1. ホーム
  2. のらマネージャーのブログ
  3. 1999年10月のアーカイブ

1999年10月のアーカイブ

サッポロラガービール

1999年10月 9日 23:00

え?なにいってるの?ラガーといったら、 キ○ンじゃないの?サッポロは黒ラベル、 キリ○はラガービール。世界の常識ジャン。
とか言われそうですが、 実際にはサッポロはラガービールを製造しております。
というか、サッポロももともと製造していたのは ラガービールで、一番古い味わいを楽しめるビールだとか。
で、これがまた、固定のファンがいるのです。
私の知人の父親などは、大ファンで いまだに、サッポロラガー党だそうです。

でも、実際売ってるのとか、飲み屋で出た記憶ってほとんどないんですよ。

で、会社の帰り。
妻とおじさんと私の三人で食事に行くことに。
妻「何食べる?」
F「って何があるの?」
妻「焼肉かトンカツ」
F「どっちでもいいよ」
妻「じゃ、焼肉」
ということで、焼肉屋に行ったのですが 休業日、で、今度はカツ屋に

で、注文を取りに来る店員さん。
F「あー。ビール。」
店員「生ですか?ビンですか?」
このとき何の魔が差したのか
F「ビンでお願いします。」
といってしまった。
ま、値段同じなのでいいや

数分後、目の前に見慣れぬラベルのビールが........。
「え?」
と、思わず大きな声で言った瞬間、店員さんがビンビールを下げようとする。
間違ったと思ったようで、下げようとしたらしい。
F「いや、あってます。」
店員さん一安心。
さすがにびっくり、バイト先の運搬で一度見ただけのラベル 「サッポロラガービール」のラベルなんですから。

そりゃぁ、驚きますよ。だって、こんな愛知の田舎で、 サッポロラガーが出るなんて。
黒ラベルとはまた違った味で、 また格別です。

カツが来る前の突出しと、このビールで すっかり出来上がってしまいました。

どこで飲めるかですか?
ナイショじゃないけど、わたし、お店の場所知りません(^^;

ヘンリートムジン

1999年10月 5日 23:00

それは、友人Kが愛知県に遊びに来たときの話。
友人のY田君が、T市のある酒屋にK君の お土産を買いに行こうと提案。
で、KとY田と私の3人で、そこの酒屋へ。

なんと、そこの酒屋は、私好みの酒がごろごろ。
まさに宝の山。
特に目が行ったのが、ジンの棚。
余り売っていないトムジン。
しかも、銘柄がもっと珍しい「ヘンリー」
たった一本。
今買わんと、まず売りきれるだろうという感じ。

で、K君のお土産が決定したのにもかかわらず、 小1時間、そのヘンリートムジンとにらめっこ。

金がないので、その場では、泣く泣く諦めるが、 Kを帰りの新幹線に載せるまでの間、延々と お酒の講釈。


それから数週間、北海道に帰って、お気に入りの日本酒を入手。
そして、私も転職したので、それを口実に酒を飲むことに。
Y田君を呼びつけ、Kを呼びつけたが、Kは体調不良で欠席。
で、Y田君、電話で
Y「転職祝いになんか買っていくよ」

何だろねと思いつつ、妻とつまみの調達などに右へ左へ。
で、夜
Y「おう!」
といつもの調子で登場
F「ま、じゃんじゃん飲んでいって」
Y「あ、これ、祝い」
とY田君が袋を出す。
で、開けるとなんと、ヘンリートムジン
F「あ~!よく覚えてたね」
Y「あんだけ、延々と話し聞かされたら、誰でも覚えるは」
F「そんなにモノ欲しそうだった?」
Y「うん」
あとは、久々の酒宴で美味しく飲ませてもらいました。
良い酒は、いつ出会えるか分からないからね。
こうやって、言い触らしておけば巡ってくるもんです。

北海道ワイン・ナイヤガラ

1999年10月 1日 23:00

北海道に行った知人がお土産を下さった。
で、妻が土産話とともに受け取ったので、 私が帰宅すると、そのお土産話を聞かせてくれた。

妻「ねぇねぇ、Mさん達、余市に行ってきたんだって」
F「ほほう!ニッカ工場か」
妻「そうそう、すごぉい良いところだったんだって」
F「だろうだろう」
妻「でね、工場限定のお酒とかかってきたんだって」
F「おおお!」(かなり興奮)
妻「でね、お土産もらってきたんだ」
と、お土産を取りに行く妻。
わくわく待つ私。
妻「はい」
F「なに?これ?」
で、妻が出した袋は、北海道の大定番お土産 白い恋人の石屋製菓のチョコレートファクトリーの袋。
妻「それだけ、土産話聞かせて、お土産はこれなんだわ(笑)」
F「.................(呆然)」
妻「はい」
と、袋を渡してもらう。が、重い。
袋の中を物色すると何やら、ビンが。
開けると、びっくり。
白い恋人ラベルの北海道ワインが登場。
しかも、北海道産ブドウ100%の白ワイン
「ナイヤガラ」
でも、去年チョコレートファクトリー行ったとき そんな商品があることに気がつかなかった。

F「おおお。良い酒じゃん!」
妻「良かった良かった」
ということで、お土産はこれで満足。
やっぱり、お土産は良いもんです。

でも、来年は絶対余市工場へ行くぞ!と 決意が固まる話でした。

インターネット参入要件~Webマスター編

1999年10月 1日 16:30

さて前回は、非技術的であるが重要なことを、列挙してみた。
今回は、Webマスターに必要な技術的知識を列挙してみよう。
その技術を具体的に自分で行使する必要はないが、これを知らないと Webを上手に運営するとは不可能だ。


1.HTML

常識といえば常識。Webページを実際に組むことはなくても、 この知識がないと、適切な指示を製作者に出すことが出来ない。
当然、どのHTMLタグが標準的で、どこまで使うのが許されて いるのかを判断するのが重要である。


2.C/S

クライアント・サーバー(C/S)を理解しなければならない。
これまたあたりまえ中のあたりまえなのだが、サーバーとクライアントの 関係はどうなっていて、Webにおいて、それぞれが行う役割を 理解しなければならない。
特に、現在において、3層C/Sモデルや サーバ用OSの動向等の知識は必須だ。


3.セキュリティ

販売関係のサイトや取引関係など、金銭の授受が発生するWebでは この手の知識は必須だ。
最近では、個人情報の漏洩の問題など、そうではないサイトであっても 神経を配らなければならない。
公開鍵や認証システムといった技術動向に明るくなければならないばかりか セキュリティーポリシーの策定事例などから、自社内のセキュリティー 意識の向上などを同時に図る必要もある。


4.サーバーサイドスクリプト

どうも、Webの製作者サイドから物を言わせると、プラグインやJavaScriptなど クライアントサイドの技術を好むことが多いが、ビジネス上、それらはほとんど 実効性がない。むしろ、Webを運用する上で遥かに重要なのは、サーバーサイドの 技術だ。
CGIのみならず、PHPやASPなど、様々なサーバーサイドの機構について精通し 適切なシステムを選別することが重要である。


5.データベース

これからのWebビジネスや、イントラネットの軸になるのがこれである。
顧客の情報や取引情報を一手に管理し、適切なサービスをWeb上で展開、 さらには、データを分析し、素早く業務改善にまわすなど、今後の ビジネスの基軸になる技術である。
自分でDBサーバーの構築は出来なくても良いが、DBメーカ各社の動向や 自分で簡単なSQLを組む程度の技量は必要である。


上記の技術は、最低限必要な技術である。
本来は、さらに複雑な技術的問題を自力で解決する力量が必要である。
そのためには、日々技術的問題を学習しつづける精神的ゆとりこそが 重要といえる。

  • 1

アイリンクへのお問い合わせ

お問い合わせメールフォームはこちら

2016年12月移転 北海道旭川市神楽1条7丁目4−8 お問合わせはメール・SNSアカウントで mail
  • twitter
  • facebook
  • google
  • noimage
  • noimage
  • noimage