1. ホーム
  2. のらマネージャーのブログ
  3. 2001年3月のアーカイブ

2001年3月のアーカイブ

第3回 データベースってなんだ?

2001年3月15日 12:00

無責任な技術与太話が続きますが、気長にお付き合い下さい。
今回から、ようやくWeb-DBのDB(データベース)についてのお話です。一番重要だけれども、一番なじみの無い物であると思いますので、数回かけて、じっくりとWeb-DBのためのDBについての解説をしていきたいと思います。
毎度毎度ですが、Web-DBに必要な5つの仕組みをもう一度書きますと、

 1・当然、情報を発信するためのWebサーバー。
 2・お客の情報を蓄積していくデータベース。
 3・Webサーバー上の履歴をデータベースに渡すプログラム。
 4・データベースから情報を引き出して分析するプログラム。
 5・分析結果に応じて必要なHTML(ホームページ)を
   吐き出すプログラム。

となります。で、今回から2のデータベースに徹底的に特化して解説していきます。一見、Web-DBとは関係無さそうで、抽象的な話が数回続くかもしれませんが、 ちょっと我慢の子で、お付き合い下さい。ちなみに、皆さんデータベースってなんだか分かりますか?ファイルメーカー?オラクル?日経記事データベース?色々な立場で色々な見解があるものなので正解はないのですが、基本的には、以下の二つを備えている物です。

 ・データを格納する形式
 ・データを操作するインターフェース

実はこの二つで十分です。あれ?って思った人もいるのではないでしょうか? 一般にデータベースというと、データの塊だったり、数字の羅列みたいな物を想像する方もいらっしゃるでしょう。でも、それは、データであって、データ ベースではないんです。(もっとも、データの入ってないデータベースはなんの役にも立ちませんが)
ちなみにこの二つを備えている物はたくさんあります。たとえば、エクセルなどの表計算ソフト。これも、行と列の2次元の「データを格納する形式」(カンマ 区切りのCSVだったり)と、色々「操作するインターフェース」(いわゆるエクセルのソフトですね)が、備わっています。そういう意味では、立派なデータ ベースです。また、日常生活もデータベースに満ちています。図書館にある書籍の貸出カード(いまどきあるのか知りませんが)。あれも、データを格納す る形式と、手作業ですが、検索したり情報を書き足したりするインターフェースを備えています。極論すれば、駄菓子屋さんの陳列棚(別にコンビニでもス ーパーでも良いけど)も、ある種データベースと言えます。商品をデータに見たてれば、陳列をするルール(格納形式)と陳列棚から製品を探すルール (操作のインターフェース)が存在していますから。そういう意味では、私達は意識することなくデータベースを活用してきているわけです。

とはいえ、これらのデータベースはWeb-DBに使えるデータベースではありません。 では実際どういうDBがWeb-DBに使えるのでしょうか?当然ですが、「Webサーバー と連動」できるデータベースであることが必要です。あと、はじめに書いたWeb-DBの条件の4を見ると分かるように「データベースから情報を引き出して分析」 出来ることが必要です。そうすると、Web-DBのDBには、以下の4条件が必要不可欠です

 ・データを格納する形式
 ・データを操作するインターフェース
 ・Webサーバーと連動機能
 ・データベースから情報を引き出して分析可能

こうした特性を持った一群のデータベースソフトとしてRDBMS(リレーショナル データベースマネージメントシステム)が知られています。次回以降、このRDBMSについて、あれこれと解説していきたいと思います。----- EXTENDED BODY:

相生乃梅

2001年3月15日 00:00

いいのか?発売前の酒をコラムにして......。
と思いつつも特権を享受したことを自慢したいので書く(笑)

先だって、仕事でWebを作った相生酒造さんに営業の途中で回った時のことです。 相生さん担当のA君と私で、他の営業先を回ったついでに 次の打ち合わせのために寄らせて頂いた時のこと。

A「こんにちはぁ」
相生Bさん「あ、そうそう、ビンでしたね」
と撮影用のビンを用意。そう、このときは単純に撮影用のビンを 取りにきただけでした。で、速攻で帰る予定だったのです。
が、手持ち無沙汰で待つ私に、
B「あ、例の「夢の音色」飲んで見ます?」
仕事中を忘れ、思わず
F「はい」
で、同行しているA君の白い視線を横目に、わくわくとお酒が来るのを 待っていると、なんと、ピンクの「夢の音色」と白い「夢の音色」が登場。
B「えーとですね、こっちが売っている夢の音色で」
と、ピンクのほうを指し、
B「こっちが、火入れをしていない生の「夢の音色」です」
と白いほうを指しました。
で、まずは、市販のほうから試飲。
ちなみに夢の音色の日本酒度は-23度。激甘のお酒のはずですが、 意外と酸味があってフルーツのような味わい。
今までのにごり酒とは一風違った味わいです。
次に生酒のほうを試飲。
こっちは、うん。個人的にはこっちの方が、好きな味。
とはいえ、生は冷蔵保存でも1週間しか持たないとか。

そうこう、夢の音色で楽しんでいると、フラスコに入った 液体を社長がじきじきに持ってきました。
社長「Fさん。こちらもどうですか?」
F「これは何のお酒ですか?」
社長「そこの撮影用に持っていっていただくビンのお酒の原酒の一番いいところです」
F「頂きます」
この辺で既に仕事のことは忘れている私。
一口で、思わず真剣になりました。
本当に美味しいのです。というより、大吟醸でありながらフルーティじゃない。
世のトレンドで大吟醸というとワインのようにフルーティなものがもてはやされる中、 なんとも思い切った日本酒らしさを前面に出した味わい。
社長「どうですか?」
F「これは美味しいですね。でも玄人向き過ぎませんか?」
社長「だからFさんにおだししたんじゃありませんか(笑)」

おだてたって何も出ませんよ。
といいつつこういうコラムを書いて御礼ということで。
ちなみに今度新発売される「相生乃梅」という大吟醸です。
発売日は秘密ですので、皆さん相生酒造のサイトをチェック していてくださいね。

  • 1

アイリンクへのお問い合わせ

お問い合わせメールフォームはこちら

2016年12月移転 北海道旭川市神楽1条7丁目4−8 お問合わせはメール・SNSアカウントで mail
  • twitter
  • facebook
  • google
  • noimage
  • noimage
  • noimage