1. ホーム
  2. のらマネージャーのブログ
  3. 2008年7月のアーカイブ

2008年7月のアーカイブ

アメリカインディアンの教え

2008年7月25日 15:15

皆が子供から逃げていくときにこそ子供を励ましたのです。(P.96)

続きを読む

アイヌ民譚集―付・えぞおばけ列伝

2008年7月24日 15:10

Panampe an.Penampe an.(P14、パナンペがあった。ペナンペがあった。)

続きを読む

現代童話〈2〉

2008年7月23日 07:49

ずっとげんきで、りっぱなにんげんになってください。そしてもしできれば、ちょっぴりでもぼくのことをおぼえていてくれないでしょうか。(P.160、木馬がのった白い船、木馬の手紙)

続きを読む

石川県の子供っていいよな

2008年7月22日 14:23

欲望渦巻く~に関連して、色々頭がトピックスがうごめくわけなんだけど、まぁ、何でも書いておくことにする。

さっき書いたエントリと矛盾するようだけど、基本的に愛知の子供社会ってあんまり好きじゃないんだな。とはいえ、大人として子供社会に対して直接干渉はしない主義なので、四の五のする気はないんだけど。
たとえば、ショッピングモールにキッズコーナーがあれば、愛知のキッズコーナーはまさに先のお祭り会場じゃないけど、奪い合いの場。弱肉強食。で、恐ろしいことに大人はほぼ100%自分の買い物に消えている(ちゃんとお子さんだけにしないでねって書いてあるでしょが)。その挙句に、明らかに対象年齢以上の子供(たいてい、小学校○年生まででお願いねって書いてあるでしょが)が支配してたりするわけだ。おもちゃも、平気で小さい子から奪い取るわ、小さい子は飽きた子のものをそっと掠め取って遊ぶわ、なんというか、自然状態の人類って感じです。
まぁ、親の顔がみたいってよりは、見なくても心根はよくわかるわって感じ。

ところが、その昔石川県に旅行したときに、同じようなコーナーに行ったときは驚きでした。
うちの上の子が1歳か2歳ぐらいで、そこに子供を置いたんだけど、すでに居る地元の子供たちが寄ってきて、積極的に、「いっしょにあそぼ」とか「このおもちゃ使っていいよ」と渡してくれたりするのです。
人のものを奪い取るような中に居ると、うちの子も、手に入れたおもちゃはなるべく手放さないように遊んでいたのだけれど、こういう遊び方をすると、ちゃんとおもちゃに固執しないで貸し与えあうもんなんだなと、関心。いい社会の基本ってここにあるんだろうなと。
何でももらえるので、挙句に、うちの子はあげるものが思い浮かばなくなってしまい、自分がなめているあめを、その親切な子供たちに渡そうとする始末でした。
そのときはさすがに、干渉して、普通の飴を人数分うちの子に渡して配布させました。

基本的に、譲られると譲るようになるもんで、そういう社会になっているといいなと思うわけです。でも、奪い合いの土地で譲りだすと、財力に上限がある以上、瞬時に破産できてしまいます。どうしたもんですかね。

子供は怖いよな

2008年7月22日 14:22

どうでもいい思いでシリーズなんだけど、先のスリーワンロボのエントリーと欲望渦巻く~のエントリーを書いていて、ふと思い出したこと。

小学校2年生だったある日のこと。
昼の休み時間に玄関ホールあたりを友人とぶらついていたら、先生が摩訶不思議な大とその上に箱を載せてそこにもってきたんだな。その箱を覗くと、ピンクレディの映画だかなんだかの割引券だか整理券だかの紙がわんさかあったんだな。
先生が、「おう、もっていっていいぞ」といったので、友だちとラッキーと、その券を持っていこうとしたまさにそのとき、校内放送が。
「ピンクレディの券が玄関ホールにありますので、欲しい人は玄関ホールまで取りに来てください」
と。
すると、ほぼ全校児童が怒涛のように現われ、私は跳ね飛ばされ、その台の足元にうずくまったがさいご約30分間、ふんずけられるは押しつぶされるは、もみくちゃにされ、死ぬような思いをしたんだな。マンガのバーゲンで潰される子供みたいな状態。

子供ってのは、放っておくとこういう状況になって、ある種人間の本能ってこうなんだろうな。なんか、自分の人ごみが嫌いな理由がわかった気がする。うん。さっきのエントリーの愚痴の自己完結だな。

アイリンクへのお問い合わせ

お問い合わせメールフォームはこちら

2016年12月移転 北海道旭川市神楽1条7丁目4−8 お問合わせはメール・SNSアカウントで mail
  • twitter
  • facebook
  • google
  • noimage
  • noimage
  • noimage