1. ホーム
  2. のらマネージャーのブログ
  3. 親学?

親学?

2007年4月26日 10:14

何でも、最近とっても物議をかもし出し続けてくれる(=マスコミの話題に事欠かなくしている)教育再生会議様が「親学」なるものを提言したそうな。
「親学」というものをしっかりと構築して、世間の人に教育していくこと自体はとっても賛成だ。僕自身、子育てに対して愛情不要論者であり、取材活動や自身の子育て経験から子育てというある一定の技術だと確信しているからだ。

なので、当然ある種のベターな手法の体系は構築できるわけで、そういう学問体系や実践体系を医学と医療のようにきちんと構築した上で、きちんと教育していくことは可能だし、僕自身はそれこそが最も重要なことだと思っている。
なので、今回の「親学導入提唱」自体はとっても大賛成なんだけど、中身を見るとかなり激しくガッカリ。
もう、ステレオタイプ的な親像をつぎはぎにしてくっつけて、ただ羅列しているだけ。

正直言って「馬鹿の所業」としか思えない。親学という体系をまずはしっかりと確立するところから始めるべきで、なんかの思いつきで親のやることを羅列して暗記することが親学ではない。これが学問の従事している大先生方が寄って集ってやっているとすれば、もう噴飯ものだし、日本の学術のレベルが知れるというものだ。いわば高度な生物学であり、高度な医学であり、高度な心理学であり、高度な社会学であるはずだ。親子関係も、親を取り巻く環境もきちんと客観的に考慮して検証すべきだ。親学とうたうなら、その学問体系はそうしたものの学際領域であるはずである。
それに対して、そんな思い付きの羅列でそれが済んでしまうという脳みそが信じられない。要は、「日本人にとって学問とは、適当な物事を羅列して暗記することだ」と、偉い先生が声高に言っているようなものである。

海外なんかに配信されたら、親子関係の問題で国辱ものというよりは、こういう学問体系に対する理解に関しての浅はかさで国辱ものだ。
まずはお前らがまじめに現代の社会環境で子育てしろ。しかる後、ちゃんと学問体系を構築せよ。
政策に組み込むなぞその後だ。拙速を絵に書いたような愚策は勘弁願いたい。

トラックバック(0)

コメントする

アイリンクへのお問い合わせ

お問い合わせメールフォームはこちら

2016年12月移転 北海道旭川市神楽1条7丁目4−8 お問合わせはメール・SNSアカウントで mail
  • twitter
  • facebook
  • google
  • noimage
  • noimage
  • noimage