1. ホーム
  2. のらマネージャーのブログ
  3. 科学による説明

科学による説明

1997年11月15日 00:00

いろんな場面で、科学による説明がなされているけど、 それってホントに適切なのかな?

いろんなTV番組で、なんか事件が起こるたびに、 ちょっと変わった殺人なら、心理学者が出てきて 心理学から説明するし、
毒ガスばらまけば、その道の化学や薬学の人が出てきて、 メチル基がどうのなんて解説するし、
地震や崖崩れが起これば、地質学者だのが出てきて、 プレートがどうの、地層がどうのなんて解説もする。

でも、彼らが本当に知りたいことを 説明してくれているんだろうか?

だいたい、多くの人が知りたいのは、
殺人者の心理ではなく、なぜ「かれ」が殺されたのかとか、 自分は大丈夫かどうかだろうし、
サリンがどんなメカニズムで生命を死に至らしめるかや、 どうやって作るかではなく、 なぜ地下鉄にサリンがばら撒かれたかであろうし、 具体的にどうすれば、自分の身が守れるかだろうし、
どんなメカニズムで直下型地震が起こるかではなく、 また、どんなメカニズムで崖崩れが起こるかではなく、 自分の住んでいるところは大丈夫かどうかであったり、 どこが安全かどうかであろう。

そんな事を説明するのにいちいち○○理論が云々、 というのはあんまり適切じゃない気がする。

確かに科学者の言い分としては、 そういう事がわからないと、彼らの知りたいことには 答えられないって所なんだろうけど。

なにがなんでも科学でっていう姿勢は考えものな気がする。

トラックバック(0)

コメントする

アイリンクへのお問い合わせ

お問い合わせメールフォームはこちら

2016年12月移転 北海道旭川市神楽1条7丁目4−8 お問合わせはメール・SNSアカウントで mail
  • twitter
  • facebook
  • google
  • noimage
  • noimage
  • noimage