1. ホーム
  2. 旭川のがんばる社長ブログ

情報社会学フォーラム「情報社会の進展と地域の未来」に参加した方がいい理由を考えてみた!

2014年7月11日 17:56

20140719foram.jpg


7月19日、海の日がらみの三連休初日でお出かけの皆さまも多いと思いますが、弊社共催のセミナーのご案内をヒトツ。アイリンクシニアマネージャーの舟橋正浩が客員研究員を兼任する多摩大学情報社会学研究所の主催で「情報社会の進展と地域の未来」と銘打ったフォーラムを開催します。

タイトルからは、なにやら難しそうな気配と自分にゃ関係ねー感満載の雰囲気しか伝わってこないかもしれませんが、これからも旭川のような北海道や全国各地の地方都市(県庁所在地以下のレベルの町、もちろん限界集落的なところも含めてね)で生き抜こうとしている人、自分の意志によらずそうせざると得ない人には必聴レベルのセミナーであると勝手に断言しておきましょうw
旭川ではなかなかお話を聞く機会のない人たちのセミナーです。連休初日、どこにも行く予定がないのであればせめて脳みそを活性化させて一日くらいは有意義に過ごしましょう〜

情報社会なんて言葉は決して新しいわけではないのですが、インターネットの出現とスマホの普及が大きく情報社会のありようを変化させたことはまちがいなく、新聞、雑誌、ラジオ、テレビといった従来型メディアと私たちの関係は確実に変化しています。大多数の人間にとって最も接触する時間の長い情報媒体(端末)といえば、未だテレビであることには変わりないかも知れませんが、情報を受け身ではなく、積極的に取得、活用する人間にとっての主たるメディアは新聞からインターネットに確実に変化しました。(その部分、永江一石さんのこの記事はすげ~わかりやすい。ローカル新聞の皆さま、世の中新聞読まなくなった馬鹿ばかりだなんて言ってたらホントに会社なくなりまっせ。)

旅行や出張の時の宿泊や飛行機の予約、お料理のレシピ検索、飲み会や懇親会の会場探し、結婚式場、中古車探し、本や音楽の購入、地方特産品のお取り寄せ、電化製品の購入、銀行口座の管理などなど、思いつくままに書き連ねても日常のこれだけの行動が今やインターネットの情報を介して行われています。もちろん、世代差や個人差はありますが、こうした傾向は一時の流行りではないことだけはだれも疑う余地のないところでしょう。

また、かつて情報を発信する手段を持ちえる人はメディア関連の人に限られていたわけですが、今ではWebサイトやSNSを通じて誰もが自らの情報を自らの手で発信できるようになり、ニッポン中、どこにいても直接届けたいところに届けたいタイミングで、情報を送る事が可能になったわけです。

一般にIT革命とか情報革命だなんて言われる情報技術の急激な進化は、先に書いたように人々の行動を変化させ、情報の流れを変え、メディアのありように大変革をもたらせつつあります。メディア、情報、人の暮らしの変化とは、当然のことながら、それは社会そのものの変化です。そして、ここが大事なところなんですが、今回の情報革命による変化はこれまで工業、物流革命においては、大都市圏から数年〜十年程度遅れて変化してきた地方にも、ニッポンという国そのものが成熟期を迎え、人口の減少傾向に転じた現状とあいまって、都市と同じ速度で急速にその波が押し寄せているということであります。国そのものの構造、大都市圏と地方との関係性、それぞれの環境に裏打ちされた価値観の大きな大きな変化です。

これまで都市圏の仕事であった頭脳労働がインターネットによって地方で暮らしながらも可能になり、加えて地方で仕事の大部分を占めていた肉体労働、単純作業は工業化、ハイテク化、また、物流革命による海外移転などで地方から消えつつあります。その地域に伝承、集積されたものづくり等技術的な仕事や農業などの第一次産業も、情報革命によって一気にグローバル化が進む中、その地域の特色を活かした個性的なものづくりと販売手法を工夫、つまりは自ら考えて発信しなくては生き残れない時代なのです。

地方でこれまで通り暮らし続けるためには、こうした仕事の情報化、高度化に順応せざるを得ないわけですが、都会から地方に豊かな生活環境を求めて移住してくる層が増えていく中、彼らは当然のことながら本物のリテラシーをもってICT武装しているわけで、こうした人達と就職や業務機会そのものを争わなくちゃいけません。これまで通り、地方住民同志、牧歌的人間づきあいの中で仕事が継続できる保証はどこにもありません。また、ニッポンのまた世界の他の産地とも競争する事になれば、地域の産業まるごと衰退してしまうかもしれません。いつまでもメールが使えたらいいやっていう現状の地方ICTリテラシーではさすがに不安です。

さらには昨今も問題になっているように、インターネットを介した詐欺行為等の犯罪リスクはこれからも高度化し、ますます増加するはずです。仕事ではもちろん、いやがおうでも生活のために商品やサービスを購入、消費するためにはインターネットを介してこうしたサービスの提供を受ける機会、必要性があるわけですから、このあたりも無頓着でいると、常にリスクにさらされながら生きていく羽目になるわけです。

こうしたリスクや将来的な不安をただただ漠然と抱えながら日々を送るのではなく、より積極的に地方都市で情報社会を生きぬくために、まず私たちは今起きていることを正しく認識することから始めなくちゃいけないのだと思います。アイリンクでもランチセミナーなどを通じて、情報社会の今を生きるための情報提供を定期的に行っているわけでありますが、今回の情報社会学フォーラムでは、ニッポンの地方人として暮らしていくための今必要な情報社会との付き合い方について、より多様かつ先進的な事例から皆さまと共有することができればと考えている次第でございます。

なんだかんだと自分なりの勝手な理屈をこねての営業トークとなりました。7月19日、ぜひ会場でお会いしましょうね。おまちしております。

 

知りたいことがわからなすぎる。

2014年7月 4日 19:04


ども。サロマで見事、撃沈いたしました。
サロマ撃沈レポートは近日中にワタクシのnote「実録サロマへの道 108kgが100kmを走るまで」で紹介させていただきたく思いますが、ともあれ、ここで立ち止まって入られません。チャレンジはまだまだ続くわけでありまして、次なるターゲットは「第2回 大雪山ウルトラトレイル40kmの部 白滝天狗トレイル」でアリマス。

daisetsu_trail.jpg

実質的なRUN歴も実質1年ほどのワタクシでありますから、本格的なトレイルの大会の出場ももちろん初めて。で、いろいろと情報を集め、準備に備えたいのでありますが、大会公式サイトの情報があまりにも淋しい… そりゃ、なんとなくの情報はわかるし、大会に参加するために、申し込み、当日の集合場所、時間がわかればそれはそれで問題ないのかもしれませんが、もっとコースの特徴やポイントなんかを公開してくれてもいいじゃん!!去年の参加者のデータを見ようと思っても、第1回大会のページはエラー出まくりでまともに閲覧できないし。

それに比べてサロマ100kmのWebサイトの情報量の多さはスゴイ!大会当日の情報提供も充実していて、現地で応援できない選手関係者の皆さまはある意味安心して大会の様子を見ることができたと思います。大会参加者の規模も違うから当然大会運営にかけられる予算も違うわけで、公式サイトのクオリティも当然それに比例することはある程度仕方ないことかと思いますが、やっぱり職業柄、「お金かけなくても、コンテンツを充実することはできるし、サイト閲覧者がどんな情報を欲しているかを考えるだけで、ぜんぜん違うのになあ」と感じてしまうわけです。で、仕方なく昨年の参加者のブログだったり、ネット上に混在する情報をググる必要があるわけですが、まだまだ歴史の浅い大会だけに情報量も決して多くはなく、必要とする情報にたどり着くには、トレイルの技術よりも先に検索技術が必要かも。

前にも書いたけど、今や地方都市、地域のまちおこしイベントとして、マラソン大会は多くの町で開催され、地元ランナーばかりではなく、都市圏など遠隔地からの参加者も数多く参加しています。ボクの友人にも「旅ラン」を趣味とする人は多く、そんな時はやはりどんな大会で、参加者の規模はどのくらいで、競技のレベルはどの程度かくらいは最低わからなくっちゃ、参加するかどうかの判断がつかない。

kanna.jpg

同じトレイルランの大会でも、今年は11月9日(日)に行われる群馬県神流町の「神流マウンテンラン&ウォーク」のWebサイトは決して予算をかけて制作したページじゃないものの、「前回大会との変更点」「試走される方への注意事項」など、選手が知りたい情報が過不足なく整理されていて非常にわかりやすい。今回で6回目の開催だから都度ページを充実させてきたということもあるのだろうけど、選手の立場でどんな情報が必要なのかを想像していただければ、決して難しい作業ではないわけで、大雪山ウルトラトレイルにはこれから北海道、いや、日本を代表するトライルラン大会になってもらうべく、第3回大会のWebサイトには、一層のコンテンツの充実を期待をしたい。え、なんなら、アイリンクでいつでもお手伝いします。はい。よろしくお願い申しあげます。

で、ワタクシはといえば、サロマを終えてそろそろ大雪山ウルトラトレイルの情報を調べちゃくちゃ〜といろいろググったところ、発見したこの方のブログに驚愕しております。今年のコースより4km短いコースで累積標高差、2,272m… まぢっすか… 今回も撃沈覚悟で行ってまいります!!

あなたのお店でランチセミナー

2014年6月26日 12:51

2011年7月に高校の同級生でもある吉嶋くんのビジネス、「総営さぽーと」にご協力いただいて札幌に営業拠点を開設して3年。旭川と同じように月1回のペースでランチセミナーを開催してきましたが、6月でいったん区切りをつけることにしました。
最初の1年間こそ、それなりの人数の皆さまにご参加をいただき活況を呈しておりましたが、ここ最近はちょっとマンネリ感もあってか参加人数も減ってしまい、また、当初は同じお店で開催していたのですが、同店の閉店に伴い、毎月会場を変えて実施することになり、開催店を決めるこの作業もなかなか大変で、ちょっと手間と集客が見合わなくなってしまいました。
いつもご参加いただいておりましたお客様には本当に申し訳ないのですが、一度仕切り直しさせてください。

2014062601.jpg

そもそもランチセミナーは顧客フォローと新規の開拓を目的として旭川でスタート。アイリンクのようなWEB活用コンサルと広告代理を請け負う事業形態の場合、顧客のICTリテラシーの向上は、成長にあわせて会社としても、フォロー、サポートする新規事業分野が増えるということにつながります。
旭川に続き、札幌でランチセミナーをスタートさせたことで、より多くのお客様との接点を創出したいと考えていましたが、せっかくご参加いただいた皆さまとのつながりを十分に活かしきる事ができず、セミナーの質やその後のフォローの体制を含め、至らなかった点をしっかり反省し、次の機会に役立てていきたいと考えています。

ただ、ランチセミナーという仕組みは、飲食店を主体として考えた時の集客とお客様へのサービス企画としても面白いかなと思っています。もちろん、ランチじゃなくても午後の時間帯のティーセミナーでも、夕方からのビアセミナーでもいいし、テーマもICTばかりではなく、ドクターや保健師さんの健康作りに関することやファイナンシャルプランナーのマネー講座など、文化・教養的なテーマも良いと思います。

アイリンクの主催セミナーという形ではなく、飲食店さまが主催するセミナーとして、常連客へのサービスや新規のお客様の獲得のためのさまざまなテーマを取り扱ったセミナーを開催にして集客に役立ててみてはいかがでしょう。セミナーの講師もお店の常連さんにお得意のお話をしてもらったりして、手作りコミュニティセミナーなんかも面白いですね。もちろん、集客やセミナー運営のお手伝いは弊社でさせていただきますし、Facebookやスマホの使い方、個人情報を流出させないためのプライバシー設定など、ICTに関する話題はいつでもお話させていただきますヨ。

毎月の定期開催でも、試しに一回だけでもうちのお店でもやってみようかな〜という飲食店さまがありましたらぜひお声がけください。
北海道内であればどこでもお手伝いさせていただきます!!

2014062602.jpg

まさかのランニングネタ3連発ですが何か?

2014年6月25日 12:07

ってことで、最近よく使うiPhoneアプリ「ランナー電卓」の話。フルやハーフを走る時、何時間以内に走るためには、1kmあたり何分のペースか…などと考えるわけですが、ご存知の通り、フルマラソンは42.195km。ハーフはその半分だから、21.0975kmってことで、いずれもぴったりな数字じゃない。
例えば10kmを1時間で走るってことなら、キロ6分ね!ってある程度は簡単に計算できるわけですが、フルマラソンを5時間以内で走る!とか4時間30分以内でっていう時、どのくらいのペースで走ればいいのかを簡単に計算出来る人はそう多くないでしょう。で、このアプリ。ちょ〜便利っす。こういうのを無料で提供してくれるってナントまあ、ありがたい人もいるものでしょうか?(ありがたい作者さんのブログはこちら
 

IMG_0034.PNGのサムネイル画像

ってことで、ボクの当面の目標であるフルマラソンを4時間以内に走るためには…
く(""0"")>なんてこった!! 5分41秒かよ。まったく気が遠くなるね!!
 

IMG_0033.PNGのサムネイル画像

旭川出張ランのオススメコース

2014年6月11日 13:12

ランニングネタ続きで恐縮でございます。

ランニングを始め、走力を高めるにはとにかく毎日の積み重ねが大事。ってことで出張先でもランニングを欠かさぬビジネスマンランナーも多いことでしょう。って言うか、違う土地、まちの風景の中を走るのは楽しいし、自分もせっかく出張にでたならいろんな町を走ってみたい。そしてせっかく走るならその町のランナーご推薦のランニングコースを走ってみたいものだが、なかなかその町の事情まではわからないもの。札幌の町ならある程度の事情はわかるけど、その他の町だと快適なランニングの出来るコースはなかなかわからないし、ランニングにでるのに便利なホテルの情報も事前にわかっていれば朝の貴重な時間をムダにせずスタートできますね。

ということで我がまち旭川の話。旭川は「川のまち」と呼ばれてもいるそうで、市内中心部にほど近いところを石狩川や忠別川がじゃぶじゃぶ流れておりまして、この河川敷はもちろん信号もなく、天気が良ければ大雪の山並みを眺めながら、自然の中を走れるので快適。

IMG_4089.JPG

忠別川の河川敷は最近旭川駅周辺の整備が進んで、駅南口に隣接する北彩都ガーデンの花たちに癒やされランをどうぞ。神楽橋を経由して神楽岡公園ともつながっていますので、アップダウンのない河川敷だけでは物足りない方はこちらまで足を伸ばしてみて下さい。ちょっとしたアップダウンとトレイル気分が味わえます。(高校のセンパイ、ダイスケさんの旭川出張朝ランのブログをどうぞ)忠別川の河川敷を走る時はなんといっても駅周辺のホテルが便利です。藤田観光ワシントン、ホテルパコ、ホテルメイツ、コートホテル旭川、東横イン旭川駅宮下通など。これらのホテルは出てすぐ忠別川の河川敷にたどり着けます。

また、常磐公園や石狩川の河川敷を走るには、ロワジールホテルかトーヨーホテルがオススメ。ホテルに隣接する7条緑道を通じて常磐公園〜石狩川の河川敷に抜けられます。
ボクは事務所が石狩川河川敷に近いのでいつも石狩川の河川敷を走っています。ぜひ、旭川の出張ランを楽しんでくださいね!


ボクがいつも走るコースはこんな感じ。天気がよければ大雪の山並みを眺めながらゆったりと走れます。

時間がなかったり、まだ長い距離をはしれなければ、常磐公園を何周かするだけでも楽しいです。ロワジールホテル旭川の常磐公園のランニングガイドを参考にどうぞ。

また、出張ランとはちょっと違いますが、旭川周辺のトレイルランコースならこちらからどうぞ。

アイリンクへのお問い合わせ

お問い合わせメールフォームはこちら

2016年12月移転 北海道旭川市神楽1条7丁目4−8 お問合わせはメール・SNSアカウントで mail
  • twitter
  • facebook
  • google
  • noimage
  • noimage
  • noimage