1. ホーム
  2. のらマネージャーのブログ
  3. 2004年2月のアーカイブ

2004年2月のアーカイブ

次世代機とゲームとメディア

2004年2月15日 23:30

今度はもはや何世代目だか分からないが、PS2だのXBOXだのという 製品が市場に投入され、色々世間を騒がしているようである。
最近、ゲーム機でとんと遊ばなくなって来たが、産業として ゲーム市場を考えた場合、そろそろ自分たちが売っているものが なんなのかを、しっかりと見極めるべき時期に来ているのではないだろうか?

ゲームとメディアの境界が議論されて久しい。特に、コンピューティングと 結びつくリアルタイムな双方向性を備えるものとして、TVゲームと言われるものに 次世代のメディアとしての可能性を託し、いわゆる「マルチメディア」としての ゲームを実現する為に、そのハードウェア、ソフトウェアは進化を続けて きているようにも見える。その議論はPSが登場した当たりで一度は最高潮にまで達した。
しかしながら、その議論に答えは出たのだろうか。
ゲームというメディアが本当に確立したといえるのだろうか?
そもそも、ゲームはメディア足りうるのであろうか?
また、ゲームというメディアが存立した場合、それは他のメディアとどう違い 何が消費者に求められているのであろうか?
どれも、きちんとした答えは生まれていないように思う。

消費者も愚かではない。消費者がメディアとしてのゲームを買うのであれば その生き残っていくものが、本来の消費者が必要とするメディアとしての TVゲームである。他方、どんなにメディアらしいTVゲームであっても、 それが支持されなければ、ゲームというメディアとしては失格とも言える。

多くのメディアと呼ばれるものは定着するのに100年単位で時間がかかっている。
そういう意味では、この回答がいまの次世代機ブームという進化の過程で すぐに出るものでもないかもしれない。他方で、WWWやeメールの用に インターネットインフラ上で短期間でメディアとしての地位を築き 生活基盤に影響を持つまでになったものもある。

TVゲームはメディアなのか?
そしてメディアであればどういうメディアといえるのだろうか?
ゲームに関わる産業は、こういう本質的な問いを、再度議論する 価値があるだろう。

セキュリティー実戦~プレゼントサイト3~

2004年2月15日 12:00

前回からえらい間が開いてしまいましたが、検証と運用です。

8.運用手順を考える

検証なのになぜ運用といわれそうですが、運用作業も検証対象なので 運用手順を決めなきゃならない。
今回は小さい話しなので、運用といってもそんな豪勢な話しじゃなくて、次の事を決めます。
a.サイトからメールが来て、プレゼントを発送するまでの一連の作業
b.トラブル発生時のサイトの対応
c.ごめんなさいメールを書く時の基準
d.上記を実践するための日常的なチェック項目とチェックサイクル

これは、簡単で
a.メールが来る→プリントアウト→伝票に転記→プレゼント準備→宅急便を呼ぶ→配送→メール破棄、紙は保管
b.トラブルを定義。公にダメージがあるもの
 荒らしとシステムダウン
  プレゼント目当ての荒らし→一時停止→一行掲示板で告知(別サーバーに用意)
  システムダウン→関連システム内に告知→一行掲示板に告知
c.基準を定義。私的に迷惑をかけたもの
 個人情報の漏洩、配送取り違い、配送忘れ
  メールテンプレートを事前作製
d.チェック項目
  bに対して。
  プレゼント数のチェック、投票数のチェック
  cに対して。
  アクセスのログ、配送履歴、プレゼント在庫数チェック
  ここで、注意する必要があるのは6の個人情報の取り扱い範囲を逸脱しないチェック内容であることが重要です。基本的に運用ははじめのポリシー段階に依存すべきだからです。各種個人情報もチェックするのであれば、ポリシーにさかのぼりそこから検討する必要が出てきます。

9.実施前に検証しよう

検証手順はいたってシンプル。実行前の検証と実行後の検証に別れます。
実行前の検証のポイントは、起こりうることを可能な限り想像する。という事になります。

さて、それぞれの場合でこの実装で大丈夫かを考えましょう

可用性が破られる。
・システムがダウンする。→運用でカバー。8.b.をチェック。
・DDOS攻撃を食らう=システムダウンと考える→運用でカバー。8.b.をチェック。
・コードのバグ=システムダウンと考える→運用でカバー。8.b.をチェック。
一応大丈夫そう。

機密性が破られる。
・ハッキングによる個人情報の取得→サーバー内には残らない。5をチェック。
・ハッキングによるメールアドレスの取得→運用でカバー。8.c.をチェック。
こんなもんぐらいでしょう。おそらく大丈夫。

完全性が破られる。
・個人情報の入力間違え→対策なし
・プレゼントの配送間違え→運用でカバー。8.c.をチェック。
・プレゼント在庫不足→運用でカバー。8.c.をチェック。8.d.で事前防止。
これもこんなものでしょう。入力間違えは防ぎようなしですね。

一応、ポリシーにそってはほぼ完璧そう。 これでいったん実施しましょう。
と、その前に。

10.チェックしよう

運用の中に、チェックする項目をきちんと加えましょう。

メールが来る→プリントアウト→伝票に転記→プレゼント準備→宅急便を呼ぶ→配送→メール破棄、紙は保管

となってましたが、サイトの運用と合わせて

a.メールが来る→プリントアウト→伝票に転記→プレゼント準備→宅急便を呼ぶ→配送→メール破棄、紙は保管→サイトを更新→チェック→はじめに戻る

というサイクルをしていきましょう。でも、何をチェックする必要があるでしょう?
各ステップで、必要な情報を保護していることをチェックすれば良いのです。

1.メールのチェック。
基本情報がちゃんと入っているかを確かめる。

2.プリントアウト
基本情報がきちんと入っているかを確認する。
メールのプリントミスがないかを確認する。

3.転記作業
書き間違えがないかを確認する。

4.プレゼント準備
在庫を確認する。送り先とプレゼントが一致していることを確認する。

5.宅急便を呼ぶ
配送手渡しを確実に行い、配送履歴をとる。

6.メールの破棄、紙は保管
配送履歴、プレゼント在庫を照らし合わせミスの無いことを確認してから破棄する。
つづりに正しく、紙をつづる。できれば鍵付きの棚にしまう。

7.チェック
日々、サイト上の必要な情報を取得する。
ログ、プレゼント数、投票数。グラフ化等を行い解析しやすく保管する。
1~6のステップに作業チェックに抜けが無いかを確認する。

日々の運用の中で、こうしたチェック作業を行っていきます。
対処不能な事態が発生した時点で、はじめに立ち返り、再度検討していきます。
こういう地味な運用のチェック作業は何よりも重要な記録になっていきます。

ぜひ、個人情報等を取り扱われるサイトを運営されているのであれば 最低限このぐらいの検討を行われてはいかがでしょうか?

家族って?

2004年2月12日 13:30

僕の場合、家内の実家の食堂の二階に陣取って事業をしています。というか、そこが自宅なんですね。地理的には、その土地の辺境に住んでいて、様々な託児サービスを受けるためには非常に遠方まで出向かなければ行けないので、その移動時間等も考えると、どうしても、急な外出など、家内か家内の両親に子供のことをお願いすることになってしまいます。

一応、家内を通じて、スケジュールは伝えておくのですが、時々、その調整が上手く行かないことも少なくありません。そのために、お客さんとの約束をドタキャンする羽目になってしまったことも数知れません。そういう時に限って重要案件だったり....。
基本的に事業の種類にもよるのでしょうが、普通の人には「家にいる=PCに向かっている=暇」という感覚が強く、家族内で仕事をしているという理解はほとんど持ってもらえません。しかも、企画書を書く時なんて傍目から見て、90%以上の時間ボケっとしていますしね。そうなるので、どうしても、いざという時に、そっちの暇をやりくりしてくれ。と、なりがちなんですね。
実際は、子供や家事と対面しながら、24時間企画を練ったり、自主的にリサーチをしたりしているわけで、相手の人とのアポは、普通の会社のビジネスと一緒で、「相手の都合」と「自分の都合」を調整して決めるので、暇人が自分一人の都合で暇のやりくりをして決める事ができるわけではありません。だから、アポというのはそのまま事業の信用にストレートに跳ね返るものです。
そういう意味では、家で際限無く仕事をしているというだけであって、睡眠時間を除いて、家でゴロゴロしている時間は皆無なんですね。

幸いにして、僕のお客には、子供を負ぶっていっても文句を言わない寛容なお客様とか、こういう時のドタキャンにも笑顔で許してくれる素晴らしい経営者様も少なくないのですが、全てのシーンでそうできると言う事もありません。
実は、子育てSOHOをする上で、ビジネスという点に関して言えば、お客さんは非常に理解のある味方であることが多く、家族は無理解でそれを邪魔する敵であることが少なくありません。

なので、良く家族と(というか相方と)喧嘩をしますが、だからといって家族が嫌いなわけじゃないんで、喧嘩は喧嘩で一晩ねむって朝目覚めるとけろっとしているんですけどね。

SOHOをはじめたいあなたへ。あなたがSOHOとしてはじめようとしている事業に対して、家族の理解がありますか?
NOだったら家が殺伐としますのでやめましょう。子供はお金をかけて託児所に預けて、ちゃんとどこかに通勤しましょうね。

  • 1

アイリンクへのお問い合わせ

お問い合わせメールフォームはこちら

2016年12月移転 北海道旭川市神楽1条7丁目4−8 お問合わせはメール・SNSアカウントで mail
  • twitter
  • facebook
  • google
  • noimage
  • noimage
  • noimage