1. ホーム
  2. 旭川のがんばる社長ブログ
  3. 2006年4月のアーカイブ

2006年4月のアーカイブ

ベンジャミン

2006年4月28日 17:26

 事務所移転のお祝いにデジタル・ ウイザードの和田さんからベンジャミンをいただいた。ありがとうございます。事務所に緑が増えるのはよいもので、 特にウチのようにPCがずらりと並ぶオフィスにはもう少し緑が欲しいくらい。開業当初もけっこういろんな方から観葉植物をいただいたものの、 時間の経過とともに枯らしてしまったり、徐々に淋しい状態に。今度は和田さんからも「決して枯らさないように」と強く言われているので、 大切に育てることにします。はい。
 和田さんとは旭川SOHO協議会設立依頼のお付き合いですが、 現在も中小企業家同友会の青年部でご一緒させていただいたり、昨年、一昨年と真夏のイベント、全日本ママチャリ12時間耐久レースに出場したりと濃ーいお付き合いをさせていただいております。
 ボクが前の勤務先を辞めてSOHOとして独立しようと準備をしていたころ、和田さんの呼びかけでSOHO事業者グループで地域ポータル 「やっぱ!旭川」を立ち上げたって新聞記事を読んだときは「旭川にもこんなヤツがいるんだぁー」と思い、 当時のボクにとってかなりの衝撃でしたが、今も常に新しいことにチャレンジする姿勢は尊敬すべき先輩です。えー、 普段飲んでさんざん生意気言いまして、大変申し訳ございません。この場を借りて、お詫びさせていただくとともに、 今後ともよろしくお願い申し上げます。

小桧山博さん

2006年4月26日 00:53

 JRで札幌に出張する時はいつも車内においてある「JRHokkaido」 を読むのを楽しみにしていた。ガキの頃から地図好きだったので、 何度も何度も飽きることなく後ろの方に載っているJRの路線図を見るのも確かに好きなのだが、 なんと言っても楽しみだったのは小桧山博さんが連載していた「人生劇場」という短編小説だ。小桧山さんはこの短編を書く前も、 すでに出版されている「人生という旅」というエッセイを連載されていたから、 ボクの出張に小桧山さんの文章はもはや欠かせないものとなっていたのに、それが、 今月出張の車内で手にした車内誌には小桧山さんの文章がない。最初から最後までどこをどう探してもない。

今までと表紙の雰囲気が変わっちゃったのを見ると、先月で終わりだったのかー。残念。なんとも残念。 そういえば先月は車で札幌に行ってるから、JR乗ってないもんなあ。読み損じてしまったんだなあ。本当に残念。小桧山さんの文章には、普段、 忘れてしまいがちな、けど、 人間として生きるうえで本当はもっとも大切にしなくてはならないことをいつも思い出させてていただいておりました。ありがとうございます。

だれか3月号持ってないですかねえ。お持ちの方がいらっしゃれば、是非ご一報を。

怠けすぎだろー!

2006年4月25日 03:09

永山新川の渡り鳥の皆さん  あっ!と気づけば4月ももう最終週。今週末からはなんとゴールデンウイークです。 今月は1日にブログを更新したきりで、怠けぐせ最長記録を達成してしまいました。 毎月15日にアップしていたメディアあさひかわ連載記事のバックナンバーの更新していないのだから、まったくもう、 我ながらのだらしなさに少々頭にきてしまいます。
ま、いいわけですが、今年の4月はいつまでたっても気温が春らしくならないもんですから、イマイチ気分が沈みがちで・・・ なんて、 気分でブログを書いてるようじゃ、まだまだですな。深ーく反省の上、気を取り直して行きますね。

続きを読む

第35回  ビジネスブログをはじめよう の巻

2006年4月15日 19:13

小学六年生の夢

 先日、テレビを見ていたら首都圏に住む小学生の中学受験についての特集をやっていた。 それほど興味のあるテーマでもないので見るとはなしで見ていて、少し疑問を、 というよりもなんだか随分ばかげているような気がしてきて一人テレビに向ってブツブツ文句を言ってしまった。
 子供を首都圏の有名中学に入れるために家族で札幌から引っ越してきた家庭や、毎夜塾に子供の夕食を届ける母親、学校から塾へ直行し、 自宅に帰ったあとも家族と会話するでもなく、まっすぐ自室の勉強机に向う女の子。
 ボクを含む旭川の民間企業5社で始めた北海道上川中部地域への移住支援事業を通じて、 先日下見ツアーに参加していただいた30代のご夫婦は今年小学校に入学するお子さんの教育を考え、 なんとか小学校入学前までに移住したいということでしたから、人によって価値観って180度違うものだなとあらためて実感。

続きを読む

お部屋探しブログ

2006年4月 1日 20:16

旭川のアパマン賃貸ショップアールホーム

4月です。新年度ですねえ。とはいえ、北海道はまだまだ寒い日が続きますが、やっぱり4月となると気持ちのウキウキ感が違うもんです。 春といえば、入学、就職、転勤などなど、新しい生活のスタートの季節でもありますが、まさに今日、 新生活の第一歩を踏み出したなんて人も多いのでしょう。

 思い起こせばもう21年も前のことになりますが、高校を卒業してどうしても東京に行きたかったボクは 「札幌には遊び仲間がいっぱいいてイカン。ここは一つ誰も知り合いのいない東京の予備校の寮に入って、一心不乱に受験勉強するんだ!」 などとその時、口に出るありとあらゆる決意の言葉を喋りまくり、両親を説得。東京の予備校に行かせてもらい、引越し、 入寮したのもまさに今時分でした。
 まだ雪残る千歳空港をあとに、一橋学院早慶外語というやたら名前の長いわりに中途半端な感じの予備校の、 さらには西武新宿線沿線にあるおよそ東京って感じのしない町の寮に向けて出発したものの、その当日の東京は北海道でいうともう初夏の気温。 寮にたどり着いた頃には全身汗だく。まったくもって東京はHOTなマチだぜーってことで、 その後の浪人生活が慎ましやかに送られるはずもなくー。残念!二浪決定してしまいました。父さん、母さん、スマン。

まあ、その後何度か引越しを経験しましたが、 ボクらが引越しした頃はなんと言っても住みたいまちの不動産やさんを一件ずつ回って希望の物件を探すってやり方。確かにその頃から 「賃貸ニュース」みたいな情報誌は出てたけど、いいなと思っても問い合わせると「もう決まりましたあ。」って答えが定番だったから、 結局は不動産やさんの窓口で紹介してもらうってことで決めてました。

続きを読む

  • 1

アイリンクへのお問い合わせ

お問い合わせメールフォームはこちら

2016年12月移転 北海道旭川市神楽1条7丁目4−8 お問合わせはメール・SNSアカウントで mail
  • twitter
  • facebook
  • google
  • noimage
  • noimage
  • noimage