1. ホーム
  2. のらマネージャーのブログ
  3. 2008年1月のアーカイブ

2008年1月のアーカイブ

主語を抹殺した男/評伝三上章

2008年1月29日 18:50

敗北を認め、相手を勝者と褒め称えることは何ら恥ではない。誤りと知りつつそれを認めない虚栄心が恥なのだ。(P.158)

続きを読む

知らなかったはありえないでしょう

2008年1月29日 13:18

ミートホープの公判のニュースで、元常務が「一族があんなにとっているとは知りませんでした」と。

企業の監査役等をやっている立場から言わせてもらって、「知らなかったはありえません」。
というのは、一般に役員の報酬に関しては、取締役会の決議事項のはずです。まず、これが決議事項であるべきであることを知らなかったのであれば、この常務取締役は、企業役員として許されざる不勉強です。
で、ニュースでは、偽装を始めてから利益率が急上昇し、その利ざやで異常な高給を取り出したとのこと。まぁ、こんな風に逮捕されることを含めて大きなリスクをしょってやったことなのでしょうから、リスクに対する対価だけ見ればそんなもんなんでしょう。

ちなみに、この会社の監査役さんは何をやっているんでしょうね。新会社法になる前に設立されているので、監査役がいると思うのですけど。まっとうな監査役であれば、急激な利益率の上昇も常務の給与と他の取締役との異常な給与差も見逃さないはずです。

ひょっとして、新会社法になってから、偽装を始めたのでしょうか。それなら企業規模によっては監査なしでも許されるので、いきなり数値が変化してもだれも分からないということになります。
おまけに、この方は、取締役会が発生することもないほど、短い期間しかこの会社にいなかったのでしょうか?その短期間に、偽装に気がつき速攻でやめたのであれば、「驚いた」だけで許されますし、賞賛されるべき行動です。でも、報道の雰囲気を見る感じではそんな感じでもないですね。

意外と、この事件で直すべきは、案外、企業監査のあり方であって、それだけで十分なのかもしれないなぁとおもいます。

北海のら2008年1月28日

2008年1月28日 18:16

今日はとにかくまじめに働いたのら。そしてまっすぐホテルに帰ってきたのら。こんなんで僕はのらなのら?

サムライに恋した英国娘--男爵いも、川田龍吉への恋文

2008年1月28日 11:07

北海道の発展に尽くした偉人の2組に恋愛が、英国のグラスゴーと言う地で繰り広げられていたのはしらなかった。

続きを読む

北海のら2008年1月27日

2008年1月27日 17:58

とにもかくにも、今日ものらっぽくないのら。出勤はしたのら。仕事もしたのら。でも、すぐホテルに戻ってきたのら。酒も飲まず本を読んで寝ることにしたのら。つまらんのぉ。

アイリンクへのお問い合わせ

お問い合わせメールフォームはこちら

2016年12月移転 北海道旭川市神楽1条7丁目4−8 お問合わせはメール・SNSアカウントで mail
  • twitter
  • facebook
  • google
  • noimage
  • noimage
  • noimage