1. ホーム
  2. 旭川のがんばる社長ブログ
  3. 旭川市民劇場

旭川市民劇場

2008年11月28日 14:01

旭川市民劇場でお芝居を見ている。
昨日は今年最後の11月公演。去年の4月講演から仲間に加えていただいて、
今年も6本の芝居を見て、都合、11本の芝居を見た。

昨日は文学座の「ゆれる車の音」
http://www.bungakuza.com/yurerukuruma06/index.html
角野卓造さんの演技は良かった。やっぱ、テレビで見るだけでは
その役者の力っていうかはわからんもんだなと思う。

今年の作品でよかったのは、そのほかにも
二兎社 「歌わせたい男たち」
http://www.nitosha.net/stage/index.htm
も良かったし、
東京ヴォードビルショー 「エキストラ」
http://www.vaudeville-show.com/index2.html
こんにゃく座
まげもん??MAGAIMONー
http://konnyakuza.tabigeinin.com/opera/2002/magaimon/inde...
も良かった。

次は来年2月公演。
ミュージカル「天きり松?人情闇がたり?」
http://stage.corich.jp/stage_detail.php?stage_id=6275
よろしければ一緒に行きましょう。

生の人間がひねり出すエネルギーを感じるのは、とっても良い刺激。
ま、ボク的にはそのあとの飲み会がまた楽しかったりするわけですが。

人気ブログランキングへクリックよろしくお願いします!

コメント(2)

うんうん、お芝居はヨイね。

人間ひとりのパワーは限界あるけど、出演者や裏方が一体になるグルーブ感が楽しめるよね。

富良野は演劇に触れる機会が多いよ。

1月からの「屋根」も観に行きたいと思うノダ。

一緒に行く?

あああ、なんてことを。
ツッシーさん、ごめんなさい。年があけてらあ?。
ってことで今年もよろしく・・・

アイリンクへのお問い合わせ

お問い合わせメールフォームはこちら

2016年12月移転 北海道旭川市神楽1条7丁目4−8 お問合わせはメール・SNSアカウントで mail
  • twitter
  • facebook
  • google
  • noimage
  • noimage
  • noimage