1. ホーム
  2. のらマネージャーのブログ
  3. 2008年8月のアーカイブ

2008年8月のアーカイブ

NPO法人化チェックリストを解説してみました。

2008年8月12日 16:36

とりあえず、以前に公開したフナハシドットコムオリジナルのNPO法人化チェックリストですが、それほど真剣な内容ではないとはいえ、それ相応に頭を使って作ったものです。
基本的に、はじめの6項目は法人化に関するチェックで、あとの4項目は特定非営利に関するチェックになっております。

基本的に、法人を作ると言うのは、自分とは別の人格を生み出すということで、法人化した時点でその事業はある意味において自分という人格のものではありません。また、法人といえども、やはり手間隙をかけて育てる必要がありますので初めの1、2の項目は、こういう法人というものに合致するかを見ています。
次の3項目は単純に所有権に関するチェックです。日本国内で人格を得ると言うのは、日本国民としての権利を得るということに他なりません。とはいえ、法人として得ることのできる権利で、メリットがあるのは所有権ということになります。3~5の項目はそれを意味しています。
法人は自然人と違い、生物学上の寿命はありません。よかれ悪しかれ上手く行けば、長々と世の中にはびこることになります。その際に、問題があるかどうかをバランスよく見極める必要があります。それが6番目の項目です。

次に後半の4項目です。特定非営利活動は、非会員に対しても行われるべき内容です。というか、本質的に会員は社員ですので、むしろ労働スタッフ側です。対価の有無は別として、サービスの内容は不特定多数向けであることが望まれます。それをあらわしたのが、7になります。
また、その会員(≒労働スタッフ)になりたいという人を試験したり面接したりして選別することはできません。会費を払ってスタッフになりたいという人には変な組織論を持ち出すことはほぼ不可能で、来るものは拒めません。それで運営するんじゃいといえるのであればOKですが、それではちょっとやだなぁというときは、向きません。それが8番目になります。
財務的には、別に収益事業をしてもいい(&非営利活動で対価をとってもいい)のですが、原則、NPO法人は寄付会費での運営を前提とした考えでできています。ですので、その財務原則にあったものがコアであるかどうかは重要になります。よって9番目のチェックがあります。
最後のチェックですが、そもそも、国家が法で非営利活動に法人格を持たせる理由は協働するためみたいなものですので、協働の契約手続きの主体になれるというメリットを生かせないなら、わざわざ取らなくてもいいのではないかと思いますので、10番目の項目になっております。

なので、チェック後もこの辺を考えて会の方向性なんかを考察してみてはどうでしょう。

こんな感じで結構、真剣に考えたチェックなんですよ。試しに是非やってみて下さいね。

ドクトル・ジバゴ

2008年8月12日 12:00

「マルクス主義は、科学であるにはあまりにも自制がたりないと思いますがね」(上P.449)

続きを読む

石川啄木集

2008年8月11日 11:59

いつも子を/うるさきものに思ひゐし間に、/その子、五歳になれり。(P.145、悲しき玩具)
ふるさとの山はありがたきかな(上P.122、煙(二))

続きを読む

家族って難しいな

2008年8月10日 16:35

いや、別にうちの家族がどうのというか、他人の家族がどうのとかいう話ではなく。

この半年で、だいぶ自分自身が人に任せるという心境が見えてきたらしく、他人の作業の多少の瑕疵は見て見ぬ振りをしたり、適宜こっそり直したりするということがだいぶ出来るようになってはきました。個人的に、今年の目標に向かって、ずいぶん進歩したなと思っております。
とはいえ、この他人が家族になると、途端にこれが出来なかったりします。家内であっても難しいのですが、行った言わない合戦、瑕疵あら捜し合戦みたいになってかなり困ってしまいます。とはいえ、家内は別に僕と同じ目標を立てて生きているわけではないので、家内のほうが直すものではないことは確かです。さることながら、子どもに対しても時に同じレベルの発言が飛び出してしまうのが、また情けなかったりもします。
まぁ、こういう状態ではまだまだ、目標達成とは言いがたいのでしょう。せめて子どもに対してはそういうことをしないようにしないといけませんねと思うわけです。で、せっかく家族がひがな一緒にいられる修養のチャンスとも言うべき、夏休みなのですが、どうしても争いを避けるほうを選んで業務がバリバリ入っているわけです。
世の家族を構成している大人はどうやってこの心境を乗り切っているのでしょうか。まぁ、仕事を入れて家にほとんどいないので、おかげさまで、今年の夏は心穏やかにいられそうではありますが、なんら根本解決ではないような気がします。

今年の目標の達成度はこんな調子じゃ低そうだな....。

夏休みの宿題

2008年8月10日 16:33

自営業になって完全に縁遠くなってしまったものに、夏とか冬とかの季節休みがある。文字通り、盆も正月もない生活。そんなんでも、子どもが小学生にもなると夏休みってことになるわけだ。
まぁ、去年、一昨年と趣味炸裂で子どもの宿題を手伝ったりもしたのだけれど、よーく考えたら自分の夏休みはどうだったんだろうとか思うと、偉そうにはいえないなぁと。

小学校の間で、日誌の類を最終日まで紛失しなかったためしはないし、自由研究以外の宿題を出した記憶はない。やるやらない以前に紙自体なくしてるし(苦笑)
親に宿題の指導を受けたのも、小学校2年生の夏休みに、一桁の足し算と引き算がずらっと書いてあるプリントを泣きながらさせられて、結局途中で投げ出してそれっきりになったことぐらい。多分これが、宿題をしない始まりだったような気がする。

なので、夏休みの宿題でじたばたする感覚がすでに分からん。でも、早く片付けろとなりがちらしい。でも、早く片付けることが優先されるのもどうかなぁと。本来は夏休み一杯をかけてゆったりやるべき学習量であるべきなんだろうし、自分でゆっくり考えてやればいいだけだと思う。
この夏休みの宿題のありようってのが、片付けることばかり優先されて、「知を学ぶことは形式を整えて片付けること」と勘違いされる元凶のような気もする。なんだか宿題を出す前にこういう知に対する意識付けをしっかり親御さんや子ども自身にしていかないと、なんだかおかしな話になるんじゃないのかねぇ。

せめて、自分の子どもに対しては、できなくても自分で考えてやることの大切さをゆっくり学べる夏休みにしてあげたいな。とか思う。

アイリンクへのお問い合わせ

お問い合わせメールフォームはこちら

2016年12月移転 北海道旭川市神楽1条7丁目4−8 お問合わせはメール・SNSアカウントで mail
  • twitter
  • facebook
  • google
  • noimage
  • noimage
  • noimage