1. ホーム
  2. のらマネージャーのブログ
  3. 2001年1月のアーカイブ

2001年1月のアーカイブ

不便なクリック&モルタル

2001年1月20日 12:00

21世紀早々、なんかこういうネガティブな事例もなんなのだが やはり2001年のITビジネスを占う上で非常に重要なことではな いかとおもい、ちょっと書いてみたいと思う。
カード文化の普及していない日本では、チケットなどの注文に おいても、ネット注文、リアル店舗で受取というタイプの クリック&モルタル戦略が重要な位置を占めるだろう。 リアルな商品引渡しの場として、コンビニインフラや果ては ガソリンスタンドまで大きく注目されている。
しかし、ことはそんなに単純であろうか?

新年早々北海道でイベントをやることになっていて、航空チケットをネットで予約した。そこには、
「○月○日までに、○○窓口か○○指定代理店までチケットをお買い求め下さい」
と書いてあるのだが、筆者の住まいがど田舎なので窓口は近く になく、指定代理店の受取をしたいと考えた。
が、サイトのどこを見てもその指定代理店はどこにも書いていないのだ。 これだけでも十分不便だったのだが、さらに上を行ったのはその次。 電話帳までひっくり返して、なんとか近くのショッピングモールにある 指定代理店とやらを見つけ、そこに行ったまでは良かった。

F「ネットで注文したのですが。予約番号は....」
店員「え?え?うちはネットの予約はできないんですけど」
F「へ?でも、Webサイトに指定代理店で受け取るようにと。ここはそうじゃないんですか?」
店員「指定代理店ですけどできないんです。その日なら、まだ空きがありますんで、取りなおしましょうか?」

この時点で呆然である。なんのためのクリック&モルタルじゃという気分である。 これが、シーズン限定等の特別割引系のチケットの予約分だったりしたら、オオゴトである。結局いうがままに取りなおしたが、ネットを利用する意味は全くなかったということである。

クリック&モルタルをやるなら、クリック&モルタルに関わる 全ての担当者(特にモルタル側の実店舗)の意識を合わせること。
そして、どこのモルタルでクリックのサービスの延長線が受けら れるのかを明記すべきである。とくに、翔泳社から出ているクリック&モルタルはそういう意味で必読の書といえるだろう。

第1回 Web-DBとは何ぞや?

2001年1月15日 12:00

「Web-DBを作ろう」では、@ビズ東海のメールマガジンに書いているものをベースに最終的にはWebDBを具体的に作ってしまうものをやりたいと思います。 さて、住んでいる所の関係上、三河でいろんな企業さんのインターネットビジネス(e-ビジネス?)のお手伝いを色々させていただいてます。その中で、一番多いお客の種類が「インターネットビジネス」=「ホームページで通販」という単純な図式で、物事を捉えられている方です。

こういう方達にとっては、「インターネットビジネスに参入する」=「ホームページを作る」ということになるわけです。で、私のところに仕事が来るときには、「ホームページ作ってよ」という、非常に単純な仕事になってしまうわけです。で、どうも世間的にでまわっている書籍のせいかどうかは知りませんが、次に来る質問は「おたくは1ページいくらで作るの?」というページ単価の話なんですね。彼らの頭の中には、「ホームページ」=「単純なページの集合体」という風に出来上がっているんですね。よって、「ページを作る手間」=「ホームページを作る手間」になっているようです。

で、世間では、1ページ10万のような超高価なものから、500円(本当に存在していて笑ってしまった)とか言う激安なものまでごろごろしているわけです。あとは見栄えのよさと、値段の兼ね合いで、業者とページの内容が 決まるわけです。

「そうにきまってるじゃん!屁理屈こねてぼったくる気だろ!」と思った人、その人はこれからのインターネットビジネスの敗者になることはほぼ決定的です。
で、実際に儲けるホームページを作ろうとすると、こういう考え方は適応できなくなっています。実際に儲けるホームページを作ろうとすると、そのページ上でお客が何をやっているのかということを自動的に収集し、それを分析して、個々の客を区別し、その好みに合ったホームページを「自動的に作る」のが必要不可欠だからです。いわゆる、お客主導型の仕掛けが必要になってくるのです。

この仕組みを、実現するのに必要なものを考えましょう。

 1・当然、情報を発信するためのWebサーバー。
 2・お客の情報を蓄積していくデータベース。
 3・Webサーバー上の履歴をデータベースに渡すプログラム。
 4・データベースから情報を引き出して分析するプログラム。
 5・分析結果に応じて必要なHTML(ホームページ)を
   吐き出すプログラム。

この、5つが必要になります。この5つをセットにして、一般にはWeb-DB(ウェブデータベース)システムといいます。
ちなみに、Web-DBというのを導入すると、この「1ページいくら?」という考え方が既に成立しなくなります。極論すれば一個システムを入れれば、何万ページだろうが勝手に生成して発行してくれるのです。(実際は最低限のテンプレートデザインとページ構造のデザインは必要になります。ここに、デザイナーさんの腕が問われる場面が登場するわけです。)こうなると、ページの見た目がうんぬんではないので、デザイナーの出番以上に、マーケティングセンスのあるシステム屋さんの出番が多くなるというわけです。また、ページの更新もデータベースにデータを押し込むだけですんじゃいますから、簡単なツールを用意すれば、ページを更新するたびにHTMLをいちいち作る必要もなくなるわけです。----- EXTENDED BODY:

外注コントロールの重要性

2001年1月15日 12:00

年々、企業のWebが加速度的に増えてきているが その大半が、一部製作か完全丸投げかは別にして、 多くの場合外注がかんでいることだろう。

これがケーススタディに適切かどうか不明だが、 2件も立て続けに、外注の力量差のせいで プロジェクトが頓挫寸前にまでなってしまった。 一個は事実上頓挫したといってもいい状態である。 このケースの頓挫したほうを紹介し、Webの構築において 適切な外注の選択が重要であるということを示したい。


ケース:某食品原料メーカー

当初、某印刷会社が仕事を受け、Web計画の進行が印刷物と 同じ感覚で進められているために文字レベルの変更や、 デザイン変更ばかり入り、製作公開までに1年以上無為に時間を費やしていた。 ここでポイントになるのは、製品注文フォームの仕様が未定のまま 進められていたことだ。
この状態から、この印刷屋に入った私のほうに担当が降ってきた。
(始まったころはこの会社の人間じゃなかったしね)

で、わたしのほうで、再設計と仕様を詰め一ヶ月で、注文以外の部分を 瞬時に策定し、ほぼ完成した。注文部分をCGIを利用するものということを 決定し製作に取り掛かった。

で、ここで突然問題が発生した。サーバーを再度安いプロバイダーと 契約しそこでWebの公開をしたいということで、わたしが用意してあった プロバイダーサーバーではないサーバーへの納品の必要性が生じた。 クライアントとしてはいろいろな付き合いの中で、一社に集中させたくない という部分があったようである。そこでプロバイダーだけは付き合いのある 別会社を選択した。
ここで、完全にこのWebが頓挫してしまった。なぜなら、このプロバイダーは CGIを含むあらゆるサーバー再度の処理を認めていないのだ。

これでは納品してもCGIが動かないので通販の注文すること自体不可能に なってしまうことは明白。
で、クライアントにプロバイダーの変更の再考を促したものの、CGI等の技術的な 部分を十分に理解せず、契約済みのプロバイダーの「うちは安いけどちゃんと 普通のことは全部できる」という言葉を信じて、変更はしないと一蹴。
やむをえないので、プロバイダー側に変更を交渉。
プロバイダー側は企業向けWebにおけるサーバーサイドの処理の重要性を まったく理解しておらず、無視を決め込む始末。
一向に埒があかず、無駄に2ヶ月ほどすぎてしまうという事態になってしまった。

これでは、Web公開のタイミングを合わせることも出来ないので プロモーションの組み立ても不可能で、結局なし崩しに始まって 公開しているだけで機能しないWebになってしまった。


さて、このケースで問題点になっているのはなんだろうか?

1・Webの計画を印刷物と同じ感覚で取り扱ってしまった。
2・取引業者を適切な一元化をしないで付き合いの都合で多元化してしまった。
3・Webビジネスを理解しない外注をはさんだ。

この三つが上げられるだろう。

まず、そもそもは、もともと受けた外注であるわたしの会社と 発注側であるお客のほうがWebをまったく理解しないで ことを進めようとしたことに問題がある。それで、無駄なコストを かさませてしまい話がこじれる遠因になってしまった。
次に2であるが、これは発注もとがWebに精通していれば多元化しても 差し支えはないが、今回の場合では、コントロールを他社に任せたまま 仕事を多元化してしまったのが、更なる問題であろう。
ここで、Webビジネスについての理解度が同程度の外注であれば わたしがコントロールできたので問題はなかったのだが、 Webでビジネスをするということが何なのかを理解していない 外注だったので、更なる事態の悪化を招いたといえる。

ちなみに、もう一件のものも、くしくも同じパターンで CGIに関する部分のみをWebビジネスを理解していない ただの技術屋に外注してしまい、仕様も納期もめちゃくちゃに なりかけ、頓挫寸前になった。
しかし、こちらのクライアントは、寸前で力量が違いすぎる 外注を2社コントロールする困難に気がつき、CGI部分の 製作もこちらに任せてくれ、公開も間に合い、そこそこのWebに することが出来た。


教訓として言えることは

・お付き合いで業者を選ばない。
・丸投げするなら、見識と力量のある1業者のみに投げる。
・多数の業者をかませるなら、まずは自分が外注をコントロールできるだけの知識と力量を持つ。
・力量の違う外注を一緒に仕事をさせない。

相生盛

2001年1月15日 00:00

昨年末にここのメーカーさんからWebの製作を依頼されていました。 が、実際に呑んだことがないので、もらった原稿でちまちま作るのが 関の山。いまいち進行しませんでした。

2000年の初詣ということで、自分の子供と甥っ子姪っ子引き連れて 大人数で、深夜0時に神社まで行ってきました。
Y2Kだかなんだか知りませんが、新年早々大騒ぎしているのに、 のんびり初詣なんぞくるシステム担当者はそんなにいないだろうなぁ。
(わたしの会社はシステムがわかるのは私一人なのに堂々と休んだ)
まぁ、行った先は近所の小さな神社で、別段なんかあるというわけじゃないんで 個人的には、さっさとお参りして帰ろうかなと思っていたくらいです。
自分のWebの更新もしたかったし。
で、神社に近づくと、なにやらいい匂いが.....。
周りを見渡すと、なんと、何を血迷ったのかカップヌードルを 神社の境内で振舞ってるじゃないですか。
たしか、その前の年は、おでんを作って振舞っていたのが 大きな様変わりです。
で、もらおうとしたら、ちょうど品切れ。
あの匂いってなんか鼻につくんですよね。
で、食欲をえらいそそるんです。
しゃーないのでお参りをしたら、でっかい杯が突き出されるじゃないですか。
男「どうぞどうぞ。さぁもってもって」
F「う」
勢いで持ってしまう。
で、でっかい一升瓶をもってなみなみと注ぐ。
ラベルを見ると相生盛。
男「じゃ、お兄ちゃん、ぐいっと」
F「え、あ」
で、おなかもすいているので、ぐいっと。
一人で、この調子で飲みつづけていると、 妻が当たり目と紙コップを持ってきて
「これで好きなだけ飲めば?」
そのまま、神前で飲みつづけたとさ。
すきっ腹なのに、ぐびぐび飲んでしまいました。

で、味を確かめ、仕事に反映? じつは、お客の御酒と気がついたのは、もっと後。 やれやれ、仕事となると、人間いいかげんになるもので....。

ちなみに、今日、ようやく納品したWebサイトが、この相生盛を作っている 相生酒造さんのものです。暇だったら見てあげてくださいね。
http://www.aioishuzo.co.jp/
ご意見ご批評承ります(笑)

いちごわいん

2001年1月10日 00:00

まぁ、昔々の思い出ばなしである。
私は中学校3年生だけ北海道の美深町というところにいた。
このころの仲間は、ここのお酒の部屋にもよく出てきてる、Yとか KとかF原とか、今でも付き合いのある親友と言っても良いくらいの メンバーとなっている。

ちなみにここ美深町の特産品のひとつに、なんとキャビアがある。
じつは、そのころからそれとなく知っていたのだが、詳しく知ったのは 今からかれこれ五年ほど前、TV屋をやっていたときだ。
五分ほどの地方紹介番組を作る担当になり、行き詰まって、 たどり着いたのが、このキャビアだった。このキャビア食ったことも 無かったのだが、取りあえず勢いで採用。
そして、人生で初のアシスタントではなくディレクターとして ロケに行ったときのことである。

ロケ地は美深町の某温泉。緊張しまくっている支配人。
支配人「どどどどどどうしましょう?」
F「えーと、メインのチョウザメ料理を並べましょうか」
支「そ、そうですね。おい、もってきて!」
で、テーブル一面のチョウザメ料理。
その中に、まぁ、件のキャビアも置いてあります。
レポーターも席について。
カメラマン「なんかはえないねぇ。Fちゃん」
F「うーん」
支「もっと高級そうに見せましょうか」
で、すっと出てきたのがワイン&ワイングラス。
支「御当地のイチゴで作ったワインです」
F「はぁ」
カ「いいんじゃない。なんか、グラスがあるとそれっぽいよ」
で、カメラマンとお皿の再配置。
さぁ、撮影と言うとき、
支「ちょっと、このビンの向きが」
と、ワインのビンの位置と向きをそっと修正。
カメラにラベルが入るように微調整。うーん。執念。
で、撮影再開。
この間つつがなく撮影が進行。
しかし、Fは緊張でぶっ倒れそうでした。

撮影が終わり。スタッフに安堵感。
で、お気楽に試食へ。皆ここぞとばかりに、食うわ食うわ。
私は緊張が解けずに、折角のキャビアも口に入らないという もったいない状態。
色々3皿のチョウザメ料理の品評をしながら、スタッフの評価は 意外なほうへ。
なんと、皆、口をそろえて
「じつは、このワインが一番うまいよね」
とのこと。
がぶがぶと3人のスタッフで2びんを空ける始末。
悲しいかな、私は1滴も飲めないという結末に。
番組は上手く出来たので良かったにはよかったのですが。

未だに飲めない、このワイン。
一度飲んでみたいものです。

  • 1

アイリンクへのお問い合わせ

お問い合わせメールフォームはこちら

2016年12月移転 北海道旭川市神楽1条7丁目4−8 お問合わせはメール・SNSアカウントで mail
  • twitter
  • facebook
  • google
  • noimage
  • noimage
  • noimage