1. ホーム
  2. のらマネージャーのブログ
  3. フェイマス・グラウス

フェイマス・グラウス

1999年3月14日 00:00

結構好きなブレンデッドウイスキーです。雷鳥のラベルで有名。
まさに、フェイマス(Famous:有名)です。
ま、それが由来って訳じゃないんでしょうけど。

いつもの行きつけのバーでの会話。いつものほろ酔いモード。
F「ラスティーネール頂戴」
このカクテル、ドランブイとスコッチを混ぜるだけなので、 スコッチしだいで味が様々です。
I「じゃ、いつものレシピのやつで良いね」
F「うーん。たまに変えたいなぁ」
I「何にする?」
F「どのスコッチが合うのかなぁ?」
I「うーん。大体のバーは、カクテルで使うのはこの辺かなぁ」
で、マスターが出したのはカティーサーク。
確かに、味も軽やかでクセが少なくカクテル向きではあるけど。
I「もっとも、どのバーでも指定が無ければ、大抵は水割りでもカクテルでも同じ決まったウイスキー使うよね。」
F「確かに。ここのジンのカクテルは、いつも黙ってたらタンカレだし」
I「で、何にする?カティサーク?」
F「あのさ、ちなみに、ここのデフォルトは?」
I「あ?ああ、普段使うやつね。うちはこれかなぁ」
マスターが出したのが、フェイマス・グラウス。
F「へぇ。美味しいの?」
I「カティサークよりはFさん好みだと思うよ」
F「そぉなの?」
I「ちょっと作ってみる?」
F「うん」
ところが私の目の前に出てきたのは、ショットグラス。
F「あれ?ラスティーネール頼んだつもりだけど」
I「いや、ちょっとそれで味見てみてよ。残ったのでラスティーネール作るから」
F「なるほどぉ。一杯で二度美味しい」
で、それ以来、ここのお店で飲みなれたカクテルでも、珍しい原酒で作るときは、ちょっと一杯味を見させてもらってます。

トラックバック(0)

コメントする

アイリンクへのお問い合わせ

お問い合わせメールフォームはこちら

2016年12月移転 北海道旭川市神楽1条7丁目4−8 お問合わせはメール・SNSアカウントで mail
  • twitter
  • facebook
  • google
  • noimage
  • noimage
  • noimage