1. ホーム
  2. のらマネージャーのブログ
  3. ハンディキャップユーザーとゲーム

ハンディキャップユーザーとゲーム

1997年8月12日 23:30

今、デジタルメディアの世界はマルチメディア化に乗っかって、 多種多様の表現手法を生み出していっている。 それは、TVゲームも同様である。
しかしそれらの表現手法も、メディアの本来の目的である、 「伝えること」に使われなければ意味はない。

華麗なデジタルアニメーション、迫力のサウンド。 これらが伝えることの大きさは絶大だ。 しかしこれらを享受できないユーザーがいるとすれば、 それはまったく無意味ではないのか?

先日はっとさせられる、ホームページ(1997時点。現在はサイト閉鎖のため見られない)に出会った。 そこには字幕付のゲームが紹介されているのだ。

こういう観点に立てば、確かにデジタルメディアの ヒューマンインターフェースは不親切である。 目の不自由な方には、あのマッキントシュといえど、 物理的キー接触で判定する、DOSの方が親切だろう。 また、そのページ著者がおっしゃられているように、 音だけのゲームなど、耳の不自由な方には、 何の価値もないだろう。
TVゲームがメディアなら、こういうことにも気を配るべきだろう。 私も、こういうことに気を配っていなかった。 ハンディキャップのある方の社会的インフラ不足についての 関心はあったものの、こんな身近なところに不親切が 横たわっているのに気が付かなかった。

話を戻すが、人によっては、こう言うかもしれない。
「じゃあ、遊ばなければいいじゃない。他にも娯楽なり、 メディアなりあるじゃない」

果たして、その様に言い切れるだろうか?
デジタルメディアは、既存のメディアと大きく違い、 既存のメディアでは代えられない、利便性や、革新性がある。 そして、将来多くのメディアが、 このデジタルメディアに席巻されたとき、 ハンディキャップを持つ人たちにとって、メディアのない世界に なってしまうのではないか?

これらは杞憂かもしれないが、こういった未来を作らないためにも、 身近なところから気遣っていくべきだろう。

トラックバック(0)

コメントする

アイリンクへのお問い合わせ

お問い合わせメールフォームはこちら

2016年12月移転 北海道旭川市神楽1条7丁目4−8 お問合わせはメール・SNSアカウントで mail
  • twitter
  • facebook
  • google
  • noimage
  • noimage
  • noimage