1. ホーム
  2. のらマネージャーのブログ
  3. 2000年12月のアーカイブ

2000年12月のアーカイブ

リアルへのゆり戻し

2000年12月31日 12:00

ここ数年、ネットビジネスの渦中にいて感じることがあるので、 ちょっと書き連ねたい。

近年、各種評論家の人々から、インターネットやITによって、
ネット文化vs既存文化
バーチャルvsリアル
といった、対立軸が生まれ、パラダイムの変革の時代などと良くうたわれる。
そして、あらゆる、企業文化があたかも科学哲学の世界で言うような パラダイム転換を行うような感覚のストーリーが語られている。
たしかに、これはこれで間違いないのだろう。
私も、1993年来、こうした一種のバーチャルスペースの到来と それによる様々な枠組みの変化が起こるということを、声高に 言いつづけてきた人種である。否定する気はない。
ネットビジネスで成功するモデルは どのモデルにおいても、新しいパラダイムを受け入れたもののみであると よく言われる。たしかに、そう思う。

しかし、人々は、インターネットのインフラの中において、リアルへの回帰、 リアルへのゆり戻しを起こしていると、痛切に感じる。

たとえば、一昔前のインターネットで賛美されていたことといえば コミュニケーションで言えば、CHATやBBS、メールで、世界中の未知の人と 知り合いになれて、しかも匿名性をもって、あたかも、リアルの自分と切り離した バーチャルな自分で、バーチャルな空間で、バーチャルな相手とコミュニケーション できることであった。
もっと、ネットビジネスに関わることで言えば、バーチャルな空間のネット通販で 世界中の製品を一覧し購入し決済することが出来るということであった。

現実に今はどうだろう?
ネットを使ったコミュニケーションの領域は、専用端末の普及など、 新しい次元を迎えると、一気にコミュニケーションの領域が 「現実に合うことの出来る範囲の相手(友人知人)とのコミュニケーション」へ 再び収斂し、また、コミュニケーションのスタイルも、ネットでは最低限の 情報交換のみで、小集団に縮まったとはいえ、現実に会ってコミュニケーションを 取るものを、求められつづけている。ネットを使っているが、 行動の規範はリアルへと回帰しつつある。
また、ネット通販においても、決済においては、バーチャルな決済ではなく リアルな場での決済方法が結局もてはやされ始めている。
また、ビジネスモデルにおいても、店舗というリアルな場を持つコンビニエンスストア などのネットプランが主流になりつつある。
他にも数え場きりがないほどのリアル世界へのユーザー回帰が顕著になりつつある。

「バーチャル世界旅行」だの「バーチャルモール」だの「ホームページで世界と取引」だの「ネットだけで儲ける」だの言っても、もはや、何の訴求力もなければ実効性も ないのである。

この2000年のネットビジネスは、ますます栄えて、バーチャルビジネスが 栄華を誇るだろう。ただ、同時に「リアルへのゆり戻し」が様々な局面で始まる。 かといえど、ネットのない時代に戻れるわけではないので、インターネットの 利便性は利便性で享受しつつ、リアルな場を求める動きが出てくるだろう。 今、ユーザーはバーチャル空間を欲してるのではなく、リアル空間での ふれあいや共感を求めているのである。

これからの10年は、このゆり戻しを軸に、リアルとバーチャルの組み合わせを 上手に行ったビジネスモデルを生み出す企業こそが、大きなコミュニティーを生みだす そうした企業が、これからの時代のリーダーとなるベンチャー企業といえるだろう。 ひょっとすると、持たざる経営神話に乗っかって、いろいろ捨てた企業が、 箱を持っていて、今苦しくなった企業に再逆転されるかもしれない。

とはいえ、思考上の何らかのパラダイム変換が必要不可欠であることに 何の代わりもない。やはり旧態依然の発想しか出来ない経営者では、持ってる箱を 使った逆転劇を生み出すことは出来ないだろう。

2000年代、「リアルへのゆり戻し」というのが、ネットに限らず 様々な場面でのキーワードになることと思う。

キャプテンモーガン

2000年12月30日 00:00

いつぞやの年末に、横浜で忘年会をしたときの話。
愛知県民の私とY田君は、ちんたらと新幹線で横浜の待ち合わせ場所へ。
急いで乗った新幹線が新横浜にとまらず、東京まで行ってタイムロス。
いやぁ、こりゃみんな遅刻で怒ってるぞぉと思いきや、なんと、 まだ誰も来ていないという、こっけいな展開。
Y「ゆるすまじ!F原!」
などと、意気盛んになっていたところ、ようやく、到着。
で、又しばらくすると、コミケ帰りのK氏も合流。
すっかり、B中学の同窓会の様相に。 (ちなみに、Y田、F原、K、Fは同じ中学校の出身です)
Y「じゃ、ゲーセン行くか」
なんか、中学のころとほとんど変わらない行動展開。
そのままゲーセンになだれ込み、狂ったように遊ぶ一団。

で、しばらくして、F原氏行きつけのバーへ。
が、なぜか、そのころになってると、その他の人々も合流。
人数がどんどんと膨らむ。
で、なんと揃ってみたら、当時私が運営していたチャットの常連が ほぼ全員いるという異常事態。
F原「マスター?席ある?」
マスター「あるよ」
と、快く、ほぼ貸しきり状態にしてくださいました。
しかも、飲み放題定額のご提案まで。
もう、そうなれば、大騒ぎモード。
しかも、終電もなく宿泊設備もないという非常にリスキーな状態。
私としては、いい加減騒ぎ疲れてきたころなので、ゆっくり
のんびりしたいなぁと。

んで、天邪鬼な私は、こそっと一人カウンターへ。
F「ども」
マスター「何か別のになさいます?」
F「うん」
辛いお酒という感じじゃないし、でも、リキュールだとちょっとくどいなぁ とおもいつつ、ずらっと、バックバーを見渡すとキャプテンモーガンが。
F「それ、ストレートで」
マスター「ライムかレモンいる?」
F「あーー。そのまま」

で、一人飲んでいると、気が付く人間。
T「なぁに一人で気取ってんだよぉ!」と罵声が。
で、ぞろぞろとカウンターに人間が増えていく。
そして、結局ほぼ全員がカウンターで朝までフラフラになりながら このモーガン一本ですごすという不思議な事態に。
あー、のんびり飲むはずが.................。
つぶれようが何しようが、宿がないので、あとは閉店まで飲むだけ。
集団で気合いいれて、閉店までいつづけました。

このあとは、眠るに眠れずフラフラになりながら、始発ののぞみで Y田君と帰ったのは言うまでもありません。
今思えばかなり無茶な飲み方だった。

  • 1

アイリンクへのお問い合わせ

お問い合わせメールフォームはこちら

2016年12月移転 北海道旭川市神楽1条7丁目4−8 お問合わせはメール・SNSアカウントで mail
  • twitter
  • facebook
  • google
  • noimage
  • noimage
  • noimage