1. ホーム
  2. 旭川のがんばる社長ブログ
  3. 上海万博に行ってきました!

上海万博に行ってきました!

2010年5月 4日 17:42





実は万博って今回がはじめてなわけです。大阪もつくばも愛知も行ったことがなかったわけで、果たして「万博」ってなんなのか、よくわからないまま、日付指定の入場券をもたない一般のお客様が入場できるのは今日が初日で、一日40万人くらい来るとかガイドに言われて、超びびりながら会場にいったわけです。

本当は混雑してたら、入場後あんまり人気のないパビリオンにちょこっと行って、早々に離脱しようと思っていたのですが、わけあってそれも不可能となり、とにかく団体のバスが出発する3時まで会場内にてがんばることに決意を決めて。

最初は中国館。ここは地元ですからとにかく一番人気ってことで、ツアーの全員が予約されているというので、それでも1時間30分の長ーーい列に並んで、ようやく入場。どんなにすごいものが見られるのかと、それなりに期待をもってショーの始まりを待ったのですが、最初の映像から最後の環境のコーナーまで、とにかく???

午前9時の会場前から並び、ほぼ午前中いっぱいを中国館のために費やしたのに。

その後、ランチに入ったトルコ料理のレストランで奇跡的におねーちゃんのダンスに出会うことがなければ、きっと3時までの時間を過ごすエネルギーはなくなっていたものと思われますが、とにかく集合場所までの約4kmの道のりに点在するけっこうな数のパビリオンをめぐりながら、ボクの万博初体験は無事終了。

結局のところ思ったほどの混雑もなく、パビリオンやレストラン、ショップのスタッフの娘たちもそれなりにきちんと訓練されており、案外楽しめたかなって感じです。今後、各パビリオンの評判なんかも聞こえてくることになるとおもうのですが、日本から行って、一日の予定で万博をめぐるなら、中国館はパスした方が無難かな。日本館はよそのツアーの中国人ガイドもけっこう絶賛してましたけど、今日で2時間半まちということで、ボクらのツアーでは誰一人見ていないようなので、わかりません。

さて、今日は夜は訪中団全体と中国側関係者とのさよならパーティがあり、いよいよ明日帰ります。

コメント(1)

尖閣諸島の領有権による反日運動は万博会場で多少起こっているようですが、日本も中国も一切報道しませんよね。これが問題なんです。
19日午後3時に日本館にわざわざ四時間待って入館しました。
内容といたしまして、展示物見学→映像を利用したコンパニオンのショー→中国人俳優による劇場でのショーという三部構成でした。
最後の劇場でのショーで数人の中国人が大声で喚きたてるということがあり、結論として警備員に静止されることがありました。それによって中国人子役が歌詞を忘れたり、会場の聴衆がざわめき、心地よく日本人として鑑賞できるものではありませんでした。
またに日本館で待っている間、中国人の観光客に「日本人か?」と質問され、「日本人だ。」と答えると「列から出て行け」のジャスチャーやタンを吐き掛けれたりしました。警備している多数の公安は見てみぬ振りでした。
今後、万博に行かれる日本人は他の国の人と違いを認識し「何かあれば注目される国」であるということを踏まえて行動されたほうが良いかと思います。
残念ながら個人的な見解として日本人として今の政治事情を配慮しますと上海万博はお勧めは出来ませんよね

アイリンクへのお問い合わせ

お問い合わせメールフォームはこちら

2016年12月移転 北海道旭川市神楽1条7丁目4−8 お問合わせはメール・SNSアカウントで mail
  • twitter
  • facebook
  • google
  • noimage
  • noimage
  • noimage