1. ホーム
  2. 旭川のがんばる社長ブログ
  3. そりゃないだろ

そりゃないだろ

2007年10月23日 02:38

kazgeoさんのブログにJAF Mateに載っていた記事についてのエントリーを見て、ボクも今月のJAF Mateを読んで気になっていたことを思い出した。

JAF Mateに毎号連載されている「うれしかったあの救援 JAFストーリー」ってコーナーがある。大雨の降る中、 ずぶぬれになってタイヤ交換してくれたとか、真夜中の山道で脱輪し、途方にくれていた時、 救援に駆けつけてくれたJAF隊員がホントに頼もしかったとか、いつもは「シゴト」 という枠を超えたJAF隊員たちの優しさやプロ意識に心洗われる思いになるストーリーが多いのだが、 11月号の話はそれはちょっと違うんじゃないって話だった。

もちろん、いつもながらJAFのスタッフは心優しく頼もしい。では何に違和感を感じているかとと言えば、今回の投稿者からは 「お手数かけてスイマセン」って感じがゼンゼン伝わらないのだ。ここに全文を紹介できればよいのだが、わざわざ入力するのもなんだし、 そもそも著作の関係もあると思うので、JAF会員の方はご自宅に届けられた「JAFMate」 をぜひご覧いただきたい。

いつもなら救援を必要とする状況はけっこう不可抗力によるもので、そして、投稿者の「お手数かけて・・・」 の気持ちが文面から伝わってくる。しかしながら、今回の投稿者はなんど救援されてもまったくその反省がないようにしか読めないのだ。 とにかく毎年、JAFのお世話になっている。脱輪、パンクにバッテリー上がりが2回。そこに感じるのはとにかく「助けてもらって当たり前」 という雰囲気だ。特に初回の脱輪のときなどは自分で落とした車をJAFに上げさせて、1時間くらいかかると言われたからと、 自分はさっさと釣りに出かけている。しかも、「釣りをして時間を見て戻ったら、JAFが待っていてくれました。」だって。 あなたが戻らないからJAFは帰れなかっただけだろうと思いますが・・・。

まあ、こんな話を掲載するJAFの意図もよくわからないが、こういう話がエスカレートすると、救急車をタクシー代わりに使ったり、 給食費を滞納しながら、週末は家族でフレンチ食べたりってことにつながるんじゃないかな?JAFのロードサービスとか、公共サービスって、 あくまでも緊急避難的な相互扶助の考えに基づくサービスだと思うのですが、まあ、自戒の意味もこめて、 あらためてスマートなサービスの受け方を今一度考え直してみたいですね。

コメント(4)


JAF mate なんぞのそんな細かい記事まで読んでいることがスゴイ

いや、特別細かくはないと思うんだけど・・・
普段の話はそれなりに心温まる話が多くて好きなんだもの。

金さえ払えばいいだろうってのが多すぎですよね。
金は、感謝の表れでしかないし、感謝しないで払わない金に意味はないと思う。それこそ千と千尋の神隠しで、千尋の親が勝手に屋台の飯を食って「後で払えばいいだろう」って言っていたのは示唆的だよなと。

まぁ、うちのセンターに最近出没する、酔っ払いで「救急車をタクシー代わりにする」おっさんもいるんだけど、こいつに至っては払いもしてないわけで。いい歳した大人が、世の中の当たり前の事を忘れてるよね。

えふ先生、コメントありがとうございます。
ホントにあきれ返るような人ってけっこういますよね。少なくともボクらが大人になりたての20年ほど前はまだまだそういう意味では世の中健全だったような。

アイリンクへのお問い合わせ

お問い合わせメールフォームはこちら

2016年12月移転 北海道旭川市神楽1条7丁目4−8 お問合わせはメール・SNSアカウントで mail
  • twitter
  • facebook
  • google
  • noimage
  • noimage
  • noimage