

2016年12月移転 北海道旭川市神楽1条7丁目4−8 お問合わせはメール・SNSアカウントで mail
  • twitter
  • facebook
  • google
  • noimage
  • noimage
  • noimage