1. ホーム
  2. のらマネージャーのブログ
  3. TVゲーム主犯論に物申す!

TVゲーム主犯論に物申す!

1998年5月25日 23:30

さすがの私も、今回は頭に来た。
こんな、大馬鹿者が日本社会の主流の責任ある地位を占めているとは。
呆れてものも言えないとはまさにこの事。

1998年5月25日のマンデー日経。
ヒトこと-「キレる」少年どう思う?

某社、経理部次長曰く

>テレビゲームの影響が大きいと思う。
>ゲームの世界と現実を混同してしてしまわないかと心配だ。

根拠はなんだよ。
確かに、Realの意味は遷移してくだろうけど、
「キレる」ことの原因といいきる根拠はなんだよ。
で、どうやら、根拠は次の事らしい

>外遊びが減ったのも気になる。
>昔は集団遊びのなかで自然に対人関係を学んだが、
>今はそういう場もなく、

外遊びが減ったのは、TVゲームのせいじゃないでしょ。
あんたら、経済人たちが経済効率だけ考えて、
外遊びの場を奪ったんじゃないの?
さらには、自分たちに都合の良い受験社会を賞揚して、
外で遊ぶ時間を奪ったんじゃないの?
だから、子供たちはTVゲームで、心のガス抜きをするんでしょ?
原因と結果を自分たちの都合で入れ替えるなんて本末転倒。

>相手を思いやる力が弱くなってるのではないか?

それはあんたでしょ?
子供を取り巻く環境を目先の利潤と給料だけで考えて
子供たちを取り巻く環境の事をちゃんとみてないでしょ?
何にも思いやってないじゃない。


ああ、腹立たしいというか、嘆かわしいというか。
もっとも呆れ返るのは、こんな見解を、疑いもなく掲載する 日経の編集者。

切れる事に関して言えば、悪しきはTVゲームにあらず。
むしろ、キレる子供たちの有効な緩和材として機能してる。
原因はそんな少年を量産するような社会を作って、
反省一つしてない、こういう大人たちだ。
自分が、作りだし、支えてきた社会をもう一度見かえしてもらいたい。

今の社会に順応して、いい思いしてる人間に、
今の社会を変える勇気はないのかもしれないが。



この駄文を書いた後、ゲーム批評7月号にて 某誌編集長がゲームバッシングに対するコメントで

「ゲームの影響を受けていると言われる、すぐキレる人にはゲームのエンディングなど見られないと思う」

というコメントが載っていた。
これは、まさにその通り。あんな難しい今のゲーム、 すぐキレてたらエンディングどころじゃない。 一昔の前のゲームごときの難しさにキレていた、 私の方が、よっぽど切れやすいというもの。
今のゲーマーの方が、よっぽど忍耐強い。

ゲーム業界側も、こういうセンスのある 切り返しが出来るようになってもらいたいな。 (自分への反省も含めて)

トラックバック(0)

コメントする

アイリンクへのお問い合わせ

お問い合わせメールフォームはこちら

2016年12月移転 北海道旭川市神楽1条7丁目4−8 お問合わせはメール・SNSアカウントで mail
  • twitter
  • facebook
  • google
  • noimage
  • noimage
  • noimage