1. ホーム
  2. のらマネージャーのブログ
  3. 夏の夜の夢・あらし

夏の夜の夢・あらし

2008年5月27日 08:01

シェークスピアの代表作2編を一冊にまとめたもの。どちらも妖精たちがひと働きする喜劇的な恋愛ファンタジー。夏の夜の夢のまちの商店主たちの演劇が、喜劇の中の喜劇になっていてこれがまた個人的には楽しい。


だめなものであればこそ、それを喜んでやるのが、吾らの心遣りというものであろう。(P.94、夏の夜の夢)

他方で、あらしのほうは若干説教臭い。というか、主人公の爺さんがそもそも説教臭いキャラだからか。

手軽に得た宝は必ず手軽にあしらわれるもの......(P.151、あらし)
大事なのは道を行う事であって、怨みを晴らすことではない。(P.214、あらし)

とはいえ、お間抜けさんたちの素敵な発言も。

休みだ!休みだ、自由だ!自由だ、休みだ、自由だ!(P.180、あらし)

酔っ払いもたわごとも、よさそうな話だけどよく考えるとなんか変みたいな。

人は万人のために働くべし、吾が事に心を用うべからず(P.225、あらし)

ヘビーな悲劇よりは気楽に読めるけど、ちょっとあらしは重いかなぁ。軽いのと重いのでセットでシェークスピアを楽しめるお得な一冊ってことで。

トラックバック(0)

コメントする

アイリンクへのお問い合わせ

お問い合わせメールフォームはこちら

2016年12月移転 北海道旭川市神楽1条7丁目4−8 お問合わせはメール・SNSアカウントで mail
  • twitter
  • facebook
  • google
  • noimage
  • noimage
  • noimage