1. ホーム
  2. 旭川のがんばる社長ブログ
  3. ビジネス

ビジネス

あなたの会社と地域を活性化させるWEB制作会社。

2011年8月 2日 18:37

sora1.jpg

7月29日に「空はひとつプロジェクト実行委員会」さまのWEBサイトを新規に制作、公開させて頂きました。愛知セントレア空港での「大雪おみやげ博」も今年で3回目となり、私たちの暮らす北海道大雪圏の魅力を十分にアピールしてくれることでしょう。

今年の「大雪おみやげ博2011inセントレア」の詳細情報はこちらから。

私たちアイリンクが旭川で開業させていただいて、今年で11年目となります。これまでたくさんのお客様のWEBサイトを制作させていただき、また、運営のお手伝いをさせて頂きました。たくさんのお客様からお喜びの声をいただく一方で、期待した成果が上がらずに弊社とのご縁が切れてしまったり、また、事業そのものが消滅してしまったりと、残念な結果となってしまったお客様も少なくありません。せっかくご縁をいただきながら、そのご縁を活かしきれなかった自分を反省し、また、これからの出会いを素晴らしいものにするために、今一度、自分自身の仕事に望むスタンスを明確にしておきたいなと思い、以下に整理してみます。

私たちがつくるホームページはご依頼いただいた企業、そしてその企業が立地する地域が活性化することを最大の目標としています。ホームページをつくるのに、小さな画像とテキストが精一杯だった10年前と違い、今や画像は豊富に、さらには動画でさえ当たり前に利用することができるようになりました。また、インターネットの普及率も今や80%前後まで拡大し、中小企業にとってホームページを有効に活用することが今や企業の発展的継続のために絶対に必要な要件であるといっても言い過ぎではないのです。

地域の主役である中小企業が活性化は、もちろん、その背景にある地域の活性化に連鎖します。ボク自身、学生時代からリゾートでアルバイトをしてきた人間なので、こうした地域、地方都市の暮らしが非常に気に入っており、特に今の旭川の適度な都市機能とこの地を包み込む最高の自然とのバランスに本当に満足しています。

しかしながら、地方都市の経済環境はその暮らしを享受しつづけることをそう簡単には許してくれそうもありません。とある推計では2035年の旭川市の人口は26.7万だそうで、ここは私たちが「未来への意思を持つ中小企業」のお役にたち、企業の活性化、地域の活性化を促していかなければ、いかに今、北海道第2の都市だなんてえばっていても、いつかはこの地での暮らしを諦めなくちゃいけことだってあるかもしれないわけでして。

本日、冒頭でご紹介させていただいた「空はひとつプロジェクト実行委員会」さまの情報発信のお手伝いさせていただき、ボクは実行委員長の佐藤さん、そして、担当の森くんに本当に感謝しています。このように直接私たち、そして当地の魅力を発信する事業はモチロンのこと、ボクは同友会や大雪経営塾を通じて、私たちの地域の未来に積極的にコミットしようとする「未来への意思ある経営者」と出会うたびに、本当にボクにあなたのその事業を手伝わせて欲しいと強く思います。(もちろん、お仕事としてですよ〜)

あなたの会社と地域を活性化させるWEB制作会社。ボクがアイリンクを創業して以来、実現したい最大の目標であり、ミッション。未来への確固たる意思あるあなたの会社をぜひ、お手伝いさせてください!!連絡待ってます!(笑)

人気ブログランキングへクリックしてね!

近藤染工場とサッポロビール

2011年7月30日 06:21

20110728.jpg

2011072802.jpg

昨日(7月28日)も夏らしく暑い一日でした。昼、お打ち合わせに近藤染工場さまにお伺いして、この界隈で毎年の風物詩ともなっている朝顔をパチリ。壁一面の朝顔も見事ですが、玄関に置かれた鉢植えがまた可愛らしく、目に涼やか。夜は大雪経営塾「2011夏」オープンセミナーサッポロビールの浦道北支社長のお話をお聞きした。これまでごく自然に感じていたサッポロビールへの愛着。単に地元ブランド名を背負ったメーカーだからというだけじゃなく、創業以来、続いている契約農家のポップ栽培など、地域にこだわる企業理念あればこそとまさに納得のひととき。サッポロビール党を自認して25年(一応の計算上ね)、交流会でのサッポロ黒ラベルがまた喉に涼やか。

近藤染工場もサッポロビールも創業を明治初期に遡る老舗企業だ。今も地域に根ざす中小企業、かたや国内屈指の大企業とその企業規模にこそ違いはあるけれど、創業して100年以上、北海道が人の手によって開拓されてきた歴史と同じ期間、企業として存在し続けてきた。一説に企業の歴史が30年と言われたのも今や昔、ごく最近では長引く景気の低迷とビジネス環境の猛烈なスピードの変化もあって、更に企業の寿命は短命化している。地域の歴史をその社歴を同じくするというのは並大抵のことではない。

浦支社長のお話を聞きながら、サッポロビールという会社がいかにその長い期間、北海道の住民に愛されてきたのか、そしてまた、企業としてその北海道という地域に特別な思い入れを持ち、その戦略に明確に組み入れていこうとしているのかを知ることができた。マスメディアからソーシャルメディアに主たる情報伝達ツールが変化しようとする中、大量の情報シャワーで多くの国民に周知を図るより、その企業や製品がもつ価値観を真に理解し得るコアがファンを持つことが、これからの企業や商品、サービスが長く存在し続けるための条件となりつつある。長く企業が存在しつづけるために、だれが自分たちの真の理解者であるのかを見極め、相互に愛しあえる、レスペクトしあえる関係を作る必要があるのだ。

近藤染工場の朝顔が、大事に社員の手によって手入れをされているのを見ると、いかにこの企業が界隈に愛され、好かれているのかがよくわかる。そして私たち道民はなんだかんだ言ってサッポロビールを好んできたし、企業も5年前に東京本社とは別に北海道本社を置くという組織改革でその支持に応えようとしている。もちろん他社の北海道における激しい追い上げに対抗するための地域戦略という側面もあるのだろうとは思うけど、単純な道民としては、特別扱いというのはけっして悪い気分じゃない。

私たちはその経営のバックボーンたる北海道や旭川のために何が出来るのか??地元を愛することなくして、私たちがこの地域の人たちに愛されることは決してない。近藤染工場さんやサッポロビールのように100年を超えて地域に愛されるということは、そんな単純なことではないのかもしれないけれど、まずは旭川、北海道!と大きく掲げる前に私たちアイリンクが少なくとも5年以上お世話になってきたこの1-8界隈から、皆さんに愛されるために何ができるのかを改めて考えて実行してみようと思う。

人気ブログランキングへクリックしてね!

札幌「土曜SNSランチ部」始動しました!

2011年7月27日 02:02

20110723.jpg

ども。毎日暑い日が続く中、髪を切ってスッキリしたい、アイリンクきたぐちです。今週末こそはいつもお世話になっているK’sファクトリーの菅ちゃんのとこ行かなくちゃ。菅ちゃん、よろしくね〜

先週土曜日、札幌オフィス主催のランチセミナー「土曜SNSランチ部」最初の部活がいよいよスタートしました。基本的には旭川で続けてきたランチセミナーと同様ですが、開催日を土曜日に絞り、セミナーだけではなく、都度、土曜日のランチを楽しみながら、ICTを活用した様々な活動を実践する「実習型」コミュニティとして機能させて行こうというのが、札幌ランチ部活動の目的。まあ、旭川同様、「ランチ」が主目的であることに違いはないのでありますが。。。で、先週土曜日、目標としていた参加人数には若干足りなかったものの、ゲストの皆さんの熱気で充実したセミナーになりました。ご参加いただいた皆さん、本当に有難うございました。

アイリンクのランチセミナーは、そもそも、お昼ごはんを食べながら、気軽にICTの様々な最新情報に触れて頂き、ビジネスや実生活におけるリテラシー向上に少しでも役立てていただけたらという考えで始めたもの。旭川ではすでに3年以上、月一回のペースで開催して来ましたが、ランチセミナーでお話したことを早速実践していただけたり、セミナ−がきっかけでTwitterやFacebookを始めていただけたりと、着実に成果をあげてきたように思います。もちろん、セミナーでお話したことを通じて新規のご契約をいただけたりなど、営業的にプラスですから、会社としても大事なイベントです。

私たちのようなICT系の事業者がその地域のICTリテラシーを底上げするための活動をすることは自らの経営にとっても、また、その地域が将来にむけての競争力をつけるためにもホントに重要な活動だと思います。今後は旭川のみならず、札幌でもいろいろ楽しく活動できるイベントを考えて参りますので、どうぞ、よろしくお願い致します〜

次回、札幌ランチ部の活動予定は8月27日(土)を予定しております。詳しくは会社のお知らせページ、Facebookで告知して参りますので、みなさま、よろしくお願い致します〜。

人気ブログランキングへクリックしてね!

Facebookで一期一会をビジネスにする作戦遂行中。

2011年7月16日 17:38

20110716.jpg

巷でFacebookのアカウント登録者が増えてきましたね。Facebookの創業者であるマーク・ザッカーバーグの創業当時のエピソードを綴った映画「ソーシャルネットワーク」が日本で公開されたのがこの1月のことだったから、印象としてはそれからやっぱり急激に登録者が増えたように思います。

自分自身、Facebookにアカウントを開設したのが2010年の2月。この業界の人間としては決して早いわけじゃあないし、当初は連動していたTwitterからの投稿がほとんどで、Facebook自体で活用することはほとんどありませんでした。最近、ようやくFacebookの活用方法に自分なりの目的をきめたので、皆さまの参考になるかどうかはわかりませんが、ちょっとその自分なりの使い方をご紹介してみようと思います。

Facebookを利用する際に、おそらく皆さんが最初に悩むのが、どの範囲の人たちを『友達」として登録するのかということ。実名登録が原則だけに、実際の人間関係と照らし合わせて、お付き合い程度が深い人は問題ないにしても、知合い、知人、仕事上の知人、友人を介して知ってる人、とか、決して人間関係がそれほど濃いわけじゃあない人達の取り扱いに非常に悩むわけです。「知人」の中には、「やむを得ず知人」である場合も、大人ですもの、そんな関係もあるわけで…

友達登録、ボクの自分ルール
  • リアルサイトで新たに出会った人は積極的にリクエストしたり、登録をオススメする。
  • Facebook上で見つけた知人も積極的にリクエストしよう!
  • ただし、一度お会いしただけで先方が覚えてないかなあと思える方は状況を見て判断。
  • ただし、ちょっとご遠慮申し上げたい知人はここは思い切ってご遠慮。
  • 頂いた友達リクエストはこれまで面識のない方でも、プロフィールをチェックしてキケンな香り(宗教、ネットワークビジネスなどの)がなければ承認。

つまり、あきらかに自分にとってマイナスが明確じゃあない限り、facebook上ではお友達として登録をお願い(承認)しようってこと。どんな会社であっても「経営者」というお仕事をさせていただいていると、たくさんの新たな出会いがあります。けど、その多くはその一回限りということが多く、せっかく全国レベルの会合で出会って、一日近くディスカッションをしたのに、それっきりで、礼状を出したり、メールを出したりしても、なかなかそこから先に進むことはありません。まさに「一期一会」です。

ボクはまず、「Facebook」を「人脈づくり」に意識的に活用してみようってことで、この「自分ルール」を決めました。これまで「一期一会」で、その瞬間のコミュニケーションで終わってしまっていた人達とも、継続的にお互いの価値観を共有しあい、様々な刺激を得る。ボクが考える価値を共感してくれる人たちの人的ネットワークに乗せて、発信し続ける。アイリンクの基本な行動指針である「世界に学び、地域に生きる」を実践するのに、まさに「Facebook」はうってつけのプラットフォームってわけです。

よくFacebookを仕事に使うにはどうしたらいいですか?って質問がありますが、ボクはこの「人脈づくり」こそ、Facebookを仕事に使うことなんだって思います。ビジネスは基本人と人の出会いの中でしか生まれないわけで、Facebookを介して、人と人の出会いとコミュニケーション量を飛躍的に増やし、ビジネスのチャンスを拡大しようってことが「仕事に使う」基本なのだと考えます。もちろん、Facebookにはさらにビジネスを拡大する様々な仕掛けもあるのですが、まずは、SNS時代の「人脈づくり」から、新たな仕事を生み出してみませんか??

人気ブログランキングへクリックしてね!

愛知県安城市、共立産業株式会社の萌え〜な経営戦略

2011年7月 8日 17:52

20110708_01.jpg

昨日、大雪経営塾のプチ交流会ということで、弊社シニアマネージャーのなぜか商売敵な運送会社、愛知県安城市の共立産業株式会社鈴木社長@suzuisao)のお話を聞く会を大雪地ビールで開催。参加は講師を含み9名と若干すくなかったものの、濃ゆ〜い感じのメンバーで、なんだか萌え〜な感じの経営戦略話を聞いてしまった。

精密、高精度な部品に萌え、既存の価値観を塗り替えるビジネスの仕組みに萌え、夢ある仕事に萌える。なんだかめちゃくちゃな話のように聞こえちゃうものの、仕事ってそうあるべきだし、少なからず、自分も既存の価値観を塗り替え、この地域で夢ある暮らしをするための仕事に萌えていたはずなのに、なんだかいつのころからか、萌えていたな自分を忘れちゃってるような気がしたなあ。

自分とスタッフが萌える会社づくりにあらためてチャレンジじゃあ。
写真は昨日の交流会の様子(上)と共立産業の萌え〜な会社案内。(下)

人気ブログランキングへクリックしてね!

20110708_02.jpg

アイリンクへのお問い合わせ

お問い合わせメールフォームはこちら

2016年12月移転 北海道旭川市神楽1条7丁目4−8 お問合わせはメール・SNSアカウントで mail
  • twitter
  • facebook
  • google
  • noimage
  • noimage
  • noimage