1. ホーム
  2. のらマネージャーのブログ
  3. 2007年11月のアーカイブ

2007年11月のアーカイブ

日本の産業界はそんなに情けないのかねぇ

2007年11月 5日 12:49

産学官連携とかいうお仕事を、ここ何年か成り行きでしてて、この1年ちょっとは、大学側からその活動を支える仕事をしているわけなんで、こんなことをかくのもなんだかなぁと思うのだが、ちょっと書きたいので書く。

僕の手元に「イノベーションの創出に向けた産学官連携の戦略的な展開に向けて」なんていう冊子がある。僕自身は、産学連携はドンドカやればいいと思うし、積極的に展開してほしいと思う。それはこういう仕事をやっているからって言うだけじゃなくて、一国民という視点においてもそうだ。

ただ、この冊子を改めてみると、「もっともなんだけど、そうなんですか?」という気持ちがどうしても出てくる。
だって、「大学側が売れるシーズを整備して、官界がそれを利用するリスクをとるから、産業界の皆さん、シーズ使ってくださいね(はぁと)」って書いてあるようにしか読めないわけだ。
そうすると、日本の産業界ってそんなに情けないの?って思えてくる。

市場経済の中の個々の企業体(特に株式会社)ってのはリスクを社会でとるため仕掛けだし、なにが社会が欲していて売れるかを選別し、そのリスクをとって製造販売していくのが産業界を構成する企業の仕事でしょうが。「あなたの仕事と責任を全部持ってあげるね」って言われたら、いい大人なら小馬鹿にされた気がするんじゃねぇのかなぁ。
それとも、委員会の中には産業界の人もいらっしゃるので、ひょっとして、産業界のいい大人がこんなことを、学と官に集ったのなら恥ずべきことだ。

どう考え立って、産学官連携でやることは、産の人間が学の中をうろうろして売れるシーズを自由に探すうえでの相互衝突の解消ルールを決めること、産の人間が学の知財を利用したときに学に対してどういうリターンを出すかを法的に指し示すこと。この2点で必要十分なはず。これはまさに官の仕事ではある。この背反解消やら書類整備やらまで大学やりやがれって、あなたの本業はなにさ。助成金って言う税金によるリスクマネーの投資ではないでしょ。
その上、学にシーズ整備なんかさせて産業界は恥ずかしくないのかね。学のほうが売れるものを産業界より知っているって宣言されているってことだ。

とにもかくにも、この文面どおりの産業界であれば、日本の産業界は恥ずかしい。「官と学におんぶに抱っこでぼろもうけしたい」という無責任な姿しか見えてこない。
まぁ、官からの報告書なので、産業界を貶めたいだけかもしれないけどね。

のらの成り立ち~その3:児童期後編~

2007年11月 4日 17:00

小学校4年生の後半で、またまた転校します。今度は深川と言うところです。

このわずかな間の4年生後半の時の先生の印象は0です。誰だったんでしょうねぇ.....。

で、すぐに5年生になります。
ここでも、結構インパクトのある先生に出会いました。下の名前は覚えていませんが、山口と言う先生でした。「うちの組の名前は山口組だ!」と、担任が分けのわからないインパクトでクラスを支配しておりました。おまけに、クラスの唄には、強制的に松山千春の「大空と大地の中で」が指定され、毎朝と下校時に強制的に斉唱させられました(笑)

個人的には、この状況は嫌ではありませんでした。で、この先生も土日に有志を連れてよく外に子供らを連れ出してくれました。なんでも後に自分の親に聞くと、連れて行くときに、各親御さんには「死んでも知らんぞ」といって、了承した親の子だけを連れて行っていたようです。今思えば結構、危険な中でいろんなことをやらされたと思います。

ここで、僕の仕事や勉強のスタイルを決める事件が一つ起きます。授業中に、ひたすらノートを取っている子がいて、先生の話を聞いていなかったことに、この専制先生が切れてしまって
ノートなんか取るな!俺の話を聞け!
とぶち切れました。で、それ以来うちのクラスはノートを取ることは禁止。ひたすら相手を良く見て話を聞く以外はないわけです。とはいえ、聞き返すことは自由だったし、比較的自由に質問をしたり議論はした記憶があります。
ただ、これ以来、メモを取るのが下手なんですね。とにかく聞いて覚える。必要であれば後でまとめて文章化する。と言う流れになりました。ちなみに、この状態は大学生になるまで続きました。ですが、この週間は結局、社会人になってから元通りで、今でもメモを取らない人間です。
友人の中で、落語にはまった奴がいて、その流れで、理科学書、ノンフィクションに加えて落語と言うものをよく読むようになりました。僕の会話に変な落ちや笑いがつくのは、このせいだと自分では思っています。

あと、学校前の簡易裁判所で、朝早く遊んでいて、気がついたらお昼休みだったとか、夢中になるとほかの事をしっかり忘れるほどあほな人間だということも良くわかったのもこの頃です。

この頃、いろんな意味でのゲームっ子に変貌しました。先ずはまったのはボードのSMGです。もともと、軍艦とか結構ミリタリー物を作る趣味が高じて、書籍にゲームにと展開したわけです。
で、あと、この頃よく遊んだ子のうちが、喫茶店でした。昔、喫茶店はビデオゲームの遊べる場所で、よくただで遊ばせてもらいました。で、しっかり、ビデオゲームの魅力にスッカリ取り込まれました。で、お年玉は、SMG、ビデオゲーム、プラモとものの見事に吸い込まれていきました。
ただ、先生の一言が僕の中でこの事態を正当化していました。「遊びは勉強。勉強は遊び」なので、徹底的に遊べといわれたんですね。その後の人生をある面で方向付けてしまった名言です。

そうすると、自分で作りたくなったり家で遊びたくなったりするのが人情で、一生懸命、チラシの裏に六角形を大量に書いて、厚紙を小さく切って、いろんなSMGを作るわけです。今思えばよーやったもんです。で、プラモのほうも、出来合いじゃ満足できなくて、プラバンを買ってきて色々作ったわけです。
ですが、ビデオゲームってのは雲上世界のもので、どう作っていいものやらと思っていました。

そうこうしているうちに、ファミコンブームってのがうちの田舎にもやってきました。で、ファミコンを買いたかったのですが、旭川のデパートまでいって結局売ってなくて、泣きながらSEGAというマークの入ったゲーム機を購入しました。で、これはこれで結構遊べるので、夢中になって遊びました。ただ、このせいで、世間のマジョリティに背を向けて、マイノリティな人生を楽しむ癖がつきました。

なんだか書いてみてこの一年間で、ひねくれものの原点が出来上がったのが良くわかります。スッカリ人と違う発想法と習慣が身に付いた一年間でした。

で、この後、都会の旭川市に引っ越します。生まれたのは旭川市なので、ある意味故郷帰りなのですが、田舎モノの感性だったので、ものの見事に馴染めない小学校最終年度が始まりました。

なんたって、修学旅行の年です。友達もろくに作れていません。この環境下で修学旅行たってねぇ。今一覚えていません。同じ班や同じ部屋になった子はある意味災難だったかもしれません。でも、夜中に、寝ない子供になにやら怪しい液体を回って飲ましていた担任はいたなぁ。今思うとあの味はウィスキーなのではないかと。
学校生活的には、転校生の癖に図書委員長なるものをやったことを覚えています。恐ろしいことに、そこの学校って図書室がなくて、旧校舎を活用して「図書館」だったんですよね。今思えば、結構本格的な司書業務でした。で、啓蒙用の劇の台本を書いたりしたのがこの頃でしょうか。物書きデビューだったのかも知れません。

家出の生活は、当麻~深川時代を踏襲して、読書、SMG、プラモ、ビデオゲーム三昧でした。プラモは、なにやら賞を取ったことを記憶しています。
で、後覚えているのは、生まれて初めて、映画館で映画を見たことでしょうか。兄と一緒にETを見に行ったことを覚えています。
学校では上手くかみ合っていませんでしたが、なんせ前の年に十分ひねくれものの素質が開花しちゃってるんで、気にした記憶はありません。見事にノートを取らない一年でした。成績は覚えてませんが、やっぱりたいしたことはなかったように思います。

で、なんだかよくわからないうちに、小学校が終了。卒業文集の将来なりたい職業欄に「科学者」と書く子でした。で、中学校に突入します。

人民は弱し 官吏は強し

2007年11月 3日 18:47

善良なる日本人は自国を知り、自己を知り自己を信じ、自己の責任を知り、自己の責任を果たします(同書p138。選挙立候補時のパンフレット「選挙大学」の冒頭より)

続きを読む

はぁ?無法者っすか

2007年11月 3日 12:31

今住む安城市の市役所にはあきれた。もう離婚してでも引越しの方向で調整する。やってられん。友人知人の皆様、ご協力お願いします。

安城市に住むと俺は無法者らしい。無法者呼ばわりされてまでも住みたくはない。
---
デンマーク自転車事情(広報あんじょうp.9)
(前略)
専用道を与えられていない日本の自転車は「ある時は歩行者、ある時は車」と都合のいいように姿を変える「無法者」です。
(後略)
---
個人的には路側帯とか自転車および歩行者専用とかいろいろ法令順守していると思うんだけど、安城市の見解では国内で自転車は自転車であるというだけで無法者なんだそうだ。
自動車に乗れないし、徒歩だけでは多少生活に支障をきたすので、自転車も使っているけど自転車を使うと犯罪者って言うなら、この土地には住めないわな。
専用道をほとんど整備してないのは安城市の行政センスのなさだろうに、自転車が一方的に無法かよ。

市の広報でここまで書くんだから公式見解なんだろうさ。
しかも、この号の表紙のタイトルは「道路は駐輪場じゃない!」。これも結構ふざけるなだ。
歩行者自転車専用道路のど真ん中で普通に駐車&走行する自動車の非常識はどうしてくれる。「専用道は駐車場じゃない!」こそ、先に問題にすべきじゃねぇの?
地域の中途半端なエゴに迎合して、法を遵守しようとしてないのは、市役所のほうでしょうが。

日本国中の自転車乗りの皆様お気をつけください。安城市を通過すると犯罪者になりますんで。

※市に絡む仕事をやっていることもあるので、一応執行猶予で説明もしくは謝罪でも求めてみることにはする。

サプライチェーン戦略

2007年11月 2日 13:11

その昔、GMSの某店舗の商品管理のバイトをしていた。とにかく、当時は仕事が鈍く(というか、今でも鈍い)、計算を良く間違えた。で、当時の僕を担当した正社員は「一度で間違うなら3回ぐらい検算しろ」と怒っていたので、その通り、いつも検算をしていたら毎日の伝票が頭にしっかり入るようになった。で、自然と気がついたのが、実際に売り場で売れているものとバイヤーが買ってくるもののギャップ。で、在庫の山の整理整頓と、返品処理と、不足分の発注処理が主業務みたいな状況だったわけだ。まぁ、いろんな事情があるにせよ、途中の物流に関してはいい加減だったわけだ。

続きを読む

アイリンクへのお問い合わせ

お問い合わせメールフォームはこちら

2016年12月移転 北海道旭川市神楽1条7丁目4−8 お問合わせはメール・SNSアカウントで mail
  • twitter
  • facebook
  • google
  • noimage
  • noimage
  • noimage