1. ホーム
  2. 旭川のがんばる社長ブログ

旭川SOHO協議会10周年

2011年11月29日 13:13

IMG_0219.JPG

11月25日、旭川SOHO協議会(ASC)の10周年イベントが行われました。ASCとは、旭川・上川地域の個人、小規模事業者の団体で、設立当初はIT系の事業者の参加が多かったのですが、今や、カイロプラクティクあり、フィナンシャルプランナーや英語塾の方など、幅広い業種の小規模事業の皆さんにご参加いただいく会となりました。

アイリンクはこのSOHO協議会の設立のころから参加させて頂き、ボクは最初の副代表も努めさせて頂きましたので、そういう意味では大変思い入れのある団体です。会社が設立したばかりの頃、ASCの仲間たちと一緒にSOHOビジネスイベントやホームページコンテスト、そして東京都三鷹市や広島、松江、福岡の皆さんとのSOHOリレーフォーラムなど、対外的PR活動にアイリンクとして参加させていただいたことが、今の当社の源にあるといっても言い過ぎではないでしょう。ちょっと言葉をずるく言うと本当によく利用させて頂きました。

ASCはアイリンクが設立した2001年2月に遅れること10ヶ月、2001年の12月に発足。最初の構想段階ではまったく自分は関わっておらず、その年の夏に一度高度化センターで行われた打合せに参加したきりで、突然、設立総会なる集まりに南六条通りにあるモスバーガーに招集され、突然、初代の副代表ということに。

実際、何をやるのか、どういう団体なのか、あんまりわかっていなかったわけですが、設立当初、お声がけいただいた発起人的な立場の方々が、最初から会に参加しなかったり、今や会にいらっしゃらないところを見るとあんまりその方々の望ましい方向に進んだとは言えないのかも知れません。

それでもこうして10年、代表も3代にわたり継続し、また会員数だって決して多くはないけれど過去最高の16名。ASCは「個人事業者の情報交換、切磋琢磨、共同ビジネス」のプラットフォームとしての役割を明確にしつつあると言えるでしょう。

記念公演をいただいた石丸販売能率研究所の石丸先生がおっしゃるとおり、新しい時代を生きる新たな価値をともなう「働き方」としてのSOHOが、ASCを通じてたくさん活躍できるよう、私自身もこの先もASCの皆さまとはさらにご縁をいただけたらなと思います。

懐かしの一枚。この方なしにASCはなかったシリーズ?長髪の内田氏。

PA220007.JPG

人気ブログランキングへクリックしてね!

買物公園からこんばんは。

2011年11月28日 19:37

こんばんは。12月も目前ですが、今日は日差しの暖かな一日でした。たださすがに夜は冷えますね。年末に向けてますます忙しくなりますから体調管理には気をつけて行きましょう。

ただいま同友会の11月支部例会に参加中。人の言葉にどれだけ素直になれるのか。率直に自分をどれだけ見つめ直す事ができるのか。その上で社員とどれだけしっかり向きあうことができるのか、頭ではわかっているけれど…

行動できないでいる自分(できないと感じてはいるのだ。)は結局わかっていないのか?

人気ブログランキングへクリックしてね!

YouTubeでこんにちは。

2011年11月28日 17:08

ども。キタグチでございます。

最近はFacebookでの書き込みがメインになり、どうもブログの更新がおろそかになりがちです…ブログもFacebookもそしてTwitterと、それぞれにツールの特性とそれに応じた使い分けがあるはずで、どれかに集約されて良いという事ではないのですが、どうもなかなかうまくいきませんね。こんなんで偉そうにお客様にそれぞれに使いわけて情報発信をなんて言えんわけではありますが、最近、Facebookでやり始めた「動画でごあいさつ」ネタをYouTubeにもアップするようにしたので、どうせなら、ブログにもアップしてしまえ!ということで。

ボクらがこの世界に飛び込んだころはWEBに動画をアップするなんて、それこそ一苦労だったのに、撮りっぱなしの動画で良ければ、iphoneで撮影してそのままYouTubeやFacebookにアップできちゃう。もちろん、動画の内容にもよりますが、文字や写真だけの情報に比べてそりゃ動画の訴求力はバカにできんわけでして、うまく活用しない手はないなあと。近日中に、動画配信をメインにした新サービスをリリース予定であります。乞うご期待。

ってことで、今日の動画はまだアップしていないので、先週土曜日の朝のご挨拶をいまさらアップ。

人気ブログランキングへクリックしてね!

知りあい・学びあい・援けあい。DOYU交流会へどうぞ。

2011年10月28日 12:31

kitaguchi_matsuko.jpg先日、Facebookで突然ボクにマツコ・デラックス疑惑を巻き起こった。素顔のマツコ・デラックスとボクが似てるって、発信源はボクの高校時代の友人なのだが、スタッフが一番似てますよって探しだしてきたのがこの写真。決してはちみつをちゅーちゅーしようとしているわけではありません。まあ、似てるような気もするけど、言うほど似てもいないかなとも思いつつ、とにかく、少しウエイトを落としさえしたら、そんなことも言われなくなるだろうと、夕食から炭水化物を抜いてほぼ一ヶ月が経過しますが、ほとんど変化のない毎日であります。

さて、今回の話題はそんなことではなく、11月4日に開催される同友会旭川支部として3回目の「DOYU交流会」の告知です。この交流会は「中小企業家同友会」という中小企業者による経営者団体のPRを目的として、会員がまだ会員ではない企業をゲストとして一緒に参加していただき、もしよければご入会をご検討いただこうというPR例会です。「同友会」という団体は世に経営者団体数ある中、不思議な団体でありまして、その目的は「自らの経営者としての成長」「会社の発展」「よりよい経営環境の実現」でありまして、本質は「経営者本人の学び」にあります。

先日開催された10月例会「ついに旭川にもできた!中小企業振興基本条例」の中で講師をお願いした旭川大学の江口尚文先生もおしゃっていましたが、大企業の経営者は「企業家」とは言わない、あくまでも「経営者」である。企業家と称されるのはあくまでも中小企業家であり、ベンチャー企業家である。企業家とはつまり、業を企て、あらたな価値を生み出し、社会の変革、パラダイムをシフトする人たちなのであり、今、時代がなんとも言えない閉塞感に包まれる中で、中小企業家こそがその閉塞感を打ち破る新たな価値を想像する人たちなのだ。成熟社会を迎えた今、大企業は自らのビジネスモデルに縛られて、自由な発想が制限されその役割を減少させる一方で、今や中小企業は「経済的弱者」ではなく「社会活力への源泉」として期待される存在となった。つまり、私達中小企業家こそが時代の先駆者であり、市場競争、イノベーション、雇用、さらには地域社会の担い手であるということです。

昨年制定された「中小企業憲章」そして各自治体で制定や改正が進められている「中小企業振興基本条例」は、そうした中小企業の活動にお墨付きを与え、社会活力の源泉としての自覚と認知を私たち自身と社会全般に問うものだ。私たち自身が「保護」されるべき存在から「自らに期待される役割」をしっかり認識しなくてはならない。私たちは「業を企て」豊かな地域生活、国民生活を実現に自らの努力で貢献しなければならないです。

同友会はそうした中小企業の自主的発展を会員同士の「知りあい・学びあい・援けあい」から実現しようとしています。そのためには、お互いがお互いの講師となるべき、たくさんの企業家仲間を作り、会員がみずからの経営の財産となるような組織活動を実践、DOYU交流会もその仲間づくりの一環です。

今回の交流会にはとかち支部幹事長の株式会社山本忠信商店の山本英明社長に記念講演をお願いし、同友会の活動紹介(ボクがしゃべります)と交流会の構成で、11月4日(金)開催です。山本社長は同友会の中でももっとも同友会らしい「経営理念を社員とともに大事にする経営」を実践されている元気社長です。ぜひ、多くのみなさまにご参加いただきたく思います。どうぞ、よろしくお願いします。ご参加のお申込みは下記をご参照下さいませ。(お申し込みの際にはキタグチのブログを見た!といっていただけるとスムーズです。)

20111028.jpg

人気ブログランキングへクリックしてね!

久しぶりに同友会でしゃべります!

2011年10月12日 12:33

20111006.jpg

いっつも、うるさく喋ってんじゃねーか!っていうツッコミはなしで。

久しぶりに同友会で本業に絡んだお話をさせて頂きます。明後日の開催ですが、同友会会員の皆さまもそうでない方もどうぞよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへクリックしてね!

アイリンクへのお問い合わせ

お問い合わせメールフォームはこちら

2016年12月移転 北海道旭川市神楽1条7丁目4−8 お問合わせはメール・SNSアカウントで mail
  • twitter
  • facebook
  • google
  • noimage
  • noimage
  • noimage