1. ホーム
  2. 旭川のがんばる社長ブログ

仕事と作業

2011年12月22日 10:53

20111220.jpg

アイリンクでは旭川市内の中学、高校などから年何度かインターンシップの受け入れをさせていただいています。10月5日から7日の3日間、旭川商業高校の生徒さん2名にお仕事していただいたのですが先日、その報告書が届きました。

社長さんからのお話で一番印象に残っているのは「仕事をするときにいわれたことをただやるだけでは、仕事ではなく作業になってしまう」という言葉です。この仕事は何のためにやっているのかを考えて仕事をすることが大切だと教えて頂きました。

自分自身、いい仕事をしなくては。なんの説得力も持てないよね。頑張らなくちゃ。

人気ブログランキングへクリックしてね!

クリスマスアレンジメント

2011年12月20日 15:10

20111220-2.jpg

札幌のお客様「アイムフローリスト・花まい」さまから素敵な生花のクリスマス鉢物アレンジメントが届きました。ツリーもなかった事務所がこれで一気にクリスマス気分に。二宮さま、ありがとうございました!

人気ブログランキングへクリックしてね!

44名、122回の新たな出会いに感謝。

2011年12月19日 21:03

20111219.jpg

10日ほどのごぶさたとなってしまいました。なんとか毎日欠かさずにと心を入れ替えたのですが、ちょっと気を抜くとこのアリサマです。本当に毎日があっというまに過ぎてしまいます。その時、その瞬間を大切に。一日ごとの積み重ねにこそ、幸せ感ただよう「リア充」があるはずで。年の瀬も押し迫って来ましたが、もうひと頑張りいたしましょう。

今年の7月に札幌事務所を開設させていただいてから、早くも半年になります。そして、「アイリンク札幌SNSランチ部」としてスタートさせていただきました「札幌ランチセミナー」も6回開催することができ、延べ44名の皆さまと122回の新たな出会いをさせて頂きました。本当にありがとうございます。

札幌の出身でありながら、なぜか札幌に戻るという気になれず、大学を卒業したあとはシムカップ村のトマムリゾートに、そして、いよいよ自分で起業しようという時にもそれまでご縁のなかった旭川でわざわざ起業して、11年目にようやく札幌で仕事をしてみようと思うことが出来ました。特に何か理由があって札幌を避けてきたわけではないのですが、なにか「地域間格差を埋めるためのIT」と「それによって活気づく旭川」って構図にあまりにもこだわり過ぎていたのかも知れません。

ある意味、この札幌への「進出」は決して順風満帆な状況で、満を持して実行されたものではなく、現状をなんとか打開したい・・・という、窮余の策としてのものでした。しかしながら、札幌でのセミナーにご参加いただいた44名の皆さまを通じて、いかにボクが頭でっかちになっていたかを思い知ることができたように思います。民間人の商売である以上、理念がなきゃ飯は食えないが、理念だけでも当然ダメなわけで、札幌で出会った皆さんのある意味、ビジネスに対する貪欲さは本当に刺激になりました。都会で自らビジネスをするってことがどれほど大変で、どんなシビアな競争にさらされているのか、旭川に競争がないというわけではありませんが、結局はぬるま湯に近い温度なわけで、人口規模が5〜6倍違うだけで、こんなに仕事に対する意識が違うんだ…と正直思い知らされた感じがします。

もう二週間弱で2011年も終わりです。一日、一日を大切に、貴重な出会いを頂いた皆さまとのご縁を大切に、感謝の心をわすれずに2012年を必ずよい年にするよう、今年の締めくくりをしっかりやりきりたいと思います。

人気ブログランキングへクリックしてね!

スキー場のオープン状況

2011年12月10日 19:28

今日、12月10日オープンってところがけっこうあって、これで道内のスキー場は道南の一部を除けばほとんどがオープンしたってことになるのかな。

ゲレンデオープン情報

で、このサイトを眺めているとなぜか、ボクの元の職場が載っていない。なんで??どうしちゃったのか、と思ったけど、どうやら無事に営業しているみたいね。よかった。よかった。

昨シーズンは無理やり二回、スキーに行きましたが、足が太りすぎてスキーブーツが痛いのなんのって。思わず靴下脱いで裸足でスキーブーツ履いたけど、それでも旭岳、キロロともに一本が限度だった。わざわざキロロまで出かけて回数券買って、一本だけ滑るおれってどう?しかも、降り方まちがちゃって、スキーセンターじゃない方に滑り降りてしまい、リフトのおぢさんに頼んで一本ただで乗せてもらちゃった。ごめんなさい。

今年は最低3回行くぞ!!そして、一日、二本は滑るぞ!!そのためにはちょっと足、痩せなくちゃwww

そして来年は新しいスキーを買うのだ。ボクの師匠が代理店を始めたこれ。渋い。

人気ブログランキングへクリックしてね!

Facebookで知らない人から友達リクエスト、どうしたらいいの?

2011年12月 9日 18:38

今日の旭川は最低気温が−18.1度まで冷え込みました。冬の冷え込みのピークは1月後半から2月後半にかけてが普通だから、12月としてはけっこう冷えこんだほうです。最近は温暖化の影響なのか、旭川でも−20度前後までしか冷え込まなくなりましたから、久しぶりにピリッと身の引き締まる思いであります。10数年前まで北海道の冷凍庫、シムカップ村に住んでいた頃は−34度とかそんな日も年に一度や二度ありましたから、まあ、このくらいどうってことないのですが。(強がり)

昨日からソーシャルメディアでうまく集客するためのコンテンツのあり方、発信すべき情報とは??みたいなことをズーッと考えておりまして、まずは、Facebookページにアクセスしてもらっても、基本的なコンテンツが充実してなきゃ、意味ないよなあ、と思いまして少し、コンテンツをあれこれ追加してみました。 → アイリンクFacebookページ

これ全部、無料で配布されているアプリを利用すると簡単に制作できちゃうわけで、特に難しい知識も必要ありませんからホント、制作会社泣かせと言うか、なんというか。まあ、肝心なところはある程度のデザイン能力みたいなものとか、HTMLの基本的な知識みたいなものが全くいらないわけではないので、その辺をお手伝いは必要かも知れませんが。まあ、そのあたりのお話はまた別の機会にするとして、よろしければ「いいね!」をくれてやってつかぁさい。よろしくお願いします。

20111209.jpg

で、そのFacebook。よくセミナーの際に質問されるのが、「知らない人からのリクエストをどうするのか?」ってこと。Facebookでは、友達になる人はリアルに「知っている人」であることが基本ですが、そうは言ってもまったく知らない人や知っているけどFacebook上で友達になるほどではないなあという人からリクエストが届く場合があります。そんな時、「せっかくリクエストを送ってくれたのに、承認しないもの悪いなあ」と感じてしまうのが日本人。でも、ちょっと待って!!知らない人からのリクエストには思わぬ危険も潜んでいるから、対応は慎重にした方がいいでしょう。

Facebookで知らない人のリクエストを承認するとあるかも知れないリスクはこちら

要は、知らない人からリクエストが届いた時にどう対応するのか、基本的な自分ルールを決めておけはいちいち迷うこともないし、そして、承認する、しないのルールだけではなく、承認したあとの対応の決めておけば万が一のリスクも軽減できるわけです。以下に知らない人からのリクエストについて、対応策を簡単にまとめてみたので、ご参考までに。

1.友達リクエストを送れる人を「友達の友達」までに制限

一番、簡単確実なのは知らない人からのリクエストを受け取らない設定にしてしまえばいいわけですが、Facebookでは「友達リクエストを受け取らない」という設定はできないで、次のように設定するのがいいかと思われます。

◯Facebook画面右上の「ホーム」の横にある▼をクリックし、プライバシー設定を選択、画面内の「つながりを設定」部分の「設定を編集」をクリック。

名前または連絡先情報を使ってあなたのタイムラインを検索できる人 → 「友達」に設定
友達リクエストを送信できる人 → 「友達の友達」に設定

この設定なら、あなたが友達の書き込みに残したコメントを見た友達の友達しか、あなたに友達リクエストを送る人はいないことになりますから、まったく知らない人からリクエストが送られてくる可能性はずいぶん低くなります。

2.知らない人からのリクエストは受けないことにしちゃう場合。

とにかく知らない人、知ってるけどリアルに会ったことのない人のリクエストは承認しないと決めちゃう。リクエストが送られてきた時に迷わず「保留」を押してしまいましょう。Facebook上の付き合い方は人それぞれ。保留を選択しても相手には通知されません。 ただ、保留のままだといつまでも非表示のリクエストの中に残ってしまうので、その場合は「リクエストを削除」をクリック。さらに「リクエストが削除されました。Facebook外で〇〇さんをご存知ですか?」ってメッセージが表示されるので、ここで「いいえ」をクリックすると、そのユーザーからは二度とリクエストが送られてくることはありません。いずれもあなたがそのリクエストを承認していない、ということ以外、一切相手に通知されることはありませんから安心して手続きを。

3.場合によっては承認することがある場合。

ボクは一応、商売柄からもせっかくのリクエストは活かしてみたいので、一定の要件が合致したら承認することにしています。ただ、基本的には知らない人にリクエストを送るのですから、すくなくとも「メッセージ」を添えてリクエストいただきたいもんだと思うのですが、メッセージのない突然のリクエストって案外多いもの。せめてそこがクリアされていればいちいち基本情報やウオールを確認するまでもないのですが…

リクエスト頂いた方のページにアクセスして、まずは基本データを確認。この時点で「◯◯さんは一部の情報のみ公開しています」なんてメッセージが出たら即アウト。人にリクエスト送っておいて、自分は情報非公開ってありえないでしょ?また、公開していても情報が不十分でどこでなにやってる人だかわかんない人もなし。同様にウオールの投稿が極端に少ない人もアウトにさせていただいております。

そんな状況にも関わらず、友達だけは何千人なんてたくさんいる場合、それはまず悪意のあるスパムアカウントだと思っていいので、その場合はリクエストを削除するだけではなくブロックしたほうがいいかも知れませんね。

あと、上記のルールに乗っかって友達承認した場合でも、個人情報をリアルな友達と同じレベルでは公開したくない場合がありますよね?その場合はプライバシーの設定レベルを同じ友達の中でも分けて設定することも可能。その方法はまた後日のブログで書きますね。 せっかくのFacebookライフ。プライバシーを適切に保護しつつ、楽しく、有効にご利用下さい!!

人気ブログランキングへクリックしてね!

アイリンクへのお問い合わせ

お問い合わせメールフォームはこちら

2016年12月移転 北海道旭川市神楽1条7丁目4−8 お問合わせはメール・SNSアカウントで mail
  • twitter
  • facebook
  • google
  • noimage
  • noimage
  • noimage