1. ホーム
  2. 旭川のがんばる社長ブログ

中高年層のICT活用促進で地域社会は活性化する。

2011年8月16日 15:09

20110816.jpg

都市、地方に限らず地域にはその地域での暮らしに潤いや元気を作りだす様々な活動団体が存在します。私たちのような企業が加入している商工会議所、商工会や中小企業家同友会などの経済団体を始め、地域や国際社会への奉仕を目的としたライオンズクラブやロータリークラブ、子供と保護者、教師のコミュニティであるPTA、地域活性化を担う様々な市民団体や潤いある日々の暮らしを担う交流サークルや文化団体など、人は自分たちの暮らす社会と家庭や会社以外に様々な団体、クラブに所属することでつながっているのかも知れません。

しかし昨今、地域の暮らしに潤いや元気を産みだすそんな団体やクラブの活動に参加する人数が減っている、活動が停滞してしまっているというお話をよく聞きます。人口の減少傾向が著しい地方の活動ほど、その傾向があり、活動休止状態となってしまっている例もあるようです。

もちろん、人口の減少など地域そのものが疲弊してしまった結果という向きもあるでしょうが、こうした団体やクラブ活動が停滞してしまった結果、地域が疲弊したという要素もあるでしょうから、「にわとりとたまご」論のようなものでどっちが先とはなかなか決められないということもあるでしょう。

しかしながら、ひとつハッキリ言えることは、生活者それぞれのライフスタイルが多様化し、休日や生活時間そのものが個人によってバラバラ。さらににはそうした生活者の多様なスタイルに対応するため、仕事をする側も多様な時間帯に仕事をしていますから、地域を活性化するためにみんなで一所に集まって、さあ、イベントだ!会合だ!という状況にはなりにくくなってしまった。結果として、地域に潤いと元気を産みだすこうしたコミュニティ活動が成立しにくくなってしまっている状況にあるということです。

時間的な同期性と場所の同一性を必要とする会合や懇親会に人が集まらなくなると、当然、こうした団体、クラブ活動はその活力を失っていきます。時間的、場所的な同期性を確保することが困難な時代に、こうした団体・クラブ活動を活性化するためには、時間的、場所的同期生な会合や懇親会といった活動主体から、時間、場所に同期性を求めない、非同期なコミュニケーションを主体するプラットフォーム、つまりICTにその活動の主体を移転する必要性があるのです。

しかし、現状、こうした団体、クラブ活動を支える主たる年代は「ICT」にまだ大いなる苦手意識をもつ中高年層。この年代が不自由なく「ICT」を使いこなし、自らのもつ豊富な経験力を、若い世代に伝達することができるなら、つまり、非同期コミュニケーションを主体とする団体・クラブ活動を展開することができるなら、そのクラブ活動が活性化する可能性は多分に考えられるのではないでしょうか?

これまで、ITを苦手とする中高年層はその有用性を知りながら、自分には無理だとあきらめてきました。その原因は「IT」を使うための主たるインターフェイスであるPCや携帯端末の操作が彼らの世代になじまないからです。子供たちはパソコンを与えられると気になるものは手当たり次第クリックして、自然とその使い方を習得します。しかしながら、パソコンが高価なものであることを知り、おかしな操作をしたら壊れてしまうのではないかという恐れを経験してしまった大人はそうはいきません。現実にようやく接続できたメールを受信した途端にウイルスに感染してしまったりしたら、せっかく手にいれたパソコンもその場で高価なインテリアに早変わり。さらには、忙しい時間をぬってPCの前に座る習慣がない、電源をいれてから使えるまでの時間が長い、マウスやキーボードはうまく操作できない・・・中高年の皆さまがITを敬遠する理由はいくらでも上げられます。

しかしながら今、Appleが昨年リリースしたiPadの出現がそんな状況を大きく変えようとしています。特に本年4月28日にリリースされたiPad2はその操作感、機動性、携帯性からこれまでITに大いなる苦手意識を持った中高年の救世主となっている例があちらことらから聞こえてきます。これまで日本の成長を支えてきた中高年層の皆さまが今、まさにその経験力をipad2を使って、非同期コミュニケーションを主体とする今の時代に活かしていただけるとするなら、何か閉塞感のただよう今を突破する大いなるきっかけ、力となるのではないでしょうか?

今、アイリンクでは中高年のみなさまが今こそ市民力のアップ、地域の活性化、子供たちの未来のために、その経験力を活かしていただけるためのiPadとソーシャルメディアセミナーの開催を企画しています。ソーシャルメディアが時代を変えるメディアであることは中東で起きたFacebook革命、中国の言論統制の無力化、日本でも震災や原発事故を通じて広く知られるようになりました。今こそ、時代の閉塞感を打ち破るためにも中高年の皆さまがipadを手に、非同期コミュニケーション術を取得すべき時なのです。もはや、機は熟しました。今こそ、iPadを手に若者には出せない知恵と経験力を発揮していただけるよう、私たちは力いっぱいお手伝いさせて頂きます!!

近日中にセミナー概要をWEBにてリリースさせて頂きますが、お問合わせがありましたら、北口までメールでご連絡くださいませ。

人気ブログランキングへクリックしてね!

神楽花火大会

2011年8月15日 09:01

昨晩行われた神楽の花火大会。あいにくの強い雨になりましたが、ボクは自宅のベランダから缶ビールと傘を手に鑑賞。旭川に来て12年になりますが、神楽の花火は初めて見ました。後半、風向きが悪くボクの自宅からは煙がかぶってしまってよく見えなかったのがザンネン。

一日、一日夏が終わっていきますが、しっかり楽しんで、仕事も頑張りましょう!!

人気ブログランキングへクリックしてね!

モバイルから投稿テスト。

2011年8月 9日 12:46

するぷろ for iPhoneから投稿テストです〜
ミニ冷やし中華の大盛り。(意味不明)

Posted from するぷろ for iPhone.

あしかパーキングでプライスレスな家族団らんを!

2011年8月 6日 19:21

旭山動物園の夏季営業に合わせて正門前にオープンしたあしかパーキング。夏休みに入って、多くのお客様にご利用いただいております。ありがとうございます!!あしかパーキングはそもそも有限会社TKD様の運営であるわけですが、今年はバーターでそのネーミングライツをアイリンクで取得させて頂きまして、旭川を知る・語るポータルサイト「あしか.jp」の周知拡大を狙い、看板などを設置の上、「あしかパーキング」とさせていただいているわけです。中には「あそこの土地を北口さんが買ったの?力あるなあ〜」なんて、まぢ顔で聞かれちゃったりすることもあるのですが、そんな資金力はおろか、ほとんど自転車に乗って、必死にペダルを漕いでいるらしいことは関係各位はすでにご存知いただけているかと思います。念のため(笑)

で、せっかくですから何かTKDさんと連携した企画をということで始まったのが、「旭山動物園思い出絵はがきコンテスト」 駐車場をご利用いただいた皆さまに市内有名店でご利用いただけるクーポンのついたコンテスト応募用紙を乗車人数分、差し上げておりまして、動物園の思い出を応募用紙に印刷された絵はがきに描いて送ってね!って企画で、7月も22通のご応募をいただきました。(以下参照、クリックするとコンテストのページにリンクします。)

20110804.jpg
ご応募いただいた絵はがきは、毎月スポンサー各社さまのご協賛をいただいて月間賞として表彰させていただく他、11月3日までの夏季営業期間中、ご応募を頂いた全作品を対象に年間グランプリを選定して表彰させていただきます。せっかく旭山動物園に行くのだから、その思い出を家族で振り返りながら絵はがきにして送っていただけたら幸いであります。

旭山動物園の駐車場については、正門前と東門にそれぞれ無料の駐車場があり、そちらに車を停めたらもちろん駐車料金は必要ありません。正門前と東門近くの一部と西門駐車場のみが民間営業の有料駐車場であり、無料駐車場が一杯ならもちろん有料駐車場を利用せざるを得ないわけです。しかしながら、無料駐車場に空きがあった場合でも、知らずに有料に停めてしまうとか、なかには無理に誘導されて有料駐車場に入ってしまったとか、そんな声もちらほら聞こえてきます。当然、旭川市民は無料駐車場があることを知っていますから、混雑日でない限り、有料駐車場を利用することはほとんどありません。

ボクは人の集まるところで民間が商売するのはごく自然な事だと思うし、要は有料であろうがなかろうが、ご利用いただいたお客様がその金額なりの満足感を持ってもらえばいいだけのこと。ましては、無料駐車場よりあえて積極的に有料駐車場を選んでもらえばいいだけの話だし、それがビジネスってもんじゃあないの?と思うわけです。

そんな発想から、「絵はがきコンテスト」が始まり、さらには、応募チラシには市内のお店9店舗で使えるクーポンを添付させていただくに至りました。もちろん、500円の対価として計上されるべきは、動物園を利用している間、車を駐車するスペースを貸すって話ですから、無料より価値ある500円のサービスを提供するということになると決して簡単ではありません。けれど、お客様に「失敗した〜無料駐車場あいてんじゃん!」って思われるより、「知らないで有料駐車場だったけど、こんなサービスがあってかえって良かったかもね!」って言っていただけることがあるのであれば、こんな幸せなことはないと思うのです。

夏休み、旭山動物園に行こうと思っている皆さま、ぜひ、あしかパーキングをご利用いただいて、絵はがきコンテンストに参加してくださいませ!入賞めざして素敵な賞品をぜひゲットしてほしいな、と思いますし、なによりも家族で思い出を語りあうプライスレスな時間に「あしかパーキング」が一役買えるなら本望であります。

人気ブログランキングへクリックしてね!

あなたの会社と地域を活性化させるWEB制作会社。

2011年8月 2日 18:37

sora1.jpg

7月29日に「空はひとつプロジェクト実行委員会」さまのWEBサイトを新規に制作、公開させて頂きました。愛知セントレア空港での「大雪おみやげ博」も今年で3回目となり、私たちの暮らす北海道大雪圏の魅力を十分にアピールしてくれることでしょう。

今年の「大雪おみやげ博2011inセントレア」の詳細情報はこちらから。

私たちアイリンクが旭川で開業させていただいて、今年で11年目となります。これまでたくさんのお客様のWEBサイトを制作させていただき、また、運営のお手伝いをさせて頂きました。たくさんのお客様からお喜びの声をいただく一方で、期待した成果が上がらずに弊社とのご縁が切れてしまったり、また、事業そのものが消滅してしまったりと、残念な結果となってしまったお客様も少なくありません。せっかくご縁をいただきながら、そのご縁を活かしきれなかった自分を反省し、また、これからの出会いを素晴らしいものにするために、今一度、自分自身の仕事に望むスタンスを明確にしておきたいなと思い、以下に整理してみます。

私たちがつくるホームページはご依頼いただいた企業、そしてその企業が立地する地域が活性化することを最大の目標としています。ホームページをつくるのに、小さな画像とテキストが精一杯だった10年前と違い、今や画像は豊富に、さらには動画でさえ当たり前に利用することができるようになりました。また、インターネットの普及率も今や80%前後まで拡大し、中小企業にとってホームページを有効に活用することが今や企業の発展的継続のために絶対に必要な要件であるといっても言い過ぎではないのです。

地域の主役である中小企業が活性化は、もちろん、その背景にある地域の活性化に連鎖します。ボク自身、学生時代からリゾートでアルバイトをしてきた人間なので、こうした地域、地方都市の暮らしが非常に気に入っており、特に今の旭川の適度な都市機能とこの地を包み込む最高の自然とのバランスに本当に満足しています。

しかしながら、地方都市の経済環境はその暮らしを享受しつづけることをそう簡単には許してくれそうもありません。とある推計では2035年の旭川市の人口は26.7万だそうで、ここは私たちが「未来への意思を持つ中小企業」のお役にたち、企業の活性化、地域の活性化を促していかなければ、いかに今、北海道第2の都市だなんてえばっていても、いつかはこの地での暮らしを諦めなくちゃいけことだってあるかもしれないわけでして。

本日、冒頭でご紹介させていただいた「空はひとつプロジェクト実行委員会」さまの情報発信のお手伝いさせていただき、ボクは実行委員長の佐藤さん、そして、担当の森くんに本当に感謝しています。このように直接私たち、そして当地の魅力を発信する事業はモチロンのこと、ボクは同友会や大雪経営塾を通じて、私たちの地域の未来に積極的にコミットしようとする「未来への意思ある経営者」と出会うたびに、本当にボクにあなたのその事業を手伝わせて欲しいと強く思います。(もちろん、お仕事としてですよ〜)

あなたの会社と地域を活性化させるWEB制作会社。ボクがアイリンクを創業して以来、実現したい最大の目標であり、ミッション。未来への確固たる意思あるあなたの会社をぜひ、お手伝いさせてください!!連絡待ってます!(笑)

人気ブログランキングへクリックしてね!

アイリンクへのお問い合わせ

お問い合わせメールフォームはこちら

2016年12月移転 北海道旭川市神楽1条7丁目4−8 お問合わせはメール・SNSアカウントで mail
  • twitter
  • facebook
  • google
  • noimage
  • noimage
  • noimage