1. ホーム
  2. 旭川のがんばる社長ブログ
  3. ソーシャルメディア

ソーシャルメディア

乗っ取り対策に2段階認証を!

2014年11月14日 12:32

こんにちは。ひと晩で真っ白な冬に早変わりの旭川でございます。ここ数日、FBのアカウントを乗っ取られて中国人詐欺サイトの宣伝に使われる人があまりに多いですね。もちろん、ボクの直接のFB友じゃなく、いわゆる友達の友達が乗っ取られることで、友人がタグ付けされた投稿がボクのタイムラインにアップされるわけですが、LINEがアカウント乗っ取りによる詐欺に対してかなり積極的に防止のための対応をしていたのに対し、facebookは基本放置プレイっぽく、今日もまたこんな投稿がアップされるわけです。

2014111401.jpg

中にはこんな記事、友人がシェアするわけないじゃん、という判断もせず、おかしいとも思わず、「いいね」している間抜けな人や「勝手にタグ付けしないでください!!」なんて怒りの方向がちょっと間違っている人もいますが、基本アカウントを乗っ取られてしまうような人はあんまりFBを使っていない人が多いと思うので、一度、ご自身のお友達リストを見なおしてみてはどうかな〜と思うわけです。アカウントは持っていてもあんまり普段FBにいない人を友達においておくと、その友達のアカウントが乗っ取られた時、タグ付けされて詐欺グループの宣伝に一役買うはめになってしまったり、自身のアカウントも乗っ取られたり、個人情報が抜かれたりしちゃうわけですから。

で、肝心なのは自分ののアカウントのセキュリティをもう一度見直すこと。いくら友達関係を整理したところで、自分自身のアカウントが乗っ取られてしまっちゃ、どうしようもないってことで、まず辞めてほしいのは、同じパスワードの使いまわし。複数のWEBサービスで同じパスワードを利用している人はけっこういて(かつてボクもそうだったw)まずこれを辞めましょう。最近、アカウント乗っ取りの多くは別のサイトで流出したパスワードでログインされるケースが多く、いくつもパスワードを覚えきれないので、安易に同じパスワードを使ってしまうというのもわからなくはないのですが、やはり、WEBサービス毎にパスワード管理アプリを使うなどしてパスワードは違うものにしておきたいものです。どうしても同じパスワードを使うなら、一週間毎とかマメに全部のパスワード変更を行う(それでも危険だけど)とか、なんらかの対策は絶対に必要ですね。

あと、FacebookやGoogleなどのメジャーなWEBサービスはたいてい2段階認証がもはや当たり前になっています。2段階認証とは、パスワードを入力したあと、ユーザーが持つ固有の携帯電話などにさらにログインのための認証コードを送り、その認証コードを入力してアクセスする方法。通常、自宅のPCなどは一度登録すれば「信頼できる端末」として記憶されるので、2段階認証の手間は最初の一回だけですみますが、ネットCafeなど初めて使う端末からログインしようとしたら、2段階認証の認証コードの入力を求められます。乗っ取り詐欺師はたとえパスワードを入手しても、同時に本人が登録した携帯電話などが手元になければログインすることができないので、ログインすることはできません。アカウント乗っ取りを防ぐために2段階認証の登録ができるWEBサービスはぜひ2段階認証の登録をしてくださいね。

具体的な設定方法は下記のサイトを参考にどうぞ。

Facebookの「2段階認証」設定&解除方法。iPhoneアプリからできます。今すぐやろう。

知らない方はぜひ。簡単なのでFacebookにも2段階認証を設定するべし。

FBユーザー全員が2段階認証を設定してくれるといいのですが、現実にそんなことはありえないと思うので、まずはFBをあまり利用していない友達や実際にはあまり交流のない友達を自分の友達リストから整理することから始めてみましょうね〜

Facebookの見逃した投稿を確認する方法

2014年10月21日 20:39

今日の旭川はちょっと寒いです。ふらりーとのぎんねこさんにも窓にすきま風防止ビニールが張られるといよいよ冬ッて感じです。週末から来週にかけて車で釧路なので、タイヤ替えとかなくちゃ。さすがに峠はちょっとコワイですから。

 

 

Facebookの自分のニュースフィードには、通常、すべての友達の投稿や「いいね!」したすべてのFBページの投稿が表示されているわけではない、ということはすでにご存知の方も多いかと思います。特にニュースフィードの表示が「ハイライト」を選択されている場合(デフォルトはハイライト表示です。)は、Facebookの独自のアルゴリズムにもとづいて、友達の投稿も自分のニュースフィードには投稿されたり、されなかったりするようです。

※ちょっと古い記事ですが、表示・非表示の仕組みはこちらの記事を参照。

もちろん、自分自身で表示、非表示を選択することもできますし、ある程度、自分のニュースフィードを管理することももちろん可能です。ただ、長時間、ネットやFacebookにアクセスしなかった時、自分のニュースフィードを過去にさかのぼって友達の投稿を確認するのはとても大変。途中で記事にコメントしたり、シェアしたりすると、また、最新の記事に戻っちゃったりして、チェックできなかった記事まで辿り着くのが大変で、「ま、いいや」って諦めてしまいますよね。

そんな時、ボクも最近知ったのですが、未読の記事をピックアップしてくれる機能があるのです。

https://www.facebook.com/feed/missed_stories

Facebookにログインした状態でこのリンクをクリックすると、まだチェックしていなかった友達の記事が表示されます。昨日一日、Facebookチェックしてなくて〜 といった時に便利ですヨ。お試し下さいませ。

ビジネス×ソーシャル will に登録してみた!

2014年8月 6日 20:07

Will.jpg


いつもブログで勉強させていただいている永江一石さんが手がけてるビジネスソーシャルサービス「will」が昨日からβ版を公開、初期登録メンバーを募集していたので早速参加してみました。

willはニッポンの中小企業をつなぎ、信頼できる仕事仲間を紹介しあい、ビジネスチャンスを拡大することを目的に「完全実名制、紹介制、顔写真、名刺登録」といったビジネスに必要とされる要素をもりこんだSNSです。

リアルなビジネスの現場がそうであるように、紹介と名刺交換からwillの交流は始まります。今はまだどんな風に利用して、また自分のビジネスに活用できるかは模索中ではありますが、交流から商談、取引につながるような展開が見えるといいなと期待をもちつつまずは使ってみようと思います。

ということで、willを使ってみたいなあという方、β版である今はまだサイトから登録申請することで一定の条件を満たせば利用することはできますが、ボクから紹介することも可能です。
なお、willの利用条件として、紹介者は登録者の行動に責任を持たなくちゃいけないというのがありますので、紹介は実際にボクがリアルに知っている方のみとさせていただきますので、ご了承ください。

これまでもビジネスでのSNS活用については、BtoCの集客ツールとしてうまく活用されている方は少なからずいらっしゃるかと思いますが、異業種交流とかそこからの連携や商談、取引ってことになるとリアルなネットワークの補完的な役割以外、リアルな名刺交換なしに例えばfacebookで突然送られてくる友達リクエストについうっかり承認してしまったような場合、情報商材屋だったり、マルチだったり、たいていろくななことにはなりませんでした。

willはこれまでのSNSとは違うビジネスソーシャルとして信頼できるプラットフォームであるための仕組みがきちんと考えられているのでその点は安心できます。ニッポンの経済の根っこを支えているのは企業数にして99%、従業員数にして70%を占める中小零細企業であり、中小企業の元気がニッポンの元気であります。特に地方の中小企業にとって「Will」が、これまでのリアルな交流がメインだった中小企業団体や異業種交流会を超える存在となれるか?注目して利用してみたいと思います。


 

 

北日本新聞の富山もようプロジェクトがすばらしい。

2014年8月 5日 10:38

 

 

富山県で約25万部を発行する北日本新聞が創刊130周年の特別企画として、8月2日から4日間、「富山もようプロジェクト」と題してテキスタイルデザイナー鈴木マサルさんによって富山らしいもようにラッピングされて配達されました。
「立山連峰」「ガラス」「水」など「富山を誰かに贈るとしたらこんなもようで包んでみたい。」という鈴木マサルさんの思いにラッピングされて届けられた新聞。ステキだな〜

そして、記事を読み終わったあとは折り紙・紙細工の容量でブックカバーにしたり、ランチョンマットや贈り物のラッピングに、など、「紙」である新聞だからこそできるちょっとウレシイおまけ!!
う~~ん、ネットの普及でアーリーアダプター向けのメディアの座から陥落した新聞。その新聞が「紙」であることでネットでは決してできない今回の「富山もようプロジェクト」ホントにすばらしいです。今では「紙」の新聞の購読を辞めてしまったボクですが、こんな新聞ならとってみたいと思うし、そして何より、富山に行きたくなりました!!

ん??第5回北アルプスパノラマトレイルかあw

情報社会学フォーラム「情報社会の進展と地域の未来」に参加した方がいい理由を考えてみた!

2014年7月11日 17:56

20140719foram.jpg


7月19日、海の日がらみの三連休初日でお出かけの皆さまも多いと思いますが、弊社共催のセミナーのご案内をヒトツ。アイリンクシニアマネージャーの舟橋正浩が客員研究員を兼任する多摩大学情報社会学研究所の主催で「情報社会の進展と地域の未来」と銘打ったフォーラムを開催します。

タイトルからは、なにやら難しそうな気配と自分にゃ関係ねー感満載の雰囲気しか伝わってこないかもしれませんが、これからも旭川のような北海道や全国各地の地方都市(県庁所在地以下のレベルの町、もちろん限界集落的なところも含めてね)で生き抜こうとしている人、自分の意志によらずそうせざると得ない人には必聴レベルのセミナーであると勝手に断言しておきましょうw
旭川ではなかなかお話を聞く機会のない人たちのセミナーです。連休初日、どこにも行く予定がないのであればせめて脳みそを活性化させて一日くらいは有意義に過ごしましょう〜

情報社会なんて言葉は決して新しいわけではないのですが、インターネットの出現とスマホの普及が大きく情報社会のありようを変化させたことはまちがいなく、新聞、雑誌、ラジオ、テレビといった従来型メディアと私たちの関係は確実に変化しています。大多数の人間にとって最も接触する時間の長い情報媒体(端末)といえば、未だテレビであることには変わりないかも知れませんが、情報を受け身ではなく、積極的に取得、活用する人間にとっての主たるメディアは新聞からインターネットに確実に変化しました。(その部分、永江一石さんのこの記事はすげ~わかりやすい。ローカル新聞の皆さま、世の中新聞読まなくなった馬鹿ばかりだなんて言ってたらホントに会社なくなりまっせ。)

旅行や出張の時の宿泊や飛行機の予約、お料理のレシピ検索、飲み会や懇親会の会場探し、結婚式場、中古車探し、本や音楽の購入、地方特産品のお取り寄せ、電化製品の購入、銀行口座の管理などなど、思いつくままに書き連ねても日常のこれだけの行動が今やインターネットの情報を介して行われています。もちろん、世代差や個人差はありますが、こうした傾向は一時の流行りではないことだけはだれも疑う余地のないところでしょう。

また、かつて情報を発信する手段を持ちえる人はメディア関連の人に限られていたわけですが、今ではWebサイトやSNSを通じて誰もが自らの情報を自らの手で発信できるようになり、ニッポン中、どこにいても直接届けたいところに届けたいタイミングで、情報を送る事が可能になったわけです。

一般にIT革命とか情報革命だなんて言われる情報技術の急激な進化は、先に書いたように人々の行動を変化させ、情報の流れを変え、メディアのありように大変革をもたらせつつあります。メディア、情報、人の暮らしの変化とは、当然のことながら、それは社会そのものの変化です。そして、ここが大事なところなんですが、今回の情報革命による変化はこれまで工業、物流革命においては、大都市圏から数年〜十年程度遅れて変化してきた地方にも、ニッポンという国そのものが成熟期を迎え、人口の減少傾向に転じた現状とあいまって、都市と同じ速度で急速にその波が押し寄せているということであります。国そのものの構造、大都市圏と地方との関係性、それぞれの環境に裏打ちされた価値観の大きな大きな変化です。

これまで都市圏の仕事であった頭脳労働がインターネットによって地方で暮らしながらも可能になり、加えて地方で仕事の大部分を占めていた肉体労働、単純作業は工業化、ハイテク化、また、物流革命による海外移転などで地方から消えつつあります。その地域に伝承、集積されたものづくり等技術的な仕事や農業などの第一次産業も、情報革命によって一気にグローバル化が進む中、その地域の特色を活かした個性的なものづくりと販売手法を工夫、つまりは自ら考えて発信しなくては生き残れない時代なのです。

地方でこれまで通り暮らし続けるためには、こうした仕事の情報化、高度化に順応せざるを得ないわけですが、都会から地方に豊かな生活環境を求めて移住してくる層が増えていく中、彼らは当然のことながら本物のリテラシーをもってICT武装しているわけで、こうした人達と就職や業務機会そのものを争わなくちゃいけません。これまで通り、地方住民同志、牧歌的人間づきあいの中で仕事が継続できる保証はどこにもありません。また、ニッポンのまた世界の他の産地とも競争する事になれば、地域の産業まるごと衰退してしまうかもしれません。いつまでもメールが使えたらいいやっていう現状の地方ICTリテラシーではさすがに不安です。

さらには昨今も問題になっているように、インターネットを介した詐欺行為等の犯罪リスクはこれからも高度化し、ますます増加するはずです。仕事ではもちろん、いやがおうでも生活のために商品やサービスを購入、消費するためにはインターネットを介してこうしたサービスの提供を受ける機会、必要性があるわけですから、このあたりも無頓着でいると、常にリスクにさらされながら生きていく羽目になるわけです。

こうしたリスクや将来的な不安をただただ漠然と抱えながら日々を送るのではなく、より積極的に地方都市で情報社会を生きぬくために、まず私たちは今起きていることを正しく認識することから始めなくちゃいけないのだと思います。アイリンクでもランチセミナーなどを通じて、情報社会の今を生きるための情報提供を定期的に行っているわけでありますが、今回の情報社会学フォーラムでは、ニッポンの地方人として暮らしていくための今必要な情報社会との付き合い方について、より多様かつ先進的な事例から皆さまと共有することができればと考えている次第でございます。

なんだかんだと自分なりの勝手な理屈をこねての営業トークとなりました。7月19日、ぜひ会場でお会いしましょうね。おまちしております。

 

アイリンクへのお問い合わせ

お問い合わせメールフォームはこちら

旭川オフィス Tel 0166-21-3200 北海道旭川市10条通8丁目2441-20 札幌オフィス Tel 011-876-9684 札幌市中央区北6条18丁目1-17メタスタジオ2F経営サポート内 mail
  • twitter
  • facebook
  • google
  • noimage
  • noimage
  • noimage