1. ホーム
  2. のらマネージャーのブログ
  3. 大雪の蔵-秋季限定醸造

大雪の蔵-秋季限定醸造

1999年9月 1日 23:00

酒どころ旭川。
たまたま、旭川に帰省する機会があったので、 妻子を連れて遊びに来ました。
で、ここは「酒どころ旭川」という事で、日本を代表する名酒の蔵を 一回りしようと、たくらんで、3つ回ってきました。

で、まずは、旭川の新進気鋭の日本酒醸造所「大雪の蔵」
ここは、主に焼酎で名を馳せた合同酒精の日本酒の新工場。
さすがに、最新の蔵らしく、オートメーション化による醸造で 安定した味を提供する事を狙っています。
とはいえ、決して無味乾燥な大量生産、大量消費型の 安酒を造っているのではなく、 地元の材料をいかした、品質が高い酒を提供しています。

しかも、旭川の情報発信基地をも兼ねて行こうという意気込みも高く、 ギャラリーや地元の素材をいかした非常に美味しいランチ(私の妻は 大絶賛でした)が食べられる食堂など、一日ぶらりとしていても 厭きる事は無いでしょう。

しかし、やっぱり、蔵元と言えば「試飲」
当然、私達もたかるように試飲コーナーで、試飲の出来る4種類を がぶがぶと試飲。
で、特に「これは!」と私が感動したのは、 しぼりたての生酒。
米に、地元の「キララ397」を用いた大雪の蔵、自慢の一品。
そして、この蔵での量り売りのみ。
「よっしゃ、買うぞ!」と、いきこんだものの、店員さんの
「これは余り日保ちしないんですよ」
の一言に、お土産として持ちかえる事を断念。

で、次に感動したのが、「大雪の蔵-秋季限定醸造-」
これも、キララ397を用いた吟醸酒。
味は、「これがキララか?」と言いたくなるような、 非常にフルーティなワインのような味わいを持つ絶品。
が、しかし、蔵元のみでの販売。
これは、お土産用にちゃんとしたパッケージになっており 持ち運びもOK
で、この蔵からのお持ち帰りはこの一本に決定!

旭川に来た方は、ぜひ、この大雪の蔵でランチを食べて キララ397で作ったお酒の数々を堪能してください。

トラックバック(0)

コメントする

アイリンクへのお問い合わせ

お問い合わせメールフォームはこちら

2016年12月移転 北海道旭川市神楽1条7丁目4−8 お問合わせはメール・SNSアカウントで mail
  • twitter
  • facebook
  • google
  • noimage
  • noimage
  • noimage