1. ホーム
  2. のらマネージャーのブログ
  3. 1999年4月のアーカイブ

1999年4月のアーカイブ

ぶどう酒

1999年4月18日 00:00

あ?ワインじゃないのって?違う違う。
あくまでも「ぶどう酒」
東京の四谷駅のそばの、以外と気楽な感じの、欧風料理のお店。
ここのお店で、フィルハーモニーを聞きながら食事を楽しむ会があって、 仕事で、そいつをインターネットで中継する事に。

まぁ、演奏も、お客様のマナーも良く、撮影している私達の小ざかしさが 目立つほどでした。
あわただしい撮影も終わり、スタッフの労をねぎらうという事で、 裏でご馳走になる事に。(こういうのが前の仕事は美味しかった)

うーん。すごい美味しい。肩肘張らない味だけど、こう、 高級感のある味。
そして、それに付いて来ている、赤ワインのようなお酒が実に旨い。
えぐみが無くて軽やか。そして、ブドウの風味が非常に強い。
私好みの味である。

上司とコースを食していると、シェフが来て
シェフ「本日はありがとうございます」
F「いえ、こちらのほうこそ、こんなにご馳走になって」
シェフ「どれがお気に召しましたか?」
皆めいめいそれぞれの料理を誉める。が、
F「このワインがすごく美味しいです」
S(上司)「Fくん、こちらのシェフは三ツ星で修行した方なんだから、料理を誉めないと」
F「いや、でも、皆さん一通り、料理を誉めたようですし」
シェフ「うれしいですね。そのぶどう酒を誉めていただけると」
F「ぶどう酒ってワインですよね」
シェフ「ワインではなくて、ぶどう酒なんです。山梨の醸造所に委託製造してもらってます」
F「へぇ。でも、ワインを頼まれる事もあるでしょ?」
シェフ「確かにありますけど、日本では、ワインよりこっちのほうが美味しいと思いますから」
F「どういう事ですか?」
シェフ「どんなに良いワインでも、日本に持ってきては、意味がありません」
このシェフの主張はまさに「ワインに旅をさせてはいけない」という事である。
最高級のボルドーどいえど、日本のように遠くの風土の違う土地に持ってきては 価値半減してしまう。
このシェフの、地元主義は確かに、出てきた料理にも反映していた。
あくまでも、日本の食材にこだわる。
そして、シェフがいうには
「一番美味しいのは、その土地のものです」
F「それでも、日本のワインでも良かったのに」
シェフ「ワインだとどうしても、ブランドとかの関係で、日本のものは低く見られがちですし。それだったら、自分のスタイルに合う一番良いお酒を用意したかったんです」
この、お酒の味まで妥協を許さない、料理への厳しい姿勢。
それは、安易にフランスにかぶれることなく、ブランドに頼ることなく 自分の舌で、自分の感性で、本当に美味しいものを追及する姿勢。
それが、このお店のくつろぎと美味しさを生むんだなぁ。
非常に感動してしまった。
F「すごく気に入りました。で、ぶどう酒をもう一杯」

このぶどう酒、また飲めるなら、なんとしても飲みたい一杯です。

安城いちじくワイン

1999年4月15日 00:00

最近は、すっかりお酒も弱くなって、昔
「40度以下のアルコール飲料は酒じゃねぇ!」
などと豪語してたのはいったい何処へやら。
とはいえ、お酒は好きですし、のんびりお酒を飲みながら このホームページをたいていは作っているのですが。

いま、新たに住んでいるのは愛知県。
はっきり行って、未知の土地。何が特産品で 何が美味いのか?気にはなるけど、全くの未知数です。
気合を入れて100話目指して、お酒の話をバリバリ書いていると、 妻が話し掛けてくる。

妻「ねぇねぇ、いちじくワインて飲みたくない?」
F「いちじくワイン?なにゆえに」
妻「いちじくって、この辺の特産品なんだよ」
F「ほぉ」
妻「小さいころは、いつでも食べれたんだよ。食べた事無いの?」
F「ない。北海道じゃ栽培してないと思うぞ」
妻「ふぅん」
F「うまいの?いちじくって」
妻「味は好きだよ。匂いが嫌いだけど」
F「ふぅん」
妻「それがワインになってるんでしょ?なんか想像したくない」
で、しばらくして、いちじくワイン登場。
ラベルを見ると「安城産いちじく100%」
「限定醸造」「限定販売」などと、私の好きそうなキーワードが。

取りあえず注いで飲む。
F「ふぅん。別に匂いも変じゃ無いよ」
妻「どれどれ。ちょっと頂戴」
F「はい」
妻「うっ。この匂い........。」
F「そんなに変な匂いか?」
妻「なんか、煙草のヤニみたいな匂い」
F「..........。」
飲んでみる、妻。
妻「味も、なんかべたべたの甘口」

そこまでマズイかぁ?!
ま、日本全国どこでも、 けっこう地元の特産品は地元の人に嫌われるようです。 わたしも、その土地を離れて暮らすまでは、 その土地の特産品なんて死んでも口にしたいと思わなかったしなぁ。 いまでこそ、北海道の食いものは自慢の故郷の味ですが。

で、お酒の部屋のお話が一つ出来てしまう(笑)

シンハー

1999年4月14日 00:00

有名な東南アジアのビールです。
これがまた結構、向こうの料理に会うんですが。
ある夏のお話で...........。

愛知県に遊びに行ったときにエスコートしてくれたSさんが 東京に遊びに来てくれました。
なんでも、ノートPCが欲しいとか。
こーゆーのは、やっぱ、秋葉原だよなぁ。という事で、 Sさんを連れてきてくれた、おじさんも一緒に、秋葉に行きました。
ま、彼女好みの、小さ目の良いノートが早めに見つかったので、 おじさんが、
「飯でもくわんか?」
と、いうのですが、この秋葉ですよ。
F「うーん。美味しい飯屋はちょっと.........。」
おじさん「いや、なんでもええて」
F「駅前になんかあるとは思いますが.........。」
おじさん「じゃあ行くか。」
で、入ったお店は、味は最低。量は多すぎ。
で、3人で沈黙。
しょーがないので、浅草行って、遊び倒し。
で、帰るというので、そこで解散かなって思ったんですが、 おじさんが、家まで送ってくれるとの事。
で、計らずも千葉まで送ってもらう事に。
S「ねぇねぇ、もう遅いし、晩御飯食べていこうか?」
おじさん「いいねぇ」
S「なんか、良いお店ある?」
F「うーん。ろくな飯屋ないけど」
S「Fが普段食べているお店でいいよ」
F「ほとんどコンビニ弁当だけど.......。」
S「...........。」
F「あ、タイ料理とかOK?たいしたもの無いけど、そこならまともだよ」
S「いいねぇ。いいよね。」
おじさん「ああ、まぁええんじゃないか」

で、近所のタイ料理屋へ。
S「何が美味しいの?」
F「え?おれ、ここでタイ風のラーメンしか食ったこと無いよ」
S「ふぅん。じゃ、それにしようか」
で、結局タイ風のラーメンとタイ風のチャーハンに。
どかっとした体格の女将さん風の女子大生が、注文を受けて、厨房へ。
おじさん「結構時間かかるなぁ」
S「なんか飲む?」
F「ビールくらいしかないよ.......。」
S「じゃ、ビールで良いんじゃない?」
F「まぁ、こういうところだし、シンハーなんてどう?」
S「じゃ、それにしよう」
F「シンハー2つ」
シンハーを飲みつつ、ラーメン登場。

ラーメンと、薬味が数種登場。
S「これどうやって食べるの?」
F「好きに味付けて食うんだよ」
S「Fはどうやって味付けるの?」
で、自分流の味付けを。それを見て、皆めいめいの味付けをはじめる。
食べながら、シンハーを。
S「結構、本格的なタイの屋台みたいだね」
F「でしょう」
で、おじさんは終始沈黙。
Sさんは、タイラーメンとシンハーの組み合わせは気に入ってくれた様子。

まぁ、よかったよかった。
おじさんが終始沈黙の理由?
味付け失敗して、謎な食べ物になってしまっていたのです。
ちゃんと味をつけてあげれば良かった。
うーむ。
次回には良いものを食べさせてあげたいものです。
折角Sさんを連れてきて下さったのですから。

こけるインターネット戦略の典型

1999年4月 1日 12:00

多くの企業では何やらインターネットは必要になってきている という認識はあるようではある。
しかしながら、たいていの場合、既存の部所の人には対岸の火事に 見えるらしい。 せいぜい、広告を流すためのテレビの代替物か、 受注をとるおまけのチャネルくらいに思っている。
はっきり言えば、こんなことではWebは成功しない。 成功したサイトと言うのは、ほとんど、Webのための企業体制を整えている。 Webの利用と言うのは、本来は企業の総合戦略の一部であるべきもので、 そこだけ取り出してどうこうできるものではない。

あきれ果てる事例を一点、紹介しよう。
こんな姿勢でWebを作っても全くもって無駄であるという 典型的事例である。

大手A生保は、かなり見栄えのきれいなWebサイトも持ち 大きなシェアも獲得している。


あるとき、「相手の指定の保険」の乗換えを行ったが、 その後、審査でその保険への架け替えが不可となった。
こちらが、「そちらが勧めた保険なのになぜそんなことが起きるのか?」と 問いただしたところ、
「個人情報は担当者にまったくわからないので、架け替えといえども、そういうことは起こりうる」とのこと。
そのいきさつ上、多少不信感があって、解約を通知。
そのときの無効の担当者の捨てゼリフが
「審査の情報は他の生命保険会社にも渡りますのでそのつもりで」


で、このことをWebを通じて、A生保のクレーム係に伝えようと思ったところ、 Webには、保険の受注以外、一切ユーザーからの声を受け付ける構造を 持ち合わせていなかったのです。


その後、仕事の関係で、このA生保の方とお会いして、某地図サイトに 営業所などを登録して、ユーザーの利便性を向上できるようにしては いかがかと提案したところ、
「営業所以外のショールームなら言いのですが、営業所はマズイですね。 そこに解約のユーザーが殺到しますから」

この1、2、3を見て、この企業がいかにWebを出す価値がない業務をしているかお分かりだろうか?

まず、1である。
Webの世界で今一番ユーザーが神経質になっているのは、ユーザーの個人情報の漏洩である。その一方で、企業側は最低限の個人情報から、「ユーザーにメリットのある提案」を生み出すことに躍起になっている。いわゆる、Webを活用したOne To Oneマーケティングである。
この生保は、個人情報をユーザーメリットのある商品開発には活用しないのに、 解約したユーザーへの嫌がらせのためには、個人情報の漏えいは行うと言っているのである。

次に2、3である。
まさに、ユーザーの声を無視して、自分の都合の良い商品を売りつけようという精神である。
Webでは、売りつける以外のことをしない。その姿勢が明確である。 Webで、商品を購入しても、その不平不満はどこにもぶつけられない。 いいかげんなものを売るだけ売って、ユーザーからクレームが来ることを 恐れる典型的な企業である。
はっきり言えば、Webでプロモーションを拡大するより先に、 適切な商品開発をして、誠実な営業を端からすれば良いのである。

日本的な企業姿勢が、Webににじみ出ている良い例と言えるでしょう。 Webの成否以前じゃないか?といわれると、その通りなのである。 多くの企業のWebというのは、そういう背景のもとに成立しているのである。 インターネット以前の企業がWebを出すのは実は大いなる無駄でしかないということだ。

大企業で、こんな程度の低い事例しかないのは、あきれる限りである。

※日経ビジネス2003.12の年末合併号P.8.にて、A生保ではないが、「第一生命が異例の和解」という形で、大手の生保の乗換に関するビジネスの不誠実さが取り上げられていた。考えてみれば、このような形で契約が取り消せたのはむしろラッキーで、すんなり契約ができていれば更なる不利益を被ったかもと思うとぞっとするものである。
----- EXTENDED BODY:

  • 1

アイリンクへのお問い合わせ

お問い合わせメールフォームはこちら

2016年12月移転 北海道旭川市神楽1条7丁目4−8 お問合わせはメール・SNSアカウントで mail
  • twitter
  • facebook
  • google
  • noimage
  • noimage
  • noimage